« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月25日 (火)

映画『96時間 TAKEN』

Photo_5

「誘拐された娘を救いたいだけ。」96時間を過ぎれば救出不可能というデータのもと、元秘密工作員の父親が特殊なスキルを生かし、娘を救出するべく人身売買組織に立ち向かう。1時間30分の間、まったく無駄の無い怒涛の展開で画面にくぎ付けだ。

全米初登場1位、9週連続トップ10入りをしたというのもうなずける。全米で1億4500万ドル(約139億円)の興行収入を記録。既に続編の製作も決定しているらしい。

アメリカ政府の下で激務に携わっていたが故に元妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)とは離婚、孤独な暮らしをしているブライアン(リーアム・ニーソン)はたったひとりの娘であるキム(マギー・グレイス)の17歳の誕生パーティに出席し、溺愛ぶりを披露していた。

かなり豪勢な誕生パーティで、レノーアの再婚相手が資産家、ブライアンの出る幕無し?のようにもみえるが、いやはや、娘さんとは今でも大の仲良しのようである。

人気歌手のシーラ(ホリー・ヴァランスだった!)のライヴ入りの護衛を元同僚に誘われた彼は現地で影に隠れていた怪しい悪漢をすぐさま撃退した。彼に好意を抱いたシーラは歌手を夢見ている娘へと連絡先が書かれた名刺を差し出した。

「人気歌手の生活は大変だよ」といいつつ・・なかなか素敵なシークエンスです。

ある日キムから、初めての海外旅行を求められたブライアンは困惑するが、あえなく許可。しかし事態は最悪の方向へなだれ込むことになる。親友アマンダと滞在先のパリで何者かに誘拐されたのだ。とっさにキムの携帯からの音声記録を分析し、現地へ急行したブライアン。彼のスーパー救出劇が開始される。

キャッチは〈父の愛が、パリの街を暴走する〉「娘を助けるためなら、エッフェル塔でも壊してみせる」 彼の意気込みは凄い。 「ビルは壊してない」なんてセリフも印象的だったな。

映画はほぼ主人公であるブライアンの視点から描かれ、愛する娘を助け出したいが為に行動を起こす父親の姿に一気に引き込まれていく。彼は娘を救い出したいだけなのだ。次々に組織の一味を突き止め、容赦なく叩きのめしていく彼の姿「行け!ブライアン!!どんどん行け!!」なんてこと思ったのは私だけではあるまい。

暴力過剰なシーン、いささか都合よく展開していくところはあるが、何故かあんまし突っ込みどころが無い。それは直向な家族の愛の姿が描かれているからであり、冒頭のファミリー・ドラマがしっかり組み込まれているから。アクション多めでも非常にエモーショナルで見応えがあるのだ。

相手が人身売買組織(映画ではアルバニア系のマフィアになっている)というのもあり、人間の尊厳さえ問うている作品ではないかと思った。
麻薬中毒で息途絶えている少女達の無残な姿がなんとも悲痛である。最後には変態金持ちのオークション・・ と、やはり元締めは資産家なのか。

マーシャルアーツを駆使し、バカバカドコドコと疾走する主人公のアクション映画は例えば初期スティーブン・セガール作だったり、シュワちゃんの『コマンドー』っぽかったり、そういう痛快さは申し分なく面白い。

リュック・ベッソンの脚本にしてもよく出来ていたと思う。同じくクレジットされているロバート・マーク・ケイメン(『ベスト・キッド』シリーズも手掛けた人物)が歯止めを掛けたのかな。
それとも監督の手腕が大きいのか。

Photo_8 しかしこれはリーアム・ニーソンの演技に懸っている部分が多いようにも感じられた。思い出せば『ダークマン』(’90)なんてのもあったけど、まさか彼がこんなコテコテのアクションを披露するなんて思ってなかった。50過ぎでいかにも親父っぽい風貌、顔で魅せる独特な表情がまたリアルで凄味があるのですよ。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (7)

2009年8月22日 (土)

CAIN’S OFFERING/GATHER THE FAITHFUL・・・86点

Ko

Music ギャザー・ザ・フェイスフル

アーティスト:ケインズ・オファリング
販売元:マーキー・インコーポレイティド
発売日:2009/07/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する


SONATA ARCTICAを脱退したヤニ・リマタイネンが自身のバンドを率いてメタル・シーンに戻ってきた。しかもヴォーカルにSTRATOVARIUSのティモ・コティペルトが参加している。こうなるとバンドというよりか、一時的なプロジェクト作になるだろうと予想が付くが、期待を上回る完成度でここ最近何度も聴き返している。

ソナタとどうしても比較したくなるものですが、サウンドは結構独特でテクニカル&プログレッシヴ。いやしかし、粒が揃っていて難解ではなく、非常にキャッチーで聴きやすい

疾走感ある①からすんなり聴き込める展開だが、特に⑥と⑩のスピード・メタルが一種のハイライトになっていてアルバムを盛り上げてくれる。⑦⑧⑨も総じてキャッチーで良い。

特筆すべきはダンサブルな音色が聴けるダイナミックなサウンドの③。この展開は素直に凄い!と言いたい。本作はキーボードに初期ソナタのメンバーだったミッコ・ハルキンが参加しているが、彼の活躍は遺憾なく発揮されていて大変目立っている。

ティモはストラトで忙しいとしても、新Voを迎えてでも、ぜひパーマネントなバンドとして活躍してくれることを期待する。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

映画『トランスポーター3 アンリミテッド』

Photo_3元特殊部隊員で格闘技、ドライビング・テクニックがピカイチなプロの運び屋フランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)が大活躍するド派手アクション第3弾。渋い顔つきに肉体美、頭もピカ イチだけど・・いや、カッコイイ!男ステイサムまたしてもやってくれましたという印象。

ある種あんな肉体美は憧れてしまいますね。で、強いのなんの。目にも止まらぬ早業で華麗なまでに格闘アクションが炸裂している

もはやスティーブン・セガールもヴァン・ダムも落ち目な今日この頃、彼は見事にアクション・スターの先人達を継承し、現代に甦らせているようにも見えて嬉しい限りだ。これが見たいから劇場へ足を運んだ人も多いだろう。

今回のは愛車から離れてしまうと爆死してしまう仕掛けが施されていてそこがポイントでした。同乗しているヒロインもキーパーソンになっているし。

個人的に1作目が一番好きなのですが、B級度はさらに上がってしまっている感じで、正直ストーリーは特に前半、何がなんだか分からない。随所にある派手なアクション・シーンがとにかく目に付きます。

ヒロインの女性が何者なのか正体が判明してから微妙なまでに面白くなりますが、この時点で一気にクライマックスに差し掛かってしまっているので前半の展開のトロさがなんとも惜しいと思った。何度かウトウトしちゃったしね(汗)。

いかんせん、ヒロインに魅力が足りなかった為に安っぽい映画になってしまった印象がある。意味不明なラブ・シーンとか、ま、それをいえば格闘シーンだってあんまり意味がないのですが。ストーリー性はなかったですね。いまいち理解できない展開の物語だった。

フランクの友人である警部とのほんわかしたシーンや、悪役のおっちゃんが『プリズン・ブレイク』に出ていた俳優さんだったり、そういうところは味があって良かった気がする。

フランクと愛車が湖に落っこちるんですけど、離れると爆死するから一緒に上陸しようとするんですね。「ありえねー!!」と思いつつ、トラクターに引っ張られて陸に上がってくるフランクの姿が微笑ましくもあり。超人っぷりは007的だなーと思ったりもする。たまにジェイソン・ボーン的でもあり・・。

この運び屋には3つのルールがあり、「契約厳守」「依頼人の名を聞かない」「依頼品を開けない」という決め事があった。今回は時と場合に応じてルールを破っちゃうという、ご法度ぶりが出てきてこれも作品を安っぽくしている要因になってしまっているようなところ。

3度ほど睡魔との闘いを経験しつつ、なんとか最後まで観れた本作。ゲームのような感情移入できないストーリーはもう少し何とかして欲しかった。

Photo_5場内家族連れも結構いたし、気楽に楽しめるハイスピード・アクションは痛快で見応えあると思う。この男、ジェイソン・ステイサム、今度は『アドレナリン:ハイ・ボルテージ』で登場である。彼のド派手なアクションを期待する人にはまたしても必見作だろう。

とにかく、カッコイイから。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (13)

2009年8月10日 (月)

映画『レイクビュー・テラス 危険な隣人』

Photo「いいなー、あんなプール付きの豪邸に住みたいなー」、なんて思うのもつかの間、警官である隣人から不条理な嫌がらせを受ける事になる引越してきた一組の新婚夫婦。厳しいトークと鋭い目つきの隣人にたじたじ。けどこの男、なんか裏がありそうだ。

LA市警の厳格な親父エイベル(サミュエル・L・ジャクソン)。2人の子供にもつらく当たるが、愛するが故の厳しさだと認識。

で、隣に越してきたラブラブ新婚夫婦クリス(パトリック・ウィルソン)&リサ(ケリー・ワシントン)。物語はかなーり悲劇的なまでにエスカレートしていきます。これが未公開作ながら、見応えのある展開。

サミュエル・L・ジャクソンが出てるから面白そーと思って見た作品。製作にウィル・スミスの名がありこれも話題だろう、全米初登場1位。

舞台となるのはタイトルの通り『レイクビュー・テラス』。ロス暴動の引き金になったとされる1991年の“ロドニー・キング事件”が起きた場所である。アメリカの多人種社会をテーマにしつつ、日常に起こりうる、もしくは起こっている身近な家庭ドラマを描ききっていると思った。

土地柄もあるのだろうけど、この映画での原因は結局、夫婦間のイザコザなのですね。サミュエル警官は最初かなり真面目な印象だったのに、偏屈さがだんだん出てきて仕舞いには・・って感じですから。白人だから、黒人だから・・というわけでもない印象を受けた。

誰が絶対的に悪いようにも見えず、理不尽な話ではある。新婚夫婦はやや浮かれすぎ警官は厳しすぎ、いやしかし、おバカな隣人戦争に発展していくあたりは映画的に面白く見せようとしている感じ。

最後まで頑固一徹になると思っていたサミュエル警官の変貌ぶりがなんか惜しかったような。「それはやりすぎだろ!」と、新婚夫婦に同情してしまう。

Photo_4ジャケの雰囲気からしてコテコテのサスペンス・アクションかと思いきや、身近な家庭の物語をじっくり演出していくので分かりやすい。社会的なテーマをにおわせつつ、個人と個人のドラマに感情移入できる仕上がり。

サミュエル・L・ジャクソンの怪演が、唖然とするラストで終幕を迎える。なかなか見応えあった。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

レイクビュー・テラス 危険な隣人 [DVD] DVD レイクビュー・テラス 危険な隣人 [DVD]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2009/08/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レイクビュー・テラス 危険な隣人 [Blu-ray] DVD レイクビュー・テラス 危険な隣人 [Blu-ray]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2009/08/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

映画『ドラゴンボール EVOLUTION』

Dbe_2話題が話題を呼ぶ『ドラゴンボール』実写版!やっと見れた。てか、これ、「ドラゴンボール?」というキャラ設定&展開で、違和感ありまくり。かなり酷評飛び交ってましたし、まぁ、こんなもんだろうと思って見ていたのだけれど。CGは凝ってるんだけどなー。

製作総指揮に鳥山明の名前がありますけど、ほとんど関わってないでしょうね。原作の世界を思い切りぶち壊しているというか、別物として見るべきなのかもしれない。

原作は子供の頃から全部読んでるし、大好きでした。終了してからもう何年も読んでないので忘れている部分はちょいちょいありますが、強力なキャラクターが生きてこそのドラゴンボールなので今回の実写化はどーなんだろーかと。

日本からは田村英里子が出演していることでも話題でしたね。マイの役になっているのですが、本来原作ではピラフの手下であるはずなのに何故かピッコロ大魔王の側近になっている。

こういうなんで?どして!?っていうキャラクターの展開がやたらと目立ちます。ピッコロはジム・キャリーの『マスク』(94)に見えました。

短い時間枠にたくさんのエピソードを詰め込もうとした為なのか、いやでも、この脚本では辛い。本編86分にあのキャラの個性とアクションを魅せていくのは無理。設定も大きく変更されている。

最初はなんだか『ベストキッド』(84)のようにも見えた。学園ドラマも入ってます。

「ダニエルさん!」と、ノリユキ・パット・モリタが出てきそうな雰囲気なんですけど、悟空役はジャスティン・チャットウィンでなかなかカッコよい風貌。たまにマジシャンのセロに見えるんですね、“セロバウアー”も見れたし。基本的にはじいさんの孫悟飯(生きてた)の下で修行を積んでいるので強いのだけど、いじめられキャラ。あとで思いっきり仕返しをしていた。あの、パーティへ行く途中のアクション・シーンはカッコイイ映像でした。

で、いきなりブルマが登場してくるんですけど、この方がカワイイ。エミー・ロッサムという女優さん、合ってます。好戦的な印象ですけど、原作ほど性格が悪いようでもなく。
持っていたドラゴンレーダーは1000円くらいで売ってそうな安物に見えたけど、一応科学者ですからね、ホイポイカプセルもちゃんと見れた。投げずに置いて、みるみるバギーに変化。ほいっとぽいっとって感じではなかった。

亀仙人がチョウ・ユンファってのがまた驚きで(苦笑)。エロじじいが、微妙にテンションの高いセクハラおやじになってました。あの、かめはめ波を放出する際の決めポーズは可笑しかった。

あ、悟空のガール・フレンド役にチチ(ジェイミー・チャン)も出てました。やたらと展開の早い恋愛描写とか、いらなかったような気が。ブルマとヤムチャ(パク・ジュンヒョン)も同じく。彼は女性が苦手なはずなんですけど、只のチャラ男に見えた。

Photo_2展開が早いの何のでよくわからないストーリー。映像は壮大なのだが、突っ込みどころ満載でどうしょうもない。ピッコロなんて、むちゃくちゃ強いはずなのに、悠長にドラゴンボール探す必要もないじゃねーかと思ったね。そっか、ドラゴンボール集められるのも嫌なのか。まぁ、悟空に早めに、おもいっきしやられてましたけど。

そんなこんなで、なんだかんだ言って楽しんで見ていたのかもしれない。あれ?

DVD収録特典で井上聡(次長課長)の音声解説がみれるのですが、こっちのほうがある意味面白いので、購入される方は必見!と言っとこう。

また原作を読み返してみたくなった。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 ドラゴンボール EVOLUTION 特別編 ドラゴンボール EVOLUTION 特別編
販売元:ハピネット・オンライン
ハピネット・オンラインで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (4)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »