« DREAMTALE/EPSILON・・・85点 | トップページ | LEAVES' EYES/MEREDEAD・・・86点 »

2011年4月25日 (月)

映画『ゲーム・オブ・デス』

Photoウェズリー・スナイプス主演のアクション作をDVDで。最近の作品と比べるとなかなかマーシャル・アーツの切れ味が鋭く、昔のセガールを思い出すような素早い動きが印象的。最後までなんとか見れたのは『デトネーター』以来。この間の『アート・オブ・ウォー2』は途中でやめちゃいましたからね・・

今回の映画で見どころなのはゲイリー・ダニエルズとの格闘。まさか彼が出てくるとは思わなかったのでこれは思わぬ収穫。

ウェズリーはCIAの裏工作員といった役柄で、ゲイリーと同僚なのです。アフリカのゲリラに武器を流す死の商人(ロバート・ダヴィ)の組織に潜り込み、彼らの暗殺を命じられるも、何故かゲイリーがCIAを裏切り金を強奪する計画を実行、やがてウェズリーと闘うことになります。そもそも、CIAが一切関知しない上司命令の暗殺の仕事だったので裏切りにはならんのかな。

一緒に手を組んで密売組織を徹底的に壊滅してくれるのではないかと期待していたのですが、身内の事情で敵対し、もはや商人など関係無しに闘うハメになって話はこじんまりとしてしまいます。

なんか、工作員の苦悩がにじみ出てくるオープニングから始まるんですね。ヒーロー・アクションというより、苦労が絶えずにやりきれない感じ。普通の生活がしたいとつぶやくウェズリーは教会でいきなり懺悔、アクションは回想シーンから始まります。

アクションはまぁ、いいにしても、話がつまらない。それぞれのキャラ背景がよく分からないままにゲイリーが裏切りだすので説得力に乏しい。しかもこいつはお構いなしに周囲の人物に銃を向けるアホなので見ていて腹が立ってくる。いくらなんでもやりすぎだろ。

舞台は病院から死の商人に繋がる投資会社へ。ここの大金をゲイリー一味が狙い、ウェズリーとの対決に至る。こういう時、外部で連絡が取れるユニークで頭のいい警官がひとりくらい出てくるともっと話にスケール感が出来て面白いと思ったんだけど・・

職業柄、寡黙な主人公は表社会には顔をオープンに出来ないのでやっぱり身内だけで終わらせるのね。

Photo_2最後に出てくるウェズリーVSゲイリーの一騎打ち。ウェズリーが強いのは当然ですが、ゲイリー・ダニエルズがそんなに簡単にやられてしまうのはなんだかなぁ~という感じ。ハンサムだし、悪役はなんか似合っていないような気もした。B級アクション映画ファン希望の対決!?になったかどうかは分かりませんが、ひとつのハイライトでした。

まぁ、最後まで見れたので、それなりのB級アクション映画だったのかも、というところです。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 ゲーム・オブ・デス

|

« DREAMTALE/EPSILON・・・85点 | トップページ | LEAVES' EYES/MEREDEAD・・・86点 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

見ていない作品ですがこちらにもコメントさせていただきます

「有罪かどうかは俺が決める」なんてキャッチコピーを考えた会社の御方はなかなかの皮肉のセンスの持ち主ですね。何せ主演のウェズリー・スナイプスが実生活では有罪だと判決されて現在、刑務所にいるんですから

ゲイリー・ダニエルズ、最近悪役が多いですね
「エクスペンダブルズ」もヒドイ役だったし
(個人的には作品自体もヒドかった)
仕事を選べるほどの大物ではないんでしょうが
たまさんの仰るとおりハンサムだし
正義の主人公やヒーロー役もまた演じて欲しいですね。

ゲイリーの映画で一番良かったのは「怒りの逃亡者」とかいう普通の小学校教師が変な薬品で超人になって追ってくる組織と闘う映画。普通の教師と言ってもゲイリーが演じてるから格闘技の達人でメチャメチャ強かったですが(笑)

投稿: バーンズ | 2011年5月27日 (金) 00時06分

バーンズさん、こちらもどうもです。
「有罪かどうかは俺が決める」
これ、内容とはまったく無関係な気がしますが、
よく使ってくれたなと思います。

ゲイリーは「エクスペンダブルズ」でどこに出ていたのかさえ気がつきませんでした。
影、薄すぎるだろ!と。

ゲイリーの未公開作は何本か見てるんですが、
「怒りの逃亡者」は覚えていない作品なので
今回探してきます。

投稿: たまさん(主) | 2011年6月 1日 (水) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/39753451

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ゲーム・オブ・デス』:

» ゲーム・オブ・デス (Game of Death) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョルジオ・セラフィーニ 主演 ウェズリー・スナイプス 2010年 アメリカ映画 98分 アクション 採点★ 仕事が出来ない人に限っていっぺんにアレコレ手を出して、収拾付かなくなってお手上げになるんですよねぇ。一個一個片づければいいのに。そのくせ、仕事が…... [続きを読む]

受信: 2011年5月11日 (水) 00時43分

« DREAMTALE/EPSILON・・・85点 | トップページ | LEAVES' EYES/MEREDEAD・・・86点 »