« 映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 | トップページ | HARLAN CAGE/HARLAN CAGE・・・85点 »

2009年2月 7日 (土)

映画『ダーク・フロアーズ』

Df1フィンランドの国民的人気怪物ハード・ロック・バンド、ローディ原案・総出演のホラー映画。1月23日からレンタルリリースとなり日本上陸。祖国では昨年2月に公開され、いつ来るかと待っていたらいつの間にかレンタルでのリリース。

監督・脚本はローディのPVを全て手掛け、欧州のミュージック・アウォードで最優秀監督賞など数々の賞を受賞してきたピート・リスキ

完成度の高い彼らのPVを見るだけでも映画的な映像美が楽しめましたが、ようやくMr.Lordi(Vo)のイメージ戦略が映画という舞台で実現されたようです。

HR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)と映画主体のこのブログ内において、度々ローディの記事は取り上げてきましたが、まさしく当ブログうってつけのエントリになります。

ま、映画自体はB級ですし、なんせローディのメンバーそのまんま出てますからホラー映画にしてもあんまり・・というか、まったく怖くないです(汗)

さらに出演者達がステレオタイプ・・というか、皆あんまし驚かないので、余計に怖くない。これは世界トップの高い教育水準を誇りつつもシャイなフィンランドの国民性に由来しているのかなー・・。“シャイ”っていうのは勝手なイメージですけど、全体的に冷たい印象で感情の起伏が薄い。

ローディを知らない人が見たら「つまんないっ」ってことになるかも。早送りする人もいるかも。けれどもフィンランドでホラー映画が出てきたこと自体が話題ですし、この映像美はなかなかたいしたものだと思いつつ観てました。

Photo話は、とある病院のCT検査で拒絶反応を起こした自閉症の娘の身を案じ、病院から連れ出そうとする父親のシーンから始まります。前置き無しにいきなり始まり、何故か病院を変えず考え直すように説得する女性医師、それと黒人警備員、おじいさん・・と、エレベーターに乗り込んだ彼らを待ち構えていたのは異世界の扉。

そのフロアには院内のスタッフが誰もいない不思議世界。やがて恐るべき魔物たちが現れるのでした。

ストーリー性はほとんど無く、登場人物の会話も少ないので退屈だが、ある意味それこそが不気味な演出と思えたり(苦笑)

とにかくローディのメンバーがいつ現れるだろうと待ちわびつつ、出てくる出てくる(笑)一番怖く見えるのはCGで襲い来るバンドの紅一点のアヴァ(Key。バンドのキャラ設定では吸血鬼伯爵夫人となっていますが、あの顔がまず怖いね。

最後の最後にMr.ローディが目立って登場します。なんだか意味不明ですけど、バンドの存在を知っているからこそ、それなりに楽しめた作品だった。

特典にテレビ東京の女子アナ2名の解説があります。こちらも必見(笑)

ローディのアルバム・レビューの記事
→1st『GET HEAVY
→3rd『THE AROCKALYPSE
→4th『DEADACHE

映画の予告編の記事
Lordiの映画『Dark Floors』はどうなの

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

DVD ダーク・フロアーズ [DVD]

販売元:テレビ東京
発売日:2009/04/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 | トップページ | HARLAN CAGE/HARLAN CAGE・・・85点 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/27860343

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ダーク・フロアーズ』:

» 一番視力にいい食べ物はブルーベリー!? [視力回復手術をしない視力回復トレーニング方法【川村明宏の視力回復訓練法】]
ブルーベリーが一番じゃない理由とは!? 一番視力にいい食べ物はブルーベリーではありません。 本当に視力にいい食べ物を3つご紹介します。サポート的な役割としてお使いください。 メガネ・コンタクトが必要なくなる視力回復法! この視力回復を知ることで、あなたはメガネ・コンタクトを必要としなくなります。 裸眼でハッキリと見えるようにするのがこの視力回復法の実�... [続きを読む]

受信: 2009年2月 7日 (土) 18時05分

« 映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 | トップページ | HARLAN CAGE/HARLAN CAGE・・・85点 »