« Lady Metal Band 『Aldious』 | トップページ | LIV MOON/DOUBLE MOON・・・84点 »

2009年12月23日 (水)

映画『アバター』〈3D吹替〉

Photo_3『ターミネーター』『エイリアン2』『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が描くアドベンチャー大作を前夜祭でさっそく鑑賞。今回初3D体験ということもあり、映像に集中するべく吹替版を選択。

どちらかといえば字幕派なのだけど、3Dがどういうものなのかも未体験ですし、まぁ、いいかと吹替にしました。

メガネをかけているので大丈夫かなと心配しつつ、3Dメガネは通常のメガネの上からもかけれることを知った。受付で試着したが、耳に違和感があるのでクリップオン型も試着しつつ、これを購入。大丈夫みたい!

吹替とはいえ、俳優の動きと声優には違和感があまり無く、それ自体は問題無かったかなと思います。たまに“ナヴィ語”の字幕が右端に出た時はちょっと見にくかったですが、映像はじっくり楽しめました。森のシーンになると、なるほど 葉っぱや木、燃え盛る炎における灰など、飛び出して見える映像に不思議な感覚が。動植物が発光するシーンは綺麗だったな~。クラゲみたいな浮遊物体とか。

舞台はとある衛星パンドラ。莫大な利益になるらしい鉱物を求め、開拓しようとする人類はアバター・プロジェクトと呼ばれる特殊任務を開始。それは、人間には有害な環境で生活している現地先住民ナヴィと人間のDNAを掛け合わせ、脳とリンクする遠隔操作により彼らに接近できるアバター(分身)を使って鉱物を調達するというもの。

何故そんな事が出来るのだろうかと疑問に思いつつ、細かいことは抜きでストーリーを追っかけました。

主人公である下半身不随の元兵士ジェイク(サム・ワーシントン)は計画に関わっていた兄の変わりにアバターにリンクし、ナヴィ族が住む土地へと潜入するが、そこで出会った族長の娘であるネイティリ(ゾーイ・サルダナ)に恋をしてしまい、軍事力を強行する人類とやがて対立、厳しい戦いに身を投じていくことになる。人間がCGに恋しちゃってますね。

アバター・プロジェクトにおける責任者グレイス博士にシガニー・ウィーバー、力で土地を奪おうとするコワモテ大佐にスティーブン・ラング、強そうなオネーチャン・パイロットにミシェル・ロドリゲスが扮し、各々の場面で激しい立ち回りを披露。

生物学・植物学からの観点で慎重にパンドラの生態を把握し、ナヴィと接触しようとするグレイスに対し、特段に派手な攻撃を仕掛けるコワモテ大佐の活躍が最後のバトル・シーンで豪快なまでに繰り広げられていた。

出てくる兵器類、メカの造形を見ていると『エイリアン2』を思い出す場面もあり、キャメロンらしくてなんだか懐かしいような感じもした。派手なアクションでラストは迫力ありましたよ。

そこへ至るまでにジェイクとネイティリの交流がじっくり描かれていくわけですが、『天空の城ラピュタ』のような浮いている島々やアマゾンのような密林における大自然の映像がとても美しくもあり、3Dの特性が生かされていたように思います。また、出てくるモンスター類が、下手すりゃ退屈になりそうな空間に躍動感を与えてくれてプラスに作用していた感じです。

サイみたいなバカでかいのや、ヒョウのように俊敏なのや、ナヴィの尻尾と意思の疎通ができる怪鳥の出現など面白いシークエンスが多々あり。

あの、最初はどうしても顔立ちから全身、キモい印象のフルCG・ナヴィ族。慣れるだろうかと心配で観ていたのですが、色彩感覚豊かな映像美と共にファンタジックでいて、案外ひたすらキレイな印象でした。ネイティリが普通に女性らしく見えてくるから不思議。

Avatar2侵略戦争であるかの展開はよくある話でもあり、とりわけ目新しいものではないけれど、キャメロンのイマジネーション溢れる映像が凄かったなと。人間vsCGという構図の中、神・自然を怒らせちゃいかん!!とするラスト・バトルが大迫力だった。

なんか、徹底的にCGよりも人間が悪役に回っちゃってます。

ミシェル・ロドリゲスの活躍がやや大人しく、ちと残念な気もした。コワモテ大佐はステレオタイプでやたらと好戦的だったな。ラストの武装メカがやたらとカッコよく見えた。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

|

« Lady Metal Band 『Aldious』 | トップページ | LIV MOON/DOUBLE MOON・・・84点 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

「逃げないほうが楽なんだよ」というブログを書いています。

昨日「AVATAR 3D 吹き替え版」を見てきました。

上映の最初に、思わぬハプニングで、一回上映が中断されましたが、無事に見て来れました。

あっという間の3時間を堪能してきました。

投稿: TOM | 2009年12月24日 (木) 00時39分

TOMさん、はじめまして。
3Dならではのハプニングってあるんですね。
無事に見れてよかったです。

その昔、『ロストワールド ジュラシックパーク』を見に行ったとき、
恐竜が街に上陸する直前でフィルムが切れた
経験があります。会場ドヨドヨしてました(汗)

映像に見入ってしまい、3時間が長く無かったですね。

投稿: たまさん(主) | 2009年12月24日 (木) 12時28分

こんばんは~♪
クリスマスですね~如何お過ごしですか~xmas

予告の段階では、キモイという印象しかなかったナヴィがどんどん愛らしく思えていくのが不思議でした。
途中からは、「人間め!!やられてしまえ!!」と人類を裏切る思考回路で観ちゃいましたし(笑)

奥行きや臨場感のある映像と、シンプルな物語はとても良かったです。とにかくパンドラという星を創造した監督はスゴイ!

投稿: 由香 | 2009年12月24日 (木) 19時28分

>由香さん、
ジングルベル・ジングルベル・鈴が鳴る。

ということで、クリスマスは仕事でスルー、
いつの間にか過ぎ去りました~end

大佐率いる人類、あんなミサイル攻撃する必要ないやろーとか思いながら見てましたよ。

分かりやすい話でしたね。キャメロン復活万歳です。

投稿: たまさん(主) | 2009年12月26日 (土) 00時15分

そうそう、私も予告編ではナヴィを観て「これはどうなのよ?」って思っていたんですが、ネイティリが普通に可愛らしく見えてきちゃうんだからホント不思議です。
凝りに凝った映像とシンプルなストーリーの組み合わせは、エンタテインメント大作として抜群の仕上がりでした。間違いなくエポックメイキングな作品になるでしょうね。この後に続くSF映画は大変ですよ…。(苦笑)

投稿: KLY | 2009年12月26日 (土) 02時44分

突然で申しわけありません。現在2009年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/14(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2009年12月26日 (土) 08時39分

>KLYさん、

遠隔操作で、人間があの種族の女性に惹かれるのはかなり無理があるだろうと思いつつ、だんだんと見ているこちらも魅力を感じていくのが不思議で。

3D自体も不思議な感覚で見ていたので、
DVD待ちになるかもしれませんが、今度は2Dを見て再評価したいと思います。

投稿: たまさん(主) | 2009年12月27日 (日) 22時33分

顔の表情を細かくキャプチャーしてるので、全然違和感のないフルCGのナヴィ族&アバターでしたね。

投稿: ひらりん | 2009年12月28日 (月) 03時24分

コメ、ありがとうございました。
普段は野球のブログなのですが、冬場は時事ネタ、レビューを中心に書いてます。
この映画は、あまりにも衝撃的だったので、思わずレビューを書いてしまいました。

キャメロンはさすがにすごいものを作りますね。
3Dはもちろんすごかったですが、ストーリーもメカも、映像美も圧倒されるほどのできでした。
ストーリーは確かにステロタイプな感は否めませんでしたが、うちの小学生の子供にとっても理解しやすいっていうのは、やはり万人受けする(ということは世界中でヒットするf(^^;))条件でしょうね。

確かにミシェル・ロドリゲスにはもっと活躍してほしかった。f(^^;)
でも彼女がもっと活躍したら、3時間、越えちゃったかな?f(^^;)

クリップオン型ですか。
それはいいですね。
私が観たところは、一律ごついやつで、眼鏡の人と子供の顔にも配慮したものを用意してくれるとうれしいな、と感じました。

投稿: イエイツ | 2009年12月28日 (月) 10時56分

わたしも最初、
青いナヴィがなじめるのか心配でしたが、
繊細な種族でなじめました。
人間のほうが怖かったりして(苦笑

投稿: えふ | 2009年12月28日 (月) 15時46分

たまさん、こんにちは!

3D初体験、いかがでしたか?
造形的にも、ストーリー的にもほんと文句なしでした。
3D字幕版も、字幕の読みやすさにかなり気を使っていて全く違和感はありませんでした。
しかし、キャメロンはほんと凄いです。
一気に3D映画のレベルを引き上げた感じがしますね。

投稿: はらやん(管理人) | 2009年12月29日 (火) 07時06分

>ひらりんさん、
馴染めないんじゃないだろうかと不安なナヴィ族でしたが、ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)の魅力に救われました(笑)。

投稿: たまさん(主) | 2009年12月29日 (火) 20時32分

>イエイツさん、
こちらこそご訪問ありがとうございました。
いいですね、お子さんとご一緒の鑑賞。
ひとり、左の席でお菓子をバリバリ食べながら見ていた
中学生くらいの男の子がいましたが、楽しそうでしたよ。

ミシェル・ロドリゲスは今回、ちょっと大人しめでしたよね。気の毒な最期でした・・

私が見た劇場はワーナーマイカルでして、お子様用の3Dメガネもあったかと思います。

メガネでもいいかなと思いましたが、
受付の方の助言により試着させてもらい、
クリップオン型にしました。

投稿: たまさん(主) | 2009年12月29日 (火) 20時46分

>えふさん、
あの大佐率いる人類は怖かったですね。
容赦なくミサイル攻撃ですから。・・大木に。

いつの間にやらナヴィ族に肩入れしてしまっている
自分がおりました。

投稿: たまさん(主) | 2009年12月29日 (火) 20時51分

たまさん
はじめまして!コメありがとうございました☆

>ネイティリが普通に女性らしく見えてくるから不思議。

ほんとそうでしたね☆
最初は青い人には抵抗あったけど慣れました(笑)
時間あれば2Dでも見たいなとは思ってマス。^^

投稿: mig | 2009年12月29日 (火) 22時45分

migさん、はじめまして。
さっそくご訪問ありがとうございます。

皆さん青い人には抵抗あるようでいて、
段々慣れるようですね(笑)
2Dで見るとまた違った印象になるでしょうね。
どうなんだろう~

投稿: たまさん(主) | 2009年12月29日 (火) 23時09分

こんばんは!
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくおねがいします。

映像美は文句なしですね。
シンプルなストーリーですが、アバターになったり、生物とリンクできたり、アイデアがおもしろいです。
戦闘シーンは圧巻でしたねー。
キャメロン監督らしさが随所にみれました。

投稿: アイマック | 2010年1月 3日 (日) 21時31分

アイマックさん、
あけましておめでとうございます!

戦闘シーンが迫力あり、特に後半はグイグイと引き込まれるものがありました。キャメロンらしい演出でしたね。

宮崎アニメのような展開で進んだのは意外でした。

投稿: たまさん(主) | 2010年1月 5日 (火) 22時12分

こんばんは。
これほど、映像に圧倒されたのは、「ジュラシック・パーク」以来ではないかと思います。
2D版で、再度観たいです。

投稿: hash | 2010年1月 6日 (水) 01時11分

>hashさん、
ゆっくりと、2D版で観てみたいですね。
「ジュラシック・パーク」も当時は凄かったですよね。

投稿: たまさん(主) | 2010年1月 6日 (水) 14時26分

たまさん
今晩は☆彡
ご無沙汰しております!
こちらこそ今年も宜しくお願い致しますhappy01
キャスト陣は地味でしたが、映像は凄かったですね。
おぉ~あのキャラは、たまさんも初めは馴染めなかった
んだ!何か半漁人みたいな顔つきでしたね。

投稿: mezzotint | 2010年1月14日 (木) 00時31分

mezzotintさん、
お久しぶりです~
ナヴィ族って、青いから、なんとなく
「水の中からこんにちは」って感じはします。
まさに半漁人ですね。
ライオンやトラも入っているような~・・。
馴染めて良かったですよ。

投稿: たまさん(主) | 2010年1月16日 (土) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/32705309

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『アバター』〈3D吹替〉:

» 「アバター」:荒川一丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}あら、こんなところに、取り残されたように一軒の家が・・・。三方から攻められたら逃げ場がないわね。 {/kaeru_en4/}おいおい、そんな物騒なこと、言うなよ。 {/hiyo_en2/}でも、平和に暮らしてたって、いつ襲われるかわからないっていうのは、宇宙的な真実よ。 {/kaeru_en4/}それはそうだな。我々地球人だって、高価な鉱物資源があるからっていう理由だけで、平和な星の住人を迫害するんだから。まったくひどい話だ。 {/hiyo_en2/}ジェームズ・キャメロン... [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 19時27分

» アバター [★YUKAの気ままな有閑日記★]
今年最後の劇場鑑賞です―【story】22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで≪アバター・プロジェクト≫に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体“アバター”を作ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士ジェイク(サム・ワーシントン)は車椅子の生活だったが、“アバター”を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)と恋に落ちるジェイク。しかし彼は、パ... [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 20時11分

» アバター AVATAR [映画君の毎日]
<<ストーリー>>下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲... [続きを読む]

受信: 2009年12月24日 (木) 00時19分

» [映画『アバター 3D・字幕版』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆今年最後の大作を、<MOVIX昭島>の公開前夜祭で観てきました。  面白かったです!  恋人たちがクリスマスデートで観ても楽しいひと時を過ごせますよ^^(←余計なお世話^^;)    ◇  J・キャメロン監督らしく、しつこいほどのサービス精神を、尻尾までアンコの詰まったタイ焼きのように堪能しました。  前宣伝から、私は、異星の種族と、一種の「スパイ」として交流する為に偽体(アバター)に心を転移させた男の、現実と仮想現実との行ったり来たりの苦悩が、かなりの長い時間をかけて語られたり、  ... [続きを読む]

受信: 2009年12月24日 (木) 05時14分

» アバター [Akira's VOICE]
かつてない規模のウルルン滞在記。   [続きを読む]

受信: 2009年12月24日 (木) 11時23分

» 【映画】アバター Avatar (3D) [HASの庭]
タイタニックのジェームズ・キャメロン監督、映像技術を駆使した壮大な3D映像美、これだけでも見たいゾ!と思わせる映画なんですが、ショウビズの予告編を見ましたが、青緑インディアン(ナヴィ族)の地(星)で超高価な石(だったかな)を探す白人(人間)族。障害のある主人公はハイブリッド人間となって、敵地で戦いながらもしだいに打ち解けてゆく、というような内容(違ったらゴメンナサイ)だったと思います。 ソース記事: 映画『アバター』 シネマトゥデイ 『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12... [続きを読む]

受信: 2009年12月24日 (木) 13時39分

» 映画「アバター」の感想です。 [MOVIE レビュー]
お久しぶりの更新です。昨日、「アバター」を観てきたので、私の今年最後に観る映画となるのでちょっと頑張ってUPしてみました。この映画は全編3D映画と言うことで公開前からすごく話題になっていましたが、私が観たのは3Dではなく2Dの普通の映画館だったので、それほどすごい映像体験的な感想にはなっていません。確かにCGを駆使した映像は綺麗で壮大で目を見張るパノラマをみせてくれましたが、やはり3Dではないのでねぇ・・・ビックリ体験できませんでした。3D映画を観た事がないので、この「アバター」の映像を3Dで観れた... [続きを読む]

受信: 2009年12月24日 (木) 15時51分

» アバター/AVATAR [LOVE Cinemas 調布]
『ターミネーター』、『タイタニック』と日本で最も有名な監督の一人ジェームズ・キャメロンが送るSFアクション超大作。主演は『ターミネーター4』で一躍脚光を浴びたサム・ワーシントン。共演に『スター・トレック』のゾーイ・サルダナ、キャメロン監督とは『エイリアン2』以来となるシガニー・ウィーバー、そして『パブリック・エネミーズ』の好演が光るスティーヴン・ラングと大物が揃う。... [続きを読む]

受信: 2009年12月24日 (木) 21時23分

» アバター [だらだら無気力ブログ]
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が構想14年、製作4年を 費やし、最新の映像技術を駆使して作り上げたSFアクションアドベンチャー 大作。原住民が暮らす衛星を舞台に資源を求めてやってきた人類と原住民との 間にたって板挟みとなって苦悩する青年の運命..... [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 01時21分

» アバター/AVATAR [LOVE Cinemas 調布]
『ターミネーター』、『タイタニック』と日本で最も有名な監督の一人ジェームズ・キャメロンが送るSFアクション超大作。主演は『ターミネーター4』で一躍脚光を浴びたサム・ワーシントン。共演に『スター・トレック』のゾーイ・サルダナ、キャメロン監督とは『エイリアン2』以来となるシガニー・ウィーバー、そして『パブリック・エネミーズ』の好演が光るスティーヴン・ラングと大物が揃う。... [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 02時38分

» AVATAR 3D [ペガサスの翼]
話題作「アバター(3D)」を鑑賞。 22世紀、下半身不随の元海兵隊員ジェイクは、亡くなった双子の兄に代わって、5光年離れたアルファ・ケンタウリ系惑星、ポリフェマスの衛星パンドラに、「アバター・プロジェクト」の一員として派遣される。... [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 15時49分

» アバター 3D 字幕版 [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 20時11分

» 映画アバターを3D・IMAXシアターで観てきました。まさに映像革命!初体験 [ペインターみんみんの油絵制作日記&絵画の画像]
みんみんです。今日は待ちに待ったアバターを鑑賞してきました。1週間前に映画館窓口まで赴き、席を確保していたのです。ネ... [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 22時51分

» ★「アバター」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、23日祝日公開の前夜祭という事で上映されてた本作を。 さすがに話題作だけあって、平日PM9:30〜の回だけど、 7割くらいの入り。 3D字幕版の鑑賞で、レイトショウ価格+300円の1500円で鑑賞。... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 00時43分

» 「アバター」 キャメロンは映画業界の牽引車 [はらやんの映画徒然草]
3D映画元年と言っていい2009年のオオトリを飾る3D映画はジェームズ・キャメロ [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 06時40分

» アバター 3D 字幕版 / 80点/ AVATAR 3D [ゆるーく映画好きなんす!]
今までの映画(2D)の概念では計れない映画(3D)がここに誕生しました! 『 アバター 3D 字幕版 / 80点/ AVATAR 3D 』 2009年 アメリカ 162分 監督 : ジェームズ・キャメロン 脚本 : ジェームズ・キャメロン 出演 : サム・ワーシントン、ゾー... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 15時36分

» アバター (3Dタイ語字幕版) / AVATAR [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 地球に似た青い星、パンドラ。この世界観が圧倒的に凄い{/ee_3/} ジェームズ・キャメロン監督、構想14年 製作4年を費やした最新SF超大作{/ee_3/} タイで観ようと思っていたキャメロン・ディアスのスリラー「The BOX」が上映終わっちゃってたので{/m_0163/} ドリュー・バリモアの監督作... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 23時02分

» 映画『アバター』観賞〜面白かったけど・・・・。 [コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ]
 ジェームズ・キャメロン監督作の映画『アバター』を観賞しました。  「『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督」という宣伝文句も聞きましたけど、「『アビス』のジェームズ・キャメロン監督」って感じの映画かな・・・。(パンドラの夜光植物とか神秘的な雰囲気が『アビス』を思いおこさせます。)  あと、個人的な感想ですが、宮崎駿が『もののけ姫』や『ナウシカ』で描いたテーマと、底通するものを感じました・・・・。 【 あらすじ 】  戦争で負傷して下半身不随になった元海兵隊員ジェイクは、遥か彼... [続きを読む]

受信: 2009年12月30日 (水) 17時24分

» アバター [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
アバター’09:米 ◆原題:AVATAR◆監督・脚本・製作: ジェームズ・キャメロン「タイタニック」「ターミネーター」1、2 ◆出演: サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス ジョヴァンニ・リビシ スティーヴン・ラング ◆ST...... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 00時37分

» アバター [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
もうひとつの体。もうひとつの運命。 [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 02時32分

» アバター [だらだら無気力ブログ]
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が構想14年、製作4年を 費やし、最新の映像技術を駆使して作り上げたSFアクションアドベンチャー 大作。原住民が暮らす衛星を舞台に資源を求めてやってきた人類と原住民との 間にたって板挟みとなって苦悩する青年の運命..... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 19時07分

» アバター 3D 融然として相容れ、怡然として共生す [労組書記長社労士のブログ]
【1】 ガンバ大阪{/m_0025/}天皇杯2連覇やったーっヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪ で、夜は今年1本目の映画、再び「1ヶ月フリーパスポート」ゲットを目指すので、鑑賞マイルを今年からで貯め直したかったために、封切りしてからも年が変わるのを待っていた「アバター」を観に行った。 映画の日で1000円の日だからか、それとも元旦の夜、特に行くところもすることもなくてなのか、20時40分という遅い時間でさらに終映が23時40分という終電車際どい時間にもかかわらず(うちなんて最終電車しか選択肢が残っていない... [続きを読む]

受信: 2010年1月 2日 (土) 10時23分

» アバター IMAX 3D【字幕版】 [小部屋日記]
AVATAR(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本・プロデューサー・編集:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/ラズ・アロンソ/シガーニー・ウィーヴァー/ミシェル・ロドリゲス/ジョヴァンニ・リビシ もうひとつの体、もうひとつの運命。 構想14年、製作に4年、『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督の12年ぶりの作品。迫力の最新3D映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。 IMAXの3Dははじめてでしたが、まず驚いたのが予告編の「アリス・イ... [続きを読む]

受信: 2010年1月 3日 (日) 19時26分

» アバター [Movies 1-800]
Avatar (2009年) 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、スティーブン・ラング、シガーニー・ウィーバー 惑星パンドラを舞台に、人間と先住民ナヴィとの戦争を描くSFアクション映画で、パンドラに眠る貴重な鉱物資源を狙う企業に雇われた車イスの元海兵隊員が、ナヴィと人間のDNAを融合させて創られた分身(アバター)を操作し、ナヴィの仲間になり情報を集めるという任務を負うが・・・という話。 ストーリーは宇宙版「ダンス・ウィズ・ウルブス」といった感じで、特に目新しい... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 01時35分

» アバター☆★AVATAR [銅版画制作の日々]
今年最後の鑑賞作品になりそうです。 忘れてました!3D字幕版で鑑賞しています。 観るのではない。そこにいるのだ。 もうひとつの体。もうひとつの運命。 観ないつもりだったんだけど・・・・。やはり気になるので、観に行ってきました。「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督の3D映画。何でも構想14年、製作に4年以上の歳月を費やし、完成させたという凄い作品だということで。。。。23日公開まで、バンバン予告編がシアターで紹介されていました。 ついに公開となってな、な、なんと!公開5日間で13億円... [続きを読む]

受信: 2010年1月 7日 (木) 00時38分

» 【アバター】 映画 [じゅずじの旦那]
3Dではなかったけれど、、、  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキングnbsp;【あらすじ】元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。そこで様ざまな発見と思いがけない愛を経験した彼は、やがて一つの文明を救うための戦いに身を投じていく・・・ 監督・製作・脚本:ジェームズ・キャメ... [続きを読む]

受信: 2010年1月 7日 (木) 18時30分

» 映画「アバター AVATAR」素晴らしい映像、すでに名作、何度も見... [soramove]
「アバター」★★★★★オススメ サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング出演 ジェームズ・キャメロン監督、162分 、 2009年12月26日公開、2009年、アメリカ (原題:AVATAR)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「そう遠くない22世紀、地球から遠く離れた惑星パンドラへと やってきた元海兵隊員ジェイク... [続きを読む]

受信: 2010年1月 7日 (木) 21時19分

» 『AVATAR ( アバター )』 [R.LiFE]
どうせ見るなら IMAX で 3D でしょ、ってことで『 AVATAR 』を観てきました。3D映像って、USJ とかで見るターミネーターやセサミなんかをイメージしたりすると、うにゅーんと映像が飛び出してくるっていう感じがウザイんですけど、このアバターはそういう3Dの使い方は少なくて、画面に奥行きを持たせてるっていう感じが多かったし、3D映画を体感するっていう意味においては、確かにエポックメイキング的な作品だと思いました。 あらすじはこんな感じです。 元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実... [続きを読む]

受信: 2010年1月10日 (日) 10時38分

» アバター (サム・ワーシントンさん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆サム・ワーシントンさん(のつもり) サム・ワーシントンさんは、ジェームズ・キャメロン監督の最新作、映画『アバター』(AVATAR)にジェイク・サリー 役で出演しています。先日、3D版で鑑賞しました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年1月10日 (日) 17時00分

» アバター:ジェームズ・キャメロン監督の次回作についてテレビ放送していましたね [ペインターみんみんの油絵制作日記&絵画の画像]
みんみんです。今日の連休最終日も、絵の続きを・・・と思いながらも、だらけて録画映画とドラマを観て過ぎてしまいました。昼のテレ朝系ワイドショーの夕刊キャッ... [続きを読む]

受信: 2010年1月12日 (火) 00時11分

» ハリウッド版「もののけ姫」みたい。『アバター』 [水曜日のシネマ日記]
地球からパンドラという衛星にやって来た人間たちとその星の先住人の物語です。 [続きを読む]

受信: 2010年1月13日 (水) 09時52分

» 今日の報道ステーションで、先日記事にしたキャメロン監督のアバター次回作の・・ [ペインターみんみんの油絵制作日記&絵画の画像]
みんみんです。今日1月14日の報道ステーションでも、先日記事に書いたジェームズ・キャメロン監督のアバターに続く3D次回作についてを特集していました。特集は監督や映画というよりも、お亡くなりになった二重被ばく者の、やまぐちつとむ さんについての特集でした。... [続きを読む]

受信: 2010年1月15日 (金) 21時55分

» アバター [映画的・絵画的・音楽的]
 『アバター』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。  予告編からそのストーリー展開は十分推測できるように思えるところから、わざわざ見に行かないつもりでしたが、アニメ監督の押井守氏が、「あれには10年かけても追いつけない」と言っていたりして、そんなにすごいのならば見てみようという気になり、銀座の大劇場まで出かけてきました。  実際に映画を見てみますと、ストーリーは、やはり事前に予想がつくくらいの単純なものでした。地球からある星の衛星パンドラに派遣された民間の資源開発会社が、その衛星で見つかる貴重... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 06時26分

» アバター AVATAR(字幕3D版) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[アバター] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年4本目です。 【あらすじ】 22世紀。 戦争で下半身不随となり、車いす生活を送っている元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はある日、事故死した双子の兄の代わり..... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 17時35分

» 「アバター」見た男性、脳卒中で死亡=過度の興奮が原因か―台湾 [ペインターみんみんの油絵制作日記&絵画の画像]
みんみんです。ネットのニュースで観たのですが、アバター(映画)で脳の血管が切れて死亡された方が出たそうです。【台北19日AFP=時事】台湾でこのほど、立体的な映像が楽しめる3D映画のSF大作「アバター」(ジェームズ・キ... [続きを読む]

受信: 2010年1月19日 (火) 22時42分

» 「アバター」飛び出す!豪華絢爛・大戦闘スペクタクル絵巻!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[アバター] ブログ村キーワード  「タイタニック」から12年。ジェームズ・キャメロン、遂に動く。全世界待望の新作!「アバター」(20世紀フォックス映画)。はい、吾輩も待望でございました(^^;。しかし、12年も経ったんですか。待たされた分だけ当然期待は高まりますよね。  下半身不随となり、車椅子での生活を強いられていた元海兵隊員・ジェイク(サム・ワーシントン)は、強盗に襲われ殺された兄の代わりに衛星・パンドラで行なわれる“アバター・プロジェクト”に参加する。パンドラには“ナヴィ”と呼ばれる... [続きを読む]

受信: 2010年1月27日 (水) 11時41分

« Lady Metal Band 『Aldious』 | トップページ | LIV MOON/DOUBLE MOON・・・84点 »