« 婚カツ!第4話『女からの愛の告白』 | トップページ | 婚カツ!第5話『女の涙 男の涙・・・』 »

2009年5月17日 (日)

映画『グラン・トリノ』

Photoこの顔つき、「あ、ダーティーハリーだ」。孤独で偏屈な老人が町のチンピラに立ち向かおうとしたとき、その姿が一瞬蘇った。『ミリオンダラー・ベイビー』(04)で最後の映画出演となると思いきや、アクション風味を交えての復帰作です。

最初は結構やんわりしたヒューマン・ドラマだろうと思って見ていたのですが、なかなかにこの老人は頑固者でして、ちゃらちゃらした若者や自分の息子家族にさえ嫌気が差す毎日で、悪態のつきっぷりが笑わせます。

78歳のクリント・イーストウッド。監督・主演も兼ね、もはや彼の集大成ともとれる作品のような気がしました。政治的な難しい話はほとんど無く、ストリートで生きる若者や家族の物語は案外身近に感じられるものです。

宗教、差別、若者の犯罪とアメリカが抱える問題をテーマに持ってきているように見えますが、日本でもこのような光景は見れます。ひとつ違うのは銃があるか無いか。

接客業の傍ら、過去様々な人々を目撃してきましたが、『他人』に迷惑を掛ける輩も大勢見てきました。 

ブログ時代へ突入してからはすっかり問題を起こすような人間はあまり見かけなくなりましたが、それでも例えば突然小さな事で罵声を浴びてくるおっさんや、ゴミをちらかす若者、万引きをする輩でも出てくればこちらも怒鳴ることがある。子供だけでなく、“バカ親”達も多数見た。実際こういう人間を目前とすると、キ○ガイ以外の何者でもないように見えるものだ。

ふと、脳裏によぎる。 「お前ら、ここが銃社会だったら、どうなる?」と。まさしくこの映画の主人公ウォルト(イーストウッド)の行動が映し出されるワケです。但し彼の場合、敵対心がかなり強く危険極まりない。

朝鮮戦争の帰還兵である元自動車工のウォルトは戦場の凄惨な体験もあり心を閉ざして生きている孤独な老人。妻にも先立たれ、息子達との関係もギクシャクしている。訪ねてくる新米神父にも悪態をついている日々。

そんなある日、隣家のアジア系移民家族であるモン族少年タオ(ビー・バン)が不良グループに嫌がらせを受けているところを目撃しつつ撃退。それを機に、姉のスー(アーニー・ハー)含め親切なモン族との付き合いが続き、彼の中で変化が訪れる。

不良グループにそそのかされてウォルトの愛車“グラン・トリノ”を盗もうとしていたタオは罪の償いとして彼の下で働くが、やがてウォルトは「トロ助」だったタオの成長ぶりを見て生き甲斐を感じるようになる。

暴走する不良達を許せないウォルトはそのひとりを叩きのめすが、隣家へ報復の銃弾が浴びせられ、スーも襲われることに。その後彼が取る行動とはー。

冒頭から伏線となるシーンが出てくるのでおそらく彼のラストは『死』であると想像しましたが、自らの戒めの意味もあったのか最期があまりに悲しいシーンとなりました。周りの観客がすすり泣いておられるので思わずもらい泣きしそうになった。

こんな時チャールズ・ブロンソンならどうするだろう・・スタローンなら・・

しかし、やっぱり暴力には暴力をでは駄目なんだよと、戦争体験者が語る広義のメッセージと受け止められます。

Photo_2イーストウッドの一挙一動がとても印象に残る。老人の気持ちに同化しそうになった。これだけ心に残る映画は稀です。おかげでこの映画観た夜はブログになんて書こうか考えながら、眠れなくなったぞ(苦笑)映画出演最後と囁かれているが、また自らの監督作で出てほしいです。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

|

« 婚カツ!第4話『女からの愛の告白』 | トップページ | 婚カツ!第5話『女の涙 男の涙・・・』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/29648129

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『グラン・トリノ』:

» 時間もまた繋がっている [人と人との繋がりが悟り]
私が思う過去と現在と未来の繋がりのお話です 人と人との繋がり のお話をこのブログ... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 13時49分

» 「グラン・トリノ」 信念を託す [はらやんの映画徒然草]
人は長い間生きてくると、その人にとって生き方の信念を持ってくるようになります。 [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 13時56分

» 『グラン・トリノ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「グラン・トリノ」 □監督 クリント・イーストウッド □原案 デヴィッド・ジョハンソン □原案・脚本 ニック・シェンク □キャスト クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ジョン・キャロル・リンチ■鑑賞日 4月29日(水)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 人生は肩の力を抜いたところから始まるような、そん... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 15時31分

» グラン・トリノ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
予告もチラシも見ずに、予備知識なしで鑑賞―で、、、≪グラン・トリノ≫って車のことだったのね〜【story】朝鮮戦争の退役軍人で、自動車工の仕事を引退したウォルト(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ、息子たちとも疎遠で単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン)とその姉スー(アーニー・ハー)と知り合う。やがてウォルトとタオの間に友情が芽生えていくが―     監督 : クリント・イーストウッド 『チェンジリ... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 18時03分

» 「グラン・トリノ」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; クリント・イーストウッド監督、主演作品。主人公のウォルト・コワルスキー(イーストウッド)はデトロイトに住む、元フォード自動車の組み立て工。妻に先立たれ、二人の息子とは性格が合わず疎遠。(うち一人は皮肉な事にトヨタ車のセールスマン)近隣からは白人住民がほとんどいなくなった住宅街に一人暮らし。ポーランド系白人で、人種への偏見が強い昔気質の頑固者。自らが組み立ての工程に関わった愛車72年型グラン・トリノを愛でながら、ポーチでビールを飲むのが楽しみという老人... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 19時10分

» ★「グラン・トリノ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは・・・といっても、 まだまだGWが続いてるみたいな雰囲気の木曜日にチネチッタで鑑賞。 平日のチネチッタは割引なしなので、 駅地下のアゼリアの金券ショップで1300円の共通前売り券を買ってから、 チケット入手するのが賢い選択!!... [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 03時13分

» グラン・トリノ [映画の話でコーヒーブレイク]
私、ずっとクリント・イーストウッドが苦手でした。 子供の頃、西部劇好きの父と「荒野の用心棒」などのマカロニウエスタンを見て、 アメリカもんの西部劇とは違うシリアス暴力系を楽しめなかったんです。 小学生にマカロニウエスタンはあかんやろ〜。 その後、積極的にイーストウッド出演・監督作を見ることは無く(見ても忘れてしまって・・・) 久々に見たのが「ミスティック・リバー」。 友人にただのチケットがあるからと誘われホイホイと付いていったけれど、後味悪〜い。 アカデミー主演・助演男優賞獲得で注目作だったけれど・... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 00時53分

» 『グラン・トリノ』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
クリント・イーストウッド監督・主演の最新作『グラン・トリノ』を観てきました。 評判に違わぬ素敵な作品でした。最後の方は本当に涙、涙。。。 ******************** 『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』の巨匠クリント・イーストウッド監督が、自ら... [続きを読む]

受信: 2009年5月21日 (木) 17時41分

» グラン・トリノ を観ました。 [My Favorite Things]
会社帰りに観ちゃいました…。クリントさんすっかりおじいちゃまですね。 [続きを読む]

受信: 2009年5月27日 (水) 13時48分

» 「グラン・トリノ」すべての人へ…見てください! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワード   クリント・イーストウッド4年ぶりの主演、そして監督作、「グラン・トリノ」(ワーナー・ブラザース)。終焉の時を迎えた男が選択する“人生の幕の降ろし方”に、熱い涙がこぼれます。  妻に先立たれたウォルト(クリント・イーストウッド)は、朝鮮戦争の帰還兵。“頑固で偏屈な年寄り”として2人の息子や、その孫達とも折合いが悪く、1人で単調な日々を過ごしていた。生前、妻から『懺悔をさせてほしい』と依頼され、その為に訪問してくれた神父(クリストファ... [続きを読む]

受信: 2009年5月28日 (木) 23時55分

« 婚カツ!第4話『女からの愛の告白』 | トップページ | 婚カツ!第5話『女の涙 男の涙・・・』 »