« 映画『アンストッパブル』 | トップページ | 映画『I am Sam アイ・アム・サム』 »

2011年1月18日 (火)

映画『ソーシャル・ネットワーク』

Photo

ブログ、mixi、マイスペースなどネット上でコミュニケーションをとるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)はもはや一部のオタクの楽しみではなく、日常当たり前のものになっていると思うのですが、いったい誰がこういったツールをつくったのか。

その中でも世界最大のSNSで『Facebook』というのがありますが、このSNSをハーバード大学寮の一室からテカテカと始めたのが本作の主人公であるマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)

彼とそれを取り巻く若者達の創業秘話が描かれたのが今回の映画ですが、地味ながらもなかなか2時間一気に観れました。

「おおっ」と感情移入できるシーンなどなく、主人公に対して共感できるところも少ない。いかにもアメリカ的な若者群像劇なんだけど、惹かれるのは仕事で成功したこと、学園ドラマかな。

冒頭からガールフレンド(ルーニー・マーラ)としゃべってるシーンが出てきますが、やたらと上から目線で自分の意見を押し付け、まくしたててしゃべるマークの姿がとってもオカシイです。何故にこんな奴と付き合っているのか分からない彼女ですが、遂にキレてさよなら。

主人公でありながら、ブログに酷いこと書いたり、とんでもない奴です。ここで電脳オタクな彼の性格が明らかになりますが、彼女への腹いせにか、学内のデータベースをハッキングして、女子学生たちの顔写真を使った人気投票サイトを勝手に作り始め、アクセスは急増。友人のエドゥアルド(アンドリュー・ガーフィールド)を誘い、ハーバードの学生を対象としたソーシャル・ネットワークのサイトを立ち上げるに至ります。

これが今や全世界利用者5億人に達した世界最大の『Facebook』誕生である。

偏屈で、社交性に乏しい冒頭の主人公の姿を見ると「ぜったいこんな奴成功しないだろう」と思って見ていましたが、ひとりでも自分の仕事に没頭してどんどんやり遂げていく姿はなんか凄いです。もう、プログラミングの事なんかまったく分からないので、何やってるのかさっぱりなのですが、一番見映えのいいサイトをつくり、利益を得るというのは内容は違えども基本だと思うので興味ありです。

若いから、バカやるし、いろんなことが起こるわけです。しかしコカインはダメだろうと思うのですが。人間関係でちょっと途中ややこしくなりますが、マークのテンションは終始変わらずにへこたれもせずひたすら自分が信じる仕事をこなしている感じです。

いつの間にか億万長者になっている主人公。それでも、そんなにお金への執着心は見られなかったと思う。ちょっとやってみたことが、取り巻きの連中により大きくなった。ただそれだけの事のようにも見れる。冒頭では凄い嫌な奴に見えたけど、段々普通に見えてきた。

実名を使い、面と向き合えるこの『Facebook』は、匿名性の高い他のサービスよりか利用価値が高いと思うのですが、どうだろう。この映画が公開されるまでまったく『Facebook』の事は知らなかったのですが、日本でも大きくなるかも。

Photo_2サイトをぱくられたと訴訟を起こす富裕層のエリート学生、CFO(お金の管理)として働いたエドゥアルドとの裏切り、過去・現在を巧みに交差させながら見せる演出がちょっと混乱しそうになりますが・・それでも最後まで眠くならずに見れました(笑)学園ドラマって、やっぱり面白いんです。

マークは悪いのか、パクリ者か、裏切り者か、微妙な線で描かれていたような。右の写真のふたりなんて、「なんやったん?」って思いましたけど(苦笑)

最後に、金持ちになったとは裏腹に、孤独感を表す主人公の姿が出てきますが、映画の描かれ方としては、別に成功したからええやんって、思いました。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

facebook Book facebook

著者:ベン・メズリック
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★原作本。今度読んでみよう。

|

« 映画『アンストッパブル』 | トップページ | 映画『I am Sam アイ・アム・サム』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この作品はなかなか面白そうです。
どこのレビューでも主人公の性格が悪いといっているのが、ちょっと笑えました。変に美化してないのは好感が持てるかも(笑)
サクセスストーリーというより学園ドラマだということで、いつか観る時はそれを踏まえて楽しみたいと思います。

あと、メールありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

投稿: 宵乃 | 2011年1月19日 (水) 10時51分

宵乃さん、どうもです。

この、主人公の性格の悪さ、監督が遠慮なく描いているようで(!?)好感持てる作品になってます。学内のドラマが多いので、若者のなんやかんやは面白く見れると思います。

また、『ブログDEロードショー』でよろしくです。

投稿: たまさん(主) | 2011年1月22日 (土) 23時56分

こんばんは☆
私も土曜日に見てきました☆

>地味ながらもなかなか2時間一気に観れました。

そうですね~息もつかせずって感じでしたね~。

>冒頭では凄い嫌な奴に見えたけど、段々普通に見えてきた。

彼は心の奥底では、友情や恋の大切さを分かっているけど、そっちに向かない(時間・現実に起きている間にすること)そういう“天才”の哀しさやらなんやらが、よく伝わって・・・特にラストシーンが好きです。

>最後に、金持ちになったとは裏腹に、孤独感を表す主人公の姿が出てきますが、映画の描かれ方としては、別に成功したからええやんって、思いました。

私は学園モノとは思いませんでした。
それに彼の事は、皆さんが言うほど悪いようには思えなかったのです。

一応、完全に同じではないけど、事実を基にしているから、成功は成功で、こうして終わるしかなかったと思うけど、だからこそ、ラストの数分間は、大好きです☆

メッチャ良い作品だと思いました♪

投稿: miri | 2011年2月 2日 (水) 19時17分

miriさん、こんばんは!
最初は眠くなるタイプの映画かな?
なんて思いながらも、一気に観れた作品でした。

miriさんもお気に入りの作品になられたようですね。
>友情や恋の大切さを分かっているけど、そっちに向かない

それ、よく分かります。
故にまったく共感できないわけではなかったです。

只、あの最初の彼女への接し方はかなり異様(ゲーマーで、こういう酷い奴は実際数名会ったことがある)でしたので嫌な人間には見えました。

金持ちの、アイビー・リーグの大学生はあんなものだという勝手なイメージがあり、学園モノとしても面白く見てました。

物語が進むにつれて段々普通の人に見えてきて、ラストの姿も印象的。

あのシーンは良かったですよね。

投稿: たまさん(主) | 2011年2月 5日 (土) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/38517101

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ソーシャル・ネットワーク』:

« 映画『アンストッパブル』 | トップページ | 映画『I am Sam アイ・アム・サム』 »