« ROYAL HUNT/X・・・85点 | トップページ | 映画『サロゲート SURROGATES』 »

2010年1月21日 (木)

映画『ザ・スカルズ/髑髏(ドクロ)の誓い THE SKULLS』

The_skulls1_3 毎年アイビーリーグの大学では優秀な学生がある会に誘われる。人知れず活動するこの会は密かに未来の指導者を育成し、今まで3人の大統領を輩出した。中でも最も権力を握っているのは・・・、という前ぶれで始まるこの作品。

国をも動かす陰の秘密結社をテーマに、ある事件からひとり組織に立ち向かうことになる青年の葛藤、戦いを描いたサスペンス・スリラーです。’00年製作。

ロブ・コーエン監督作で、『ワイルド・スピード』のポール・ウォーカーも出てるので面白そうだと借りてみた。彼は大学内にあるエリート秘密結社“スカル”の一員である判事の息子の役。

ある日、スカルにスカウトされた成績優秀な青年ルークを演じるジョシュア・ジャクソンの活躍がメインとして展開。主役としてはやや地味なキャラクターだが、等身大の大学生の役としては合っていたと思う。

ほぼ大学内が舞台なので、「愛と友情の学園アドベンチャー」なノリもあります。

これ、『グッド・シェパード』でも話題だった、イェール大学に実在する『スカル・アンド・ボーンズ』が基ネタになっている模様ですね。

怪しい通過儀式があり、腕に焼印を押されるメンバー達。入会した彼らはみんな結構平気な様子で、いつの間にか個人口座に資金が投入され、豪勢なパーティーへも招待される。勢揃いの美女達も後に合流してきた。彼女達も会員なのだろうか。

未来を担う、優秀な人材だけを確保している様子”はなんとなく分かるようになってます。

ところが、秘密主義がいつまでも続くはずもなく、主人公は信頼関係が悪化した大学新聞の記者のルームメイトが殺害された事、ヒロインとの関係修復を機に組織と反目。

Theskullls_2スカルの先輩にもアドバイスをくれる人物がいて、その処理の方法から後半の見せ場へと繋がる。怪しい組織の物語ではあるが、出てくるキャラクター像は案外普通のおじさんと若者達であり、ロマンスのくだりもあるので普遍的なドラマ、学園モノとして観やすく出来ていたと思う。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村

Photo






















|

« ROYAL HUNT/X・・・85点 | トップページ | 映画『サロゲート SURROGATES』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/33071810

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ザ・スカルズ/髑髏(ドクロ)の誓い THE SKULLS』:

« ROYAL HUNT/X・・・85点 | トップページ | 映画『サロゲート SURROGATES』 »