« 愛内里菜が引退する | トップページ | CRASHDIET/GENERATION WILD・・・85点 »

2010年8月 7日 (土)

映画『しあわせの隠れ場所 THE BLIND SIDE』

Photo_2

DVDを借りて一気に観させていただきました。そんなサンドラ・ブロックのスカッとする役柄に好感が持てた映画です。邦題が微妙なのでそんなに楽しみにして観たわけではないのですが、アカデミー賞主演女優賞を獲得したのも肯ける。

これ1本でひとつのアメリカの姿が見えてきます。裕福な白人と貧乏な黒人層。格差社会なんていうのはアメリカだけに止まる問題ではないですが、ストリートを挟む境界が露骨に見えて実は危うささえ感じる映画でもありました。

これが実話だというのは後で知りましたが、とにかく金持ち家庭で威力を振舞うサンドラ・ブロックの演技が良い。

旦那さん(ティム・マッグロウ)はハンバーガーショップ・チェーン店の経営者で奥様リー・アン(サンドラ・ブロック)はインテリア・デザイナー。

ほとんど劇中仕事をしているシーンはないですが、なかなかの金持ち振りは家・車・エンタメ環境を見るとそこはかと伝わってきます。で、2人の子供達がまた良い子なのです。姉は年頃にして文句もあまり言わない落ち着いた性格であり、ちゃんと家族の空気を読んでいる様子。弟君は言う事ハッキリ言うワリに嫌味のないさっぱりした子供でGOOD。

そんな家庭にスラム街出身の高校生であるマイケル・オアー(クィントン・アーロン)を迎え入れる事になります。

母親は薬物中毒で兄弟とも疎遠状態でありながら、裕福な白人がほとんどのクリスチャンハイスクールに入学することになったマイケル。学力は最低レベルで先生方は首をかしげる有様ですが、彼は温厚で真面目な性格。夜中にトボトボとひとり歩いているところをたまたま見かけたリー・アンは寝る家も無い彼を我が家へ誘い、部屋を提供するに至ります。

家の決定権はほぼリー・アンにあるように見えますが、彼女の意思を尊重する旦那もなかなかにいい味を出しています。ほぼ理想的(!?)な家庭像かな。ハッキリ思ったことを言う、行動力がある、サバサバしているけど思いやりがある。彼女なりに不安や葛藤はあるのだろうけど、まるで嫌味がないリー・アン。

戸惑いながらも一家と打ち解けるマイケルはすっかり子供たちとも仲良しに。貧しい者はたくさんいるし、何故に彼ひとりだけ迎え入れるのかというのもあるが、リー・アンは彼の人格をすかさず見抜いていたのかもしれない。

車を与えるシークエンスは「甘やかしすぎじゃねーか?」と思ったが、事故に至ってはホントに無事で良かったと思いますよ、実話ですよね、これ。どうやらマイケルは『保護本能』というものが高いらしく、アメフト部でもその能力を発揮する。

貧しいストリートで育ってきた高校生が 、金持ち家庭でスポーツの才能に目覚める。家庭教師(キャシー・ベイツ)のもと、猛勉強。その他大勢の貧困者達との対比も露骨なので釈然としないものがありますが、これがアメリカの姿であり、ポスターで飾られていた大統領の姿とリンクもしました。

Photo_5邦題は分からないでもないですが、ちょっとニュアンスが違うな。けど、いい映画に違いない。マイケル自身の肉親ともっと打ち解けれるシーンでもあれば尚感動作になっていたのではないかと思います。

そこはひとつ、サンドラ・ブロックの強力なキャラ弟君の元気な姿必見ということで終わらせていただきます。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


↓発売中のはブルーレイとDVDセット。

しあわせの隠れ場所 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産) DVD しあわせの隠れ場所 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 愛内里菜が引退する | トップページ | CRASHDIET/GENERATION WILD・・・85点 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/36064649

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『しあわせの隠れ場所 THE BLIND SIDE』:

« 愛内里菜が引退する | トップページ | CRASHDIET/GENERATION WILD・・・85点 »