« 婚カツ!第2話『ウソは恋の始まり』 | トップページ | PLACE VENDOME/STREETS OF FIRE・・・87点 »

2009年4月29日 (水)

AMBERIAN DAWN/THE CLOUDS OF NORTHLAND THUNDER・・・84点

Photo

Music ザ・クラウズ・オヴ・ノースランド・サンダー

アーティスト:アンベリアン・ドーン
販売元:マーキー・インコーポレイティド
発売日:2009/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これはなかなかいいアルバムです。昨年出た1stはまぁまぁな印象でしたが、今回はちょいとパワー・アップしています。

フィンランド出身にしてサウンドは同郷のNIGHTWISHタイプだが、メロディック・スピード・メタルしてる②がいきなりカッコイイ曲で、クラシカルに疾走する様が圧巻。このヴォーカルの歌いっぷりはターヤとは違いどこかエロティックで吸い寄せられるような魔力がある。

トゥオマス・セッパラ(g,key)を中心とする6人組、トゥオマスは6歳の時にピアノを始め、15歳までに音楽学校での課程を全て修了したとライナーにある。ピアノを勉強しつつ、メタルも好きだったようで、ギターも始めたらしい。

キーボーディストがリーダーのバンドは強い。さらにもう2本ギタリストが在籍しており、カスペリ・へイッキネン(g)と本作レコーディング後にエミール・ポーヤライネン(g)が新加入している。

作曲は全てトゥオマス、作詞はヴォーカルのヘイディが担当している。

キャッチーな③、ピアノ・バラード④、疾走しまくる⑤、フォーキーなアップ・ナンバー⑦、インギー風のクラシカルな⑧。魔法ちっくな⑨、勇壮に疾走する⑩、潤いのある⑪、ダークなバラード⑫と後半も粒が揃っていて全体的に楽しめる。

煌びやかなKeyのイントロが印象的なボーナス・トラック⑬も聴き逃せない。今後こういうキラキラ系のキーボードも聴いてみたい。

スピード・メタル②⑤⑩がハイライトになり、飽きないアルバムになっている。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

|

« 婚カツ!第2話『ウソは恋の始まり』 | トップページ | PLACE VENDOME/STREETS OF FIRE・・・87点 »

「★HARD ROCK/HEAVY METAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/29347646

この記事へのトラックバック一覧です: AMBERIAN DAWN/THE CLOUDS OF NORTHLAND THUNDER・・・84点:

« 婚カツ!第2話『ウソは恋の始まり』 | トップページ | PLACE VENDOME/STREETS OF FIRE・・・87点 »