« LEAVES’ EYES/NJORD・・・86点 | トップページ | まだある!?『バタフライ・エフェクト3』 10月17日公開 »

2009年9月27日 (日)

映画『プリティ・ウーマン』

Photo_2連れにDVD借りて、久しぶりに観ました。正直、ストーリーなんぞほとんど覚えてなかったのですが、この映画で最も印象に残っているのは冒頭のコイン・マジックにあります。これは私も相当練習しましたぞーっ。最近はあまりやってませんけど、ジャンボ・コイン出すとこ、好きです。

趣味ですが、コイン・マジックは数々かなり練習してます。こう、コインを手に隠し持ちながら生活をするという・・そんなことも昔はあったな。・・・映画の話に戻ります。

なんか言ってましたね、冒頭のマジシャン、「この世はすべてお金次第」なんてことを。

金持ってても幸せになるとは限らないですよ、なんてテーマもあるんでしょうかねこの作品には。“お金で幸福を買うことはできないが、不幸を避けることはできる、”という帯タタキのある本もありましたけど、つまりはそういうこともさらりと描かれている作品なのかもしれません。

キャッチはいつもの街角に別れを告げて 女は“夢”に逢いました。 男は“愛”を知りました。〉夢と出逢い、愛を見つけたふたり。〉こんな出逢いがあってもいいじゃない~という感じ。

やっぱりどうしても印象に残り辛いというか、あっさりしたシンデレラ・ストーリーです。特別ジュリア・ロバーツが好きなわけでもないし、いや、『ノッティングヒルの恋人』(99)とか好きですけど、このプリティに関しては役柄が娼婦であっても何故か娼婦らしく見えない、徐々に綺麗になっていくはずが元々スタイルが良いので大きな変化を感じない、と、あっさり塩ラーメンくらいのノリ。

もっとこってりとんこつラーメン並みのノリでも話は通じますよと言いたい。・・って、意味不明な感想になってしまいましたが・・・もっとドラマが欲しかったかなと。

実業家の役であるリチャード・ギアも、ある種男の紳士・真摯な理想形のように映るが、「こんなやつ、いないよ」とでも言いたくなる立ち振る舞いで違和感があったというのもあります。甘~いです。あっさりと甘口の絶妙なブレンド。

けどこういうのがいいんだろうな~、だから大ヒットしたんだろうな~、などと思ったり。まぁ、ラブコメだしね。あの、ホテルの従業員達とか、いい感じだった。

Photo_3 まぁ、でも、良い映画です。って、後から言っても遅いですが、コイン・マジックがあるからこそ印象に残った映画。実はあれやってたのは・・っていうようなシーンでもあれば尚面白かったかもですが、マジックのシーンが浮いてる映画でもありました。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

余談:なんか、ラーメンが食いたくなってきた・・

プリティ・ウーマン 特別版 [DVD] DVD プリティ・ウーマン 特別版 [DVD]

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006/04/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« LEAVES’ EYES/NJORD・・・86点 | トップページ | まだある!?『バタフライ・エフェクト3』 10月17日公開 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/31535802

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『プリティ・ウーマン』:

« LEAVES’ EYES/NJORD・・・86点 | トップページ | まだある!?『バタフライ・エフェクト3』 10月17日公開 »