« 映画『アイアンマン2』 | トップページ | LABYRINTH/RETURN TO HEAVEN DENIED pt.Ⅱ~A Midnight Autumn's Dream・・・82点 »

2010年6月23日 (水)

映画『ザ・ウォーカー』

Photo_3

この荒廃した世界観はまさに『マッドマックス』や『北斗の拳』であり、冒頭のガスマスク姿を見るとうすね正俊の『砂ぼうず』さえ思い出す。デンゼル・ワシントンがある本を西へ運び続ける男“ウォーカー”に扮し、素早い立ち回りを披露。

監督は『フロム・ヘル』のヒューズ兄弟。製作にジョエル・シルバーが関わっているとならばアクションに期待出来ます。

主人公のウォーカー、めちゃくちゃ強いです。道中、武装した集団に囲まれても剣で瞬殺。争いごとは避けたいほうだが、道を阻むものには容赦しない。

銃の腕前も西部劇さながらに超一流で、格闘術も素早い身動き。セガールと並んでデンゼル・ワシントンも徐々に大きくなってきている印象だったけれど、この映画では減量しているようで動きが鋭い。時に時代劇のように映ることもある。

戦争で文明が崩壊し荒れ果てた世界。1冊の本を運ぶ為に西を目指して30年も歩き続けてきた男の旅路。いったいどこから、30年もの間歩いてきたのか謎なのだけれど、基本的には舞台は北米大陸になっています。なんで30年もかかるのだろう?

それはさて置き、その『本』が何なのか、早い段階で分かってしまいましたが、ちょっと日本人には理解し辛いものか、そんなに大切なものなのだろうかと疑問に思いながらも、意外性のあるエンディングを迎えました。男は何者で本は何なのか、そんなミステリーを抱えつつ、行く先々でウォーカーのアクションが炸裂していきます。

水源を独占し、町を支配する独裁者の登場。滅法強い寡黙な男が町に立ち寄る。悪党をバタバタと倒す。その町には勝気な美女もいる。ヒロインは男に付いて行く。

「ああ・・北斗の拳だ~・・」漫画やアニメで見てきた懐かしのシーンが実写で再現されているような感覚にもなる。

食料が無い為に人肉を食して生活している一軒家の老夫婦も出てきた。この世界では人肉を食うことも珍しくないらしい。男はその家に立ち寄るが、本を付け狙う独裁者に見つかり、壮絶な銃撃戦の場となる。これもどこかで見たような場面。

アクション・シーンでいろんな映画へのオマージュが捧げられている作品に見えます。

Photo_4なかなかに意外なラストのオチ。なるほど、こんなところにも“あの映画”の影響が見れるのかと。詳しくは書きませんが、主人公がここまで強い理由付けとして妙に納得してしまった。しかしさりげなく示された“戦前の仕事”からは想像もつかないほどに強い一匹狼です。ヒロインも勇敢でした。

『北斗の拳』が好きな者にとっては思わずニンマリしてしまう作品だった。アクション映画好きはぜひ観ましょう!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

|

« 映画『アイアンマン2』 | トップページ | LABYRINTH/RETURN TO HEAVEN DENIED pt.Ⅱ~A Midnight Autumn's Dream・・・82点 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します~♪

デンゼルはかなり減量しましたよね?
アクションシーンがカッコ良かったです♪
あんなに強いなんて、、、まるで北斗の拳ですよね?(笑)最近子どもがハマっていて、ゲームやらアニメやらやってるので、やたら思い出しましたよ(笑)

で、、、お話は個人的にはイマイチでした。あまり日本人には馴染めないかも・・・あの展開は。ちょっと辛口感想になっちゃったわん。

投稿: 由香 | 2010年6月23日 (水) 17時20分

由香さん、どうもです♪
話はイマイチでしたが、なかなかにアクションが北斗の拳的に見応えありました。
お子さんは秘孔を突いたりして遊んだりされてませんか?昔よくやってたもので(汗)
世代を超えて愛される漫画っていいもんです(笑)

投稿: たまさん(主) | 2010年6月29日 (火) 00時07分

たまさん、こんばんは
せっかくお誘いいただいたブログDEロードショーですが「トワイライト・ゾーン」のソフトがどこにもなく見れませんでした、申し訳ありません。
TV放送があったときやレンタル屋にDVDが入荷した場合など機会があれば鑑賞して改めてレビューを書きたいと思います。

で、この作品、やはり日本人は「北斗の拳」を連想します。あの雰囲気を楽しむには内容を抜きにしても結構な良作でした。
あの漫画にしてもヴィジュアルは「マッドマックス2」、ストーリーは時代劇や西部劇を参考にしたそうですから似てしまうのは仕方ないかも

多分無いでしょうけど再び実写化されることになったら
ケンシロウはヒュー・ジャックマンに演じて欲しい。
シンはブラッド・ピット、バットは「パーシー・ジャクソン」の男の子で、リンは「エスター」の女の子
レイが思いつかない・・・・・キアヌ・リーヴス辺り?顔は若い頃のジョニー・デップが一番近いと思います。
日本人ならば伊藤英明がとことんビルドアップすればケンシロウのイメージにあうかも。
でも僕、邦画見ないんですよね

投稿: バーンズ | 2011年5月26日 (木) 20時24分

>バーンズさん、
「トワイライトゾーン」のソフト、ご足労でした。
地方在住のウチの近辺にはあるんですが、
みなさん無いようで、まさかここまで置いていないソフトだとは・・

『北斗の拳』はゲイリー・ダニエルズ主演で一度映画化されていますが、思い切りB級だったので、これをAまでもっていってくれる実写版が出ないかと待っています。

けど、ゲイリー版もわりと良質な作品でした。
特にシン役がハマってましたよ!
ヒュー・ジャックマンのケンシロウもハマりそうですね。
リンがエスターの女の子って・・怖くないですか?
じたばたダダこねそうで(苦笑)
伊藤英明もなんとなくイメージ分かります。
一応、ケンシロウは日本にも住んでいたので、
日本人のほうが合っているかもしれません。


投稿: たまさん(主) | 2011年6月 1日 (水) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/35427696

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ザ・ウォーカー』:

» ザ・ウォーカー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・【story】世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩き続けている。そんな中、彼の前に、本を探し続ける独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)が現れ―     監督 : アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ 『フロム・ヘル』【comment】   超〜〜〜辛口感想です。      しかも、いきな... [続きを読む]

受信: 2010年6月23日 (水) 17時15分

» 「ザ・ウォーカー」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ザ・ウォーカー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・デ・ラ・トゥーア、マイケル・ガンボン、他 *監督:アレ..... [続きを読む]

受信: 2010年6月24日 (木) 05時44分

» 映画「ザ・ウォーカー」ただ一つ守りたい本があった [soramove]
「ザ・ウォーカー」★★★☆ デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、ジェニファー・ビールス出演 アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、118分 、2010年6月19日、10,アメリカ,角川映画、松竹 (原題:THE BOOK OF ELI )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「やはり人類には明るい未来というのは 無いのだろうか、 ここで描かれるのも、たぶん... [続きを読む]

受信: 2010年6月28日 (月) 07時34分

» 映画「ザ・ウォーカー」 [FREE TIME]
先日、映画「ザ・ウォーカー」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2010年7月 1日 (木) 22時50分

» 世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー [RISING STEEL]
ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 「俺に触れるなよ 死ぬ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月26日 (木) 22時37分

« 映画『アイアンマン2』 | トップページ | LABYRINTH/RETURN TO HEAVEN DENIED pt.Ⅱ~A Midnight Autumn's Dream・・・82点 »