« MOB RULES/RADICAL PEACE・・・84点 | トップページ | SERPENTINE/A Touch Of Heaven・・・86点 »

2010年2月24日 (水)

ドラマ『泣かないと決めた日』第5話〈ついに反撃開始〉

かなりデフォルメ化された不快な印象の第1話からはだんだん緩やかなメロドラマになってきました。

その分、見やすいドラマになってきたと思います。


雨の中、ずぶ濡れになりながら飛び降り自殺しようとした美樹を絶妙なタイミングで食い止めた上司の桐野(藤木直人)。彼女がいなくなると、ドラマ終わっちゃいますからね、、

「死んだ気になったら、何だって出来るだろう」と桐野は言う。

そんな中、部署内ではまたしても就業規則にふれる個人のミスがあり、その場にいない美樹のせいではないかと話が浮上する。嫌な奴らだ・・・。あの一番怪しい人はDV受けてる?

ヒステリックに怖かった木村佳乃の役柄はニヒルな感じの桐野のひとことで今後変わっていきそう。

退職願を出そうとした美樹だが、「このままだと一生変わらないままだぞ」と桐野に言われ考えを改める。なかなか男だね、といいたいところですが、いくらなんでもこんな酷い労働環境(会社規模)で変われと言われても無理があるでしょう。変わって欲しいのは先輩社員達。会社内での自身の立ち位置を正当化するために言っているセリフだと思えなくもない。

人が死んでますからね。美樹もやばかったわけですから。立ち直ったようだけど。

あ、黒幕になっているのは万里香でした。いろんな意味で人間観察のスペシャリストであり、ちょうどよい場面で突如現れる。超・能力者だ・・

で、パッキーン!!と最後で割れるのです。

|

« MOB RULES/RADICAL PEACE・・・84点 | トップページ | SERPENTINE/A Touch Of Heaven・・・86点 »

「テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/33514447

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『泣かないと決めた日』第5話〈ついに反撃開始〉:

« MOB RULES/RADICAL PEACE・・・84点 | トップページ | SERPENTINE/A Touch Of Heaven・・・86点 »