« お気に入りの映画DVD | トップページ | 婚カツ!第9話『クニが好き!』 »

2009年6月15日 (月)

映画『D-WARS』

Dwars_2このバカでかいヘビの宣伝写真がなかなか衝撃的でして、前から見たかった作品。上映時間90分だし、まぁ、安いB級映画かなーと思っていたのだが案の定そうであり・・。いや、それなりに楽しめた作品。

これ、主要な舞台はLAだが、韓国映画だった。昔話が出てきたときはコリアン・テイスト全開の悲恋物語(!?)が展開し、安っぽいCG映像に愕然とするが、「いったい何の話?」っていうのはさておき、後半の街を破壊するド迫力戦闘シーンは「おおっ」と身を乗り出して見てしまう優れものだった。

やへんてこなエネルギー砲を装備するゾウ+カバみたいな怪物、なんとなく凄みのある鎧軍団、そして突進する巨大ヘビ

軍隊はそんなファンタジー軍団になすすべが無い。人類の命運はサラ(アマンダ・ブルックス)という左肩に竜のアザがあるひとりの女性が握っていた。彼女、ジョディ・フォスターの『フライトプラン』(05)に出ていた女優さんだそうです。気が付かなかったな。

幼少期に古美術商の怪しいおっちゃんから聞いた話と運命的な前世の記憶に導かれ、サラとご対面するTVレポーターの青年イーサンに「THE JUON/呪怨」のジェイソン・ベア

韓国出身のシム・ヒョンレ監督の第2作にあたる本作、監督のモンスター映画・特撮への情熱は相当なものらしく、全米公開へ漕ぎ着けたのも並ならぬ苦労があったようだ。結果、全米では2275館で公開され、興収成績は初登場5位となり話題に。

さすがにその映像は見応えある。冒頭のCGは何だったの?」と言えるほどに後半のバトル・シーンが凄い。

別にファンタジックな描写や微妙なラブ・ストーリーはいらんから、徹頭徹尾戦闘アクションで突っ走ってくれたら良かったのに。

D-WARSの“D”って、ドラゴンのDだったのですね。最後に出てきたそれの造形美はなんともカッコよいではないですか。ドラゴンボールみたいだけど・・。暗いからよく見えないけど・・。 怪獣同士のバトル勃発

Dwars2_2随所でいろんな映画を思い出す場面があります。一つや二つじゃなくていろいろ(笑)まぁ、そんなB級感覚が楽しい映画なので、子供さんにはたまらない作品かもしれません。最後は切ない別れのシーンのはずだけど・・何も感じないところは漫画的。

製作の裏側を知ると、良く頑張った!よくぞ創ってくれた!!と、思わず応援したくなる韓国映画だ。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

D-WARS ディー・ウォーズ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD] DVD D-WARS ディー・ウォーズ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2009/06/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

D-WARS ディー・ウォーズ [Blu-ray] DVD D-WARS ディー・ウォーズ [Blu-ray]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2009/06/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« お気に入りの映画DVD | トップページ | 婚カツ!第9話『クニが好き!』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/30120111

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『D-WARS』:

« お気に入りの映画DVD | トップページ | 婚カツ!第9話『クニが好き!』 »