« 韓国からのおみやげ | トップページ | 映画『カプリコン・1』 »

2010年7月11日 (日)

映画『プレデターズ』

Photo_9

宇宙をひとッ飛びする戦闘種族、プレデターが返って来た。シュワルツェネッガー主演の第一作の作風を蘇らせ、いまだ謎の多い奴らが今度はとある惑星のジャングルで“エイリアン狩り”をします。

エイリアンというのはあの黒くてよだれダラダラ流す恐ろしい『エイリアン』ではなく、今回は地球人数人の殺し屋相手がメイン。これも特殊部隊活躍がメインだった一作目を思い出す。

狩りに選ばれているのは地球人だけではないのですが、地球人メインで物語を展開しないと話にならないので当然の如く彼らの視点でプレデターの生態を見ていくことになります。

元軍人の傭兵、CIA所属の女スナイパー、ロシアの特殊部隊員、RUFの精鋭、メキシコのマフィア、日本の殺し屋、死刑囚・・と名立たる闘いのプロ達が奴らにある日突然拉致され、未踏のジャングルに放り込まれます。何故かその中には医者もいる。

プレデターの趣味で選ばれた地球人達はなんとかその土地から脱出しようと試みますが、相手が相手なだけに苦戦を強いられ、身動きが取れなくなる。もはや奴らと闘うしかない。

獲物としてちらほらと他の惑星の生物らしきものも出てきますが、基本は人間とプレデターの闘い。

かつて『エイリアン2』が“ALIENS”であったように、この映画も“PREDATORS”と複数形になっているのでどれほど多数のプレデターが現れるのかと期待して見たのですが・・少なかったです(苦笑)猟犬なんてのも出てきましたが、もっとデカイと思っていたらそうでもなかったですね。

一作目のリメイク、もしくはかつて『猿の惑星』で呼ばれていた“リ・イマジネーション”とでもいえそうな展開なので、この辺は致し方なかったのかとも思います。もうちょい後半壮絶なバトルがあってもいいかなと思ったのですが。

プレデターって、肉弾戦に弱いのだな。一騎打ちが一種のハイライトになっていた。

ドデカイ宇宙船らしきものに集結したあたりから中弛みしたのも惜しかったな~。

女スナイパーがかつてのシュワ達特殊部隊の事を語ったり、ちゃんとシリーズとリンクしているので思わずニンマリしてしまうような場面も多々拝見できます。

あまり目新しいものも無く、マンネリ化は秘めませんが、好きなシリーズなので多分これから大掛かりな設定になっていくのかな~と、かってに妄想膨らませながら見ていましたね(笑) 実はここはプレデターの惑星で、ラストで「あっ」と驚く見せ場の登場・・なんてのを期待したのですが、プレデターやっつけて終わりという・・ これも一作目とよく似ていた。

エンドロールのテーマ曲でまた笑っちゃいました~。

Photo_10なんの予備知識もなく、これを初めて見る方にはかなり衝撃的な話かも。長年好きだった者からしてみれば嬉しいものの、なんか物足りなさを感じた。プレデターの惑星が、やっぱり見たいのですが、なかなかちゃんと見せてくれませんね(苦笑)。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

|

« 韓国からのおみやげ | トップページ | 映画『カプリコン・1』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~♪

ちょっと物足りなかったですよね~
プレデターってキャラを好きなので、それなりに楽しめたのですが、、、
考えたのですが、わざわざ手間かけて人間を誘拐してきてまでするような戦闘に見えなかったのがネックだったかも。何だか戦いがショボかったですもの。
せっかくなんだから、もっとババンとスゴイ戦いシーンを観たかったです。

投稿: 由香 | 2010年7月15日 (木) 17時13分

んばんは!
タイトルに意義ありな映画でしたね^^;
集められた精鋭たちも、一部?な人たちがいたりして。
やっぱりもの足らなかったです。
続編は、また練り直してほしいなあ。

投稿: アイマック | 2010年7月15日 (木) 21時43分

>由香さん、こんにちは。
誘拐してきたのは別のプレデター(誘拐班?)で、
こじんまりとしていても、とにかく森の中で
闘わなきゃいけないのが本作のプレデターだったのかも。
なんてこと、後で思いました。
タイトルの割には少なくて、戦闘もショボかったです。

投稿: たまさん(主) | 2010年7月17日 (土) 14時34分

>アイマックさん、
ローレンス・フィッシュバーンはいったい何やねん!て、思いましたよ。あの中弛みは何だったんだと(汗)
登場人物多すぎ・・の割にはプレデター少なかったですよね。
いい加減、プレデターの惑星とその生態を
見せてくれてもいいのではないかと思うんです。

投稿: たまさん(主) | 2010年7月17日 (土) 14時50分

たまさん、こんばんは!

プレデターの星ねー。
観てみたい気もしますが、もう完璧アウェイですよね。
たぶん人類は歯がたたないですよね。
でもプレデターは戦士としてのプライドがあるから、総掛かりで襲ってくることはないのかな。
だから相手を戦士として認めると一騎打ちしたくなっちゃうのかしらん。

投稿: はらやん | 2010年7月17日 (土) 22時57分

>はらやんさん、
確かにプレデターってプライド高いですね。
頭にきて、インデペンデンス・デイ並に仲間が総攻撃してくるとか・・なさそうですね(苦笑)
いまだに謎が多いので、あのハイテクなプレデターの惑星をやっぱり見たいなーと思うんです。
『AVP2』でも ちら見できましたし。

あの兵器の開発者は凄いですよ。拉致班も(^^;

投稿: たまさん(主) | 2010年7月18日 (日) 17時29分

こんばんは。

私は結構気に入ってしまいました。
こういうサイドストーリー的作品って好きなので、どんなにくだらなくなってもシリーズ化されているものは観てしまいますしね。(^^;

今回のものは、あまりにも1に酷似していたためか、批判する人が多かったようですね。それなりに面白くはあったのですが、残念ながらストーリー的なものはあまりなく、せっかくの3種(実際には+1)の違いが観ていても判りにくかったのが惜しかったと思います。

確かに中盤の基地移動では少し中だるみがありましたね。その挙句、その施設は使わないし、誰かさんは破裂しゃうし。(^^;

プレデターは1対1というのが好き、もしくは正々堂々と考えている?みたいなので、どうしてもそういうシチュエーションに持っていくのかも。
まぁ、あまりわらわら登場して雑魚扱いになるのは嫌ですけどね。

トラックバックさせていただきました。

投稿: 白くじら | 2010年7月18日 (日) 22時27分

>白くじらさん、
地球に行った時は仲間(同種族)がやられちゃったけど、
僕らの陣地じゃ勝てないかな?
そんな思いを込めての狩りだったのかなと。

ヤバイ時は仲間が助けに来てチーム・プレイ。
人間に総攻撃を仕掛ける・・なんてことはしないようですね。
結局一騎打ちにして人間に殺されてしまうというのは簡単すぎてどうなんだとも思ってしまいますが・・。プレデターって、そんなに弱いのか!?と。
『1』の作風を蘇らせたが故に、フェードアウトな展開になってしまったと悔やまれます。
思えば、『プレデターズ』という複数形はこの作品に登場した者だけでなく、宇宙をひとッ飛びする過去に登場したプレデターや拉致をしてくる裏方ども含めて全てを指すのかなと。全てが繋がっていると感じます。

嫌いなシリーズではないのですが、今度はどうなるのかと不安にもなりました(汗)

投稿: たまさん(主) | 2010年7月20日 (火) 02時41分

トラコメありがとうございました。
>エンドロールのテーマ曲でまた笑っちゃいました~。
↑禿同です(^^;。吾輩も『何じゃこりゃ?』って、
笑っちゃいました。
もうちょっと、スケール膨らませられたと思うんですけどね~。

投稿: mori2 | 2010年7月22日 (木) 00時28分

>mori2さん、どうもです。
1作目のテーマ曲を復活させたのは嬉しい半面、何故今頃ここで?という半端な印象をうけました。
呆気ないエンディングでしたので、
余計に目立ちました。

投稿: たまさん(主) | 2010年7月25日 (日) 00時27分

こんばんは。
脚本の詰めが甘く、意味不明なキャラクターが邪魔でした。
余計なことはせず、軍人VSプレデターというシンプルな構図に徹した方が良かったと思います。
それでも、好きなシリーズなので、結構、楽しませてもらいました。

投稿: hash | 2010年7月31日 (土) 18時21分

>hashさん、
意味不明なキャラには眠気さえ襲ってきました・・
プレデター自体、
謎がよけいに深まりました。

投稿: たまさん(主) | 2010年8月 1日 (日) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/35712932

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『プレデターズ』:

» プレデターズ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
アーノルド・シュワルツェネッガーの『プレデター』が大好きー断然5点満点です。で、、、この度、1987年のこの作品のリメイクということで、「前作は越えられないだろうなぁ〜」とは思いつつも観に行ってみました。なんでも、ロバート・ロドリゲス(『シン・シティ』『プラネット・テラーinグラインドハウス』)が手掛けているそうですね〜 ちょっとは期待出来るかな?【story】傭兵のロイス(エイドリアン・ブロディ)をはじめとする囚人や軍人、工作員などから成る集団は、地球外生命体に選ばれた戦闘のエリートたちだった。彼... [続きを読む]

受信: 2010年7月13日 (火) 12時31分

» プレデターズ [Akira's VOICE]
無駄話が多過ぎる!   [続きを読む]

受信: 2010年7月13日 (火) 16時43分

» 「プレデターズ」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 某カリフォルニア知事の出世作にして、SFアクションの傑作を再映画化。 ちなみにリメイクではなく続編との事。 ストーリーなし。オチなし。カタルシスなし。「世界一の弩ヲタ... [続きを読む]

受信: 2010年7月13日 (火) 18時22分

» プレデターズ [小部屋日記]
PREDATORS(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:ニムロッド・アーントル 出演:エイドリアン・ブロディ/トファー・グレイス/アリシー・ブラガ/ローレンス・フィッシュバーン/ダニー・トレホ/ウォルトン・ゴギンズ 「殺す」という本能。「生きる」という本能。 アメリカも昨日から公開なんですね。(初登場3位) シュワルツェネッガー主演の『プレデター』を、舞台を惑星に置き換えてリメイクしたSFアクション。製作はプレデターファンというロバート・ロドリゲス。 『プレデター』シリーズは1も2も... [続きを読む]

受信: 2010年7月15日 (木) 21時39分

» 「プレデターズ」これって、B級?? [シネマ親父の“日々是妄言”]
[プレデターズ] ブログ村キーワード  ある意味、今年の夏休み映画の中で吾輩が最も楽しみにしていたのは、この映画だったかも知れません。「プレデターズ」(20世紀FOX)。シュワルツェネッガー主演の「プレデター」('87)のリメイク。おなじみの“不細工エイリアン・ハンター”は、健在でございました(^^;。  突如、或るジャングルに集められた7人の戦闘のプロたち(エイドリアン・ブロディ、アリシー・ブラガ、ルイ・オザワ、ダニー・トレホ、etc…)と1人の医師(トファー・グレイス)。何の面識もな... [続きを読む]

受信: 2010年7月16日 (金) 22時22分

» 「プレデターズ」 今度はアウェイ! [はらやんの映画徒然草]
今度はアウェイ! 傭兵、暗殺者、スナイパー、ヤクザ、暴行犯、特殊部隊員・・・、い [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 14時53分

» 映画「プレデターズ」原点回帰、ジャングルで戦闘開始! [soramove]
「プレデターズ」★★★ エイドリアン・ブロディ、トファー・グレイス、ローレンス・フィッシュバーン出演 ニムロッド・アーントル監督、107分、2010年7月10日公開、2010,アメリカ,FOX (原題:PREDATORS)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「エイドリアン・ブロディが何故こんな 最初からB級と分かるような映画に出たのか、 全米も同時公開で約2530万ドルの興収で初登場... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 23時51分

» プレデターズ [MOVIE-DIC]
未知の惑星、そこはプレデターたちの≪狩場≫だった! 2010年(PREDATORS)製作国:アメリカ監督:ニムロッド・アーントル原作:製作:ロバート・ロドリゲス製作総指揮:アレックス・ヤング脚本:アレックス・リトヴァク、マイケル・フィンチ撮影:ギュラ・パドス音楽:ジョン..... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 22時19分

» プレデターズ [Movies 1-800]
Predators (2010年) 監督:ニムロッド・アーントル 出演:エイドリアン・ブロディ、トファー・グレイス、アリシー・ブラガ、ローレンス・フィッシュバーン 87年から続く人気SFアクション映画「プレデター」シリーズの第5弾。 世界各国から拉致された歴戦の兵士達が、連れてこられた謎の惑星で獰猛な宇宙人の狩りの獲物にされる。 冒頭の落下シーンに始まり、人物紹介と状況説明を兼ねた序盤はテンポよく進み、その後の展開に期待が高まる。 その期待を裏切ることなく、猟犬との戦い、プレデターとの遭遇と面白い... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 23時18分

« 韓国からのおみやげ | トップページ | 映画『カプリコン・1』 »