« 映画『96時間 TAKEN』 | トップページ | 映画『サブウェイ123 激突 THE TAKING OF PELHAM 1 2 3』 »

2009年9月 2日 (水)

HR/HM ベスト・バラード 〈第1弾〉

検索ワードに“おすすめのheavy metalバラードソング”なんて出ていたので何気にここで好きなものを紹介しようかと。

heavy metalというよりかhard rockになりますが、いずれも当初聴いたときはかなり衝撃的・感動的だったものばかりです。

では、まずはトップ10形式でshine

①DAMN YANKEES
  『HIGH ENOUGH』lovelyアルバム・レビュー参照

②ROBBY VALENTINE
  『DON’T MAKE ME WAIT FOREVER』
weep
                
アルバム・レビュー参照

③STEELHEART
  『She’s Gone』
cryingアルバム・レビュー参照

④ZENO
  『TOGETHER』lovely

⑤LANA LANE
  『LET HEAVEN IN』confident

⑥GREAT WHITE
  『WAITING FOR LOVE』bearing

⑦FIREHOUSE
  『WHEN I LOOK INTO YOUR EYES』lovely

⑧TREAT
  『BEST OF ME』happy02

⑨CAUGHT IN THE ACT
  『I’LL CRY NO MORE』gawk

⑩JOURNEY
  『OPEN ARMS』catface



【解説】
とりあえず思いついたものをCD棚からアルバムを引っ張り出しては取り上げてみました。10タイトルに絞り上げるのは無理があるので、記載していない名バラードはまた次の機会にしたいと思います。

顔の絵は大した意味は無いですが、曲の雰囲気をイメージして付けてみました。分かるようで分からないような感じだな。

③はまさに号泣ソングとでも言いたくなる究極のハイトーン・バラードでマイク・マティアヴィッチの強力な高音域が凄まじい。やや暑苦しいので何度も聴きたい曲というわけでもないですが、最初のインパクトは計り知れません。

衝撃的だったのはなんといっても①。リーバイスのCMで使われましたが、その前に高校の頃、友達に貸してもらったCDに収録されていて、その衝撃は凄まじかった記憶があります。

②のロビー・ヴァレンタインの泣きのバラードも凄いです。ナルな美旋律ここに極まる!って感じで後半のギター・ソロも実に感動的。 

⑤⑧⑩はたまに今でも聴きますね。クセがあまり強くないのでさらっと聴けます。トリートの⑧はキーボードも綺麗だし、爽快な曲なのでドライブで聴くと気持ちがいいです。有名な⑩は『海猿』の主題歌のイメージの方が強くなってます。

北欧メタル風の⑥はギター・ソロが泣き泣きでいい。

⑦はアメリカン・ロックのバラードとして超名曲ではないかと。このヴォーカルじゃないと駄目だっ、といえるラブ・バラードの極みですね。
結婚式で使われる方もいるようです。④もそんな感じの曲だな。

あまり知られてないところで(!?)最後は⑨。地味な出だしだが、サビのメロが絶妙に感動的な名曲だと思います。

|

« 映画『96時間 TAKEN』 | トップページ | 映画『サブウェイ123 激突 THE TAKING OF PELHAM 1 2 3』 »

「★HARD ROCK/HEAVY METAL」カテゴリの記事

コメント

>She’s Gone
※文字欠け訂正あり

投稿: たまさん(主) | 2009年9月 4日 (金) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/31107689

この記事へのトラックバック一覧です: HR/HM ベスト・バラード 〈第1弾〉:

« 映画『96時間 TAKEN』 | トップページ | 映画『サブウェイ123 激突 THE TAKING OF PELHAM 1 2 3』 »