« HARLAN CAGE/DOUBLE MEDICATION TUESDAY・・・88点 | トップページ | IN THIS MOMENT/THE DREAM・・・89点 »

2009年2月20日 (金)

映画『ハートブルー POINT BREAK』

Photoキアヌ・リーブスがはみ出し刑事に扮する新作映画『フェイクシティ ある男のルール』が気になりつつ思い出したこの映画『ハートブルー』(91)。冒頭から銃を持ってる姿が印象に残っているのですね。あと“敵”と対面するとき。

確か高校の頃、親父と一緒に茶の間で見てました。「こいつらが犯人一味で・・あ、ここで分かっちゃった」てな具合に楽しんで観ていた記憶があります。

何が分かったかというと、キアヌ扮するエリート新人のFBI捜査官ジョニー・ユタ歴代大統領の覆面銀行強盗団を追っているさ中、潜入捜査でサーファーとして友情を育んだ強盗団のボスに顔がばれちゃった時のシーンのことです。ユタは彼の事をまだ分かっていないながらもボスにはばれてしまった。あっちゃ~のシーンです。

そのボスにしてカリスマ・サーファーに扮したパトリック・スウェイジ「今を生きている」って感じの、海を見つめる魅力ある男を好演していました。

銀行強盗をしているとはいえ、人の命を奪うことは無く、暴力は嫌いと言う相反するかの行動心理を有する犯罪者であり、金を奪うはものの90秒、やってることの意味は体制へ反する心。

根っからの悪人というわけでもなく、自然に生きる"人生"を悟った男なのだ。

しかし、ユタとの友情もつかの間、捜査の介入があった事が分かると彼とその仲間たちの間にも亀裂が走り、サーファー仲間でありユタの恋人となった女性(ロリ・ぺティ)も危うい状況下に置かれることとなる。

監督は『ブルースチール』(90)『K-19』(02)のキャスリン・ビグロー。製作総指揮のジェームズ・キャメロンは元夫です。

サーフィンやスカイダイビングの爽快さを盛り込みつつ、ハードなアクションを展開させる監督の手腕は女性でありながらも鋭く、特に後半は見せ場も多い。

今、冷静にこの作品を見ると、FBIのユタ捜査官は同行するおやじ捜査官(ゲイリー・ビジー)共に仕事とはいえ、周りにとって大変迷惑な行動をとるおバカさんであり、死人を大勢出しすぎ。そりゃ上司も怒るだろう。

今でもこの作品が好きでいられるのは犯罪者の心理を友情というフィルターを通して描いているからだと思います。

Photo_2まっすぐ真面目なまでに活躍するキアヌの勇姿は映画『スピード』(94)でも観れましたが、そんな役柄が似合う俳優さんだと、この作品を10数年ぶりに再度観て思いました。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD] DVD ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2006/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« HARLAN CAGE/DOUBLE MEDICATION TUESDAY・・・88点 | トップページ | IN THIS MOMENT/THE DREAM・・・89点 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんはm(__)m
トラック・バックで遊びに来ました。
『ハート・ブルー』は好きな作品です。
キアヌも不思議な友情を感じたかと思います。
『ブルースチール』は中古探してますが
見つからないですねcat

投稿: 盆踊り | 2009年2月20日 (金) 20時36分

盆踊りさん、
コメントありがとうございます。

捜査対象でありながらも男同士の友情、不思議ですね。

『ブルースチール』の中古、いまだかつて一度もお目にかかったことはないです。私ももう一度見てみたいと思っているところです。

投稿: たまさん(主) | 2009年2月21日 (土) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/28226462

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ハートブルー POINT BREAK』:

« HARLAN CAGE/DOUBLE MEDICATION TUESDAY・・・88点 | トップページ | IN THIS MOMENT/THE DREAM・・・89点 »