« BAD CITY/WELCOME TO THE WASTELAND・・・87点 | トップページ | 映画『小さな命が呼ぶとき Extraordinary Measures』 »

2010年12月 2日 (木)

映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』

Sbsy1_4

名作アニメ『宇宙戦艦ヤマト』実写版を観てきました。木村拓哉、黒木メイサらを主役に、豪華出演陣と最新VFXの見せ場盛り沢山で送られた山崎貴監督作。アニメの1作目における各名シーンと新しいエピソードなどを加え、実写版ならではの迫力で魅せていく。

アニメ・シリーズは順番に今見直しているところなのですが、細部に渡った人物描写などはまったく知らないエピソードが多くて、深いい話がたくさん詰まった作品であると感心しているところ。

敵側のキャラクターも人間味があり、ガミラスの総統デスラーやその部下達も印象に残るキャラが多く、地球人類との戦況が分かりやすい展開になっていて感動ものです。

この、長きに渡る戦闘、ガミラスの攻撃により汚染された地球を救う為、放射能除去装置を手に入れる為に遥か彼方のイスカンダルへヤマトは旅立つ。

今回の実写版は、「イスカンダルへの旅立ち」という基本プロットをなぞらえた上で新たなキャラクター設定が加えられており、冒頭の古代(木村拓哉)やイスカンダルからのメッセージ、森雪(黒木メイサ)が戦闘機で登場と、アニメとは大分変わっている印象を最初から受けます。

ヤマトの登場シーンは流石の映像で、荒れた地球上から発進。沖田艦長(山崎努)はらしい風貌で、やんちゃな古代を牽制。

艦長直属の黒服部隊の部下(池内博之)らが古代を拘束したり、早々と艦長代理に古代が任命されたり、ワープが多かったり、古代だけでなく島(緒形直人)の年齢設定が高かったり、森雪の男勝りの活躍が多かったり。2時間の枠でいかにして長旅を人間ドラマ含めて描けるかスタッフの労力が狭間見えるつくりになっていたと思います。結構、せわしない展開です。

セクハラ・アナライザーがいない?と思っていると後半出てきて嬉しかった。ひたすら闘っていた。

宇宙空間における戦闘シーンの映像も見応えあり、こういうの見るとやはり『スタートレック』『スターシップ・トゥルーパーズ』『インデペンデンス・デイ』を思い出します。特に後半の本拠地への突入シーン、陸地戦ではその印象を受けました。戦闘機のショットは映画『ステルス』を思い出したりも。

デスラーをどういう風に登場させるのかと思いつつ、後半それらしいものが見れます。これはまったく新しい解釈でのひとつの見せ場だと思うので、各自劇場でチェックしてね、という感じ。

只、これだとオリジナルのように戦況が分かりづらくなり、人間味溢れる戦闘シーンの悲哀が伝わってこないというのがあります。上下関係、敵の狙い・・

家族愛、古代と雪の恋愛にしても、随分あっさりした描写になっていたのは惜しかった。

Sbsy2フェミニンな色気を出していたアニメの森雪が実写版で随分キャラが変わっていたのは一番大きいかな。スターシャなど、独特のBGMと、女性キャラの印象が強いアニメだったのでミスマッチ感覚はあったかも。ラストもそうきたか!と。

あと、女性乗務員でマイコとか、若い方々が結構多くいたのは返って新鮮な雰囲気を醸し出していた。

アニメ版を見ていない人の意見も聞いてみたい気がする、新生ヤマトでした。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

|

« BAD CITY/WELCOME TO THE WASTELAND・・・87点 | トップページ | 映画『小さな命が呼ぶとき Extraordinary Measures』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~♫

アニメのヤマトをほとんど知らずに観に行きました。
メイサにラブ❤の息子がいるもので(笑)

で、、、ダメでした、残念ながら。
原作と比べることは出来ませんが、クサイ芝居にクサイセリフって感じてしまいました・・・
ちなみに息子も「くだらなかったね~」と言ってました。盛り上がるところで引いていましたよ・・・

投稿: 由香 | 2010年12月14日 (火) 23時13分

>由香さん

オリジナルを知らない方が観ると
相当酷く映るのかもしれませんね・・

子供さんが「くだらない」と言われるほどでしたら、
かなりでしょう。

映像は流石で、アニメのシーンが復活しているのもあり面白かったのですが、ブツ切れでエピソードを繋ぎ合わせているかの展開になっていてそこはヘンテコでした。

こんなもんかってところです。

投稿: たまさん(主) | 2010年12月16日 (木) 13時58分

たまさん、こんにちは!

さすがに2時間半くらいで、アニメシリーズすべての要素を盛り込むのは無理なので、取捨選択、変更を加えたのはいたしかたないかなと思いました。
ガミラス側の描写を削り、ヤマト側に絞り込んだのも懸命だったように思いました。

>戦闘機のショットは映画『ステルス』
このあたりのカメラワークが「ギャラクティカ」で行われています。
宇宙空間での戦闘ですが、カメラを積んだ戦闘機からロングでとったようなイメージでかっこいいですよ。

投稿: はらやん | 2011年1月 2日 (日) 08時23分

はらやんさん、こんにちは。

登場人物のドラマがどうもいまいちで、
2時間半で作り上げるスタッフの苦労がにじみ出ている様で滑稽な部分もありました。
よくこの長旅を1作で描いたなと思います。

「ギャラクティカ」はちょっと借りて見てみます。
TVシリーズの特撮はどうしても手抜きを感じるのが多くて苦手なのですが、確認してみます。
ヤマトのVFXもよく出来ていたと思います。

投稿: たまさん(主) | 2011年1月 3日 (月) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/37928648

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』:

» 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を惑わせる3つの「原作」 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  その惹句を目にしたとき、作り手の並々ならぬ想いを感じた。  それは、どこまでをヤマトと考えるのか、という大問題だ。  「必ず、生きて還る。」  それが、『SPACE BATTLE...... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 18時41分

» SPACE BATTLESHIP ヤマト と ぷぁイオリズム [ハクナマタタ]
ヤマト予告を劇場でみて→「ヤマト実写版の予告が案外イケてた件 」 そう わたしは敬礼をみにきた 以下、観賞中の「ぷさんゲージ」のアップダウンをご覧ください その前に登場人物 GO引にMY CAPTAIN 沖田にが虫 君はキムのままでいて:古代... [続きを読む]

受信: 2010年12月 9日 (木) 07時51分

» SPACE BATTLESHIP ヤマト [★YUKAの気ままな有閑日記★]
あまり観る気もなかったんだけど、家の息子の一人が黒木メイサの大ファンで(笑)、、、「メイサメイサ」と五月蠅いものだから連れて行ってやることに―【story】2194年、外宇宙に突如として現れたガミラスが地球への侵攻を開始し、人類の大半が死亡してしまう。5年後、地球が放射能で汚染される中、かつてエースパイロットとして活躍していた古代進(木村拓哉)は、はるか彼方のイスカンダル星に放射能除去装置がある事を知り、宇宙戦艦ヤマトで仲間と共にイスカンダル星へ向かう―     監督 : 山崎貴 『Returner... [続きを読む]

受信: 2010年12月 9日 (木) 09時32分

» 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観てきました (ネタバレなしだと思います) [国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ]
実写版『宇宙戦艦ヤマト』こと『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観てきた。 劇場は満員御礼、原作ファンとキムタクファンが多い感じで、男性同士、女性同士、男女ともおひとり様のお客さんが多かった。 原作ヤマトのTシャツを着て気合いたっぷりで臨んでいた若い男子もいて、... [続きを読む]

受信: 2010年12月11日 (土) 12時21分

» 「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」ヤマト発進します! [soramove]
「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」★★★☆ 木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、池内博之、マイコ、 堤真一、高島礼子、橋爪功、西田敏行、山崎努 出演 山崎貴 監督、129分、2010年12月1日公開、2010,日本,東宝 (原作:原題:宇宙戦艦ヤマト)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場首位発進、公開5日間で5億を超え 最終的には50億ラインと大ヒットの幕... [続きを読む]

受信: 2010年12月12日 (日) 19時45分

» 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」□監督 山崎貴 □脚本 佐藤嗣麻子□原作 西崎義展 □キャスト 木村拓哉、黒木メイサ、山崎 努、柳葉敏郎、緒形直人、池内博之、       西田敏行、高島礼子、マイコ、橋爪 功、堤 真一■鑑賞日 12月12日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  やはり山崎監督のVFXは凄いというか妙に安心できる  そこに堤真一が古代 守として顔を出せば、いくら制服を着てこの映画... [続きを読む]

受信: 2010年12月16日 (木) 21時02分

» SPACE BATTLESHIP ヤマト あ〜あかんやん!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!! [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=54 -15-】 「ぜ〜ったいに観ないっ!」って宣言しまくっていたのに、やはり怖いもの見たさで、ついつい観てしまった。 12月1日は映画の日、しかもどっちにしろ意味がないが水曜日はレディースディ、映画館に足を向けさせるには絶好の日で、まだ忘年会シーズンも本格的に始まっていないし、スケジュールも空いている、そんな思惑からか、この映画の封切りは異例の「12月1日(水)」。 とにかくスタートダッシュを決めたかったのだろうな。 その企みは見事に成功か、TOHOシネマズ梅田では、THE... [続きを読む]

受信: 2010年12月21日 (火) 10時41分

» SPACE BATTLESHIP ヤマト [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
SPACE BATTLESHIP ヤマト10:日本◆監督:山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ◆出演:木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、西田敏行、高島礼子、堤真一、 橋爪功、池内博之、 ... [続きを読む]

受信: 2010年12月24日 (金) 09時12分

» 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 ファンとして堪能させていただきました [はらやんの映画徒然草]
昨年末よりずっと完成を待ちわびていた「ヤマト」の実写版、ようやく観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010年12月29日 (水) 19時16分

» 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ヤマト、発進!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[宇宙戦艦ヤマト] ブログ村キーワード  プロジェクトの始動が発表されて以来、様々な方面で賛否の物議を醸してきた、あの名作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の“キムタク版”…もとい、“実写版”が遂に完成、そして公開!「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(東宝)。アニメ版「ヤマト」世代ど真ん中の吾輩、“ワクワク、ドキドキ、ビクビク?”“興味津々、怖いもん見たさ”『大丈夫なんかな~?』という、期待&不安&興奮(何せ1年前の「復活篇」では、ヒドイ目に遭いましたから…(>_<)、その他いろ~んな感情ごちゃ混... [続きを読む]

受信: 2010年12月29日 (水) 21時25分

» ★「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
一ヶ月フリーパス使用4週目の平日休みです。 その1本目はキムタク主演のSFアクションもの。 [続きを読む]

受信: 2011年1月 2日 (日) 02時03分

« BAD CITY/WELCOME TO THE WASTELAND・・・87点 | トップページ | 映画『小さな命が呼ぶとき Extraordinary Measures』 »