« 映画『007 カジノ・ロワイヤル』 | トップページ | オバマ米新政権発足 »

2009年1月21日 (水)

映画『007 慰めの報酬』

Photo_16カジノ・ロワイヤル』から異例の続編となり、しかも前作から1時間後の設定で冒頭から激しいカーチェイス&銃撃戦の嵐、巻き込まれる周りの人達が気の毒だ~と思うのは暴走気味なボンドの活躍が目立つから。

それにしても前作は良く出来た物語で、生身の肉弾戦・銃撃戦が目立つ中でも、ヴェスパーの存在感があったからこそ印象に残っている。

今回も新たなボンドガール、カミーユ(オルガ・キュリレンコ)が登場しますが、色恋沙汰はほとんど無し。ヴェスパーの姿を引きずっているボンドの不条理ストーリーを見ている感覚です。

キャッチに「傷ついた心が、共鳴する」とあり、それは愛する女性を亡くしたボンドと悲痛な過去を持つカミーユの行動心理を表しているかのよう。

リアル志向を受け継ぎ、今回も秘密兵器なんかは登場せず、結構地味な作風になっていPhotoた。前半は正直ちょっとウトウトしかねない展開(汗)偽善エコロジーな会社組織のCEOであるドミニク・グリーン(マチュー・アマルリッ ク)と、共謀するボリビアの将校。時代を反映させたかの設定がいいのですが、もうひとつ何をやっている組織なのかが分からず尻切れトンボな印象もある。

前作から繋がる謎のテロ組織は皆やってることバラバラで、それは当然なのかもしれないが、どう取引されているのか観ている方には微妙に理解しにくい。

たとえばこのサイトなんかを見て人物相関を予習してから作品を鑑賞するほうが分かりやすくていいかも。事前知識ほとんど無しで観ておりましたが、カミーユの正体を知ったときは「へぇ~っ」って思いましたから、彼女が何者かなのだけは知らなくていいかもね。

MI6の元諜報員マティス、カジノでボンドに手助けをしていたCIAのフィリックスも再びさりげなくお目見えし、それはそれで味があって良い。

M続投するMはボンドにとって母親のような・・というか、それ以上のよき理解者。今回も前作にちなんだやりとりが見れてその存在感は必要不可欠なもの。こんな頭の切れるおばちゃんは近所にはいないよな・・。(いたら怖い)

愛する女性を亡くし、何に立ち向かっているのか分からないながらも闘いに挑んでいるボンドの姿はジェイソン・ボーンを思い出します。ダニエル・クレイグのボンドはボーンの対抗馬になるのか!?

ボンドとカミーユ、行動を共にするふたりのアクションは後半から面白くなってくる。惜しむKらくは、人物背景をもう少し掘り下げて魅せてくれれば良かったかなーと思います。フラッシュバックで、ヴェスパーの過去の姿なんかを挿入しても良かったような、、淡白なボンドの心情がどうも・・っていう物語に終始してしまって、カミーユも同様にもうちょっとドラマが観たかった。

見応えはあるんだけどあっさり早く終わってしまい、どうも印象に残りにくい映画でした。故に記事にするの遅くなりました・・。これ観た後に『カジノ・ロワイヤル』を観ると、「ああ・・カジノ、やっぱり面白い」って、思っちゃいます。

その後、さらにもう一度『慰めの報酬』を観ると、もしかして1回目より楽しめるかも(!?)クレイグ版ボンドはまだ続くようだし、早くも次作に期待。 ヴェスパーは実は生きていた!!なんてことには・・なりませんわな(^ ^;

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 映画『007 カジノ・ロワイヤル』 | トップページ | オバマ米新政権発足 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

アクションは迫力満点でそれなりに面白かったのですが、
ストーリーがイマイチな感じでした。
前作を復習しなかったのも良く無かったかな・・・
でももうちょっと緊迫感があるかと期待してました。

投稿: non | 2009年1月23日 (金) 15時38分

こんにちは~♪
『愛する女性を亡くし、何に立ち向かっているのか分からないながらも闘いに挑んでいるボンドの姿はジェイソン・ボーンを思い出します』
アクションシーンもボーンのようでしたが、心理的な面でもボーンを彷彿とさせましたね。
でも、ボーンは自分が何者か分からなくって、それを追求する姿勢が明確でしたが、ボンドは見ている方も何をしたがっていたのかイマイチ意味不明のところがあった気がしたのは残念です。
もう少しじっくり描いても良かったですよね~
怒涛のスピード感のまま終わってしまったので、印象に残らないかも・・・

投稿: 由香 | 2009年1月23日 (金) 15時57分

>nonさん、
なんか、すっきりしない物語でしたよね。
悪役の方にはもっと悪ぶってもらったほうが
アクションも冴えたのではないかと思われます。
あの将軍もほとんど印象に残ってないです。

投稿: たまさん(主) | 2009年1月24日 (土) 11時21分

>由香さん、

愛する女性と平穏に暮らしたい(仕事を辞めるつもりだった)のにいろいろ刺客がやってくるし困った・・けど俺は普通の暮らしなんて出来ないんだよな、、

そんなやるせない印象をひきずったまま今回の話に突入したもので、「不条理ストーリー」と記事にしました。

「真実を見いだす旅、自分自身を突き詰める物語」としてボーンを彷彿とさせますが、ボーン・シリーズが面白かったのはおっしゃるとおり追求する姿勢が明確だったからなのですね。

もうちょい時間長くして、ボンドのドラマを描ききって欲しかったように思います。詳しいことは次回に続くかな!?

投稿: たまさん(主) | 2009年1月24日 (土) 13時00分

たまさん、こんにちは!

このシリーズ初の続編だったので、ボンドガールとの恋愛があるとボンドのキャラクターの継続性がおかしくなるのでできなかったのでしょうね。
本作でヴェスパーへの気持ちも整理できたかもしれないので、次回作はまたボンドガールとの恋愛はあるかもしれないですよね。

投稿: はらやん | 2009年1月31日 (土) 14時09分

はらやんさん、こんにちは。

次回作はかつてない弾けたクレイグ版ボンドが見れるかも!?ですよね。そうなると昔のキャラクターに逆戻りでしょうか。

恋愛劇がうまくミックスされて再び大活躍なボンドの姿が見れるかもしれませんね。

投稿: たまさん(主) | 2009年1月31日 (土) 15時17分

今晩はrain
コメント・TBありがとうございました!
この作品は賛否両論の意見に別れていますね。
往年の007シリーズファンの方には、
ちょっと期待はずれのようですが。ダニエル・ボンド、
悪くないのですが、ちょっとオリジナリティにかける
のでしょうね。アクションをメインにした作品は
結構ありますからね。それにしてもスタントにはかなり
力を注いだようです。ダニエルの話によると、前作の
2倍のスタントに挑んだそうです。

投稿: mezzotint | 2009年1月31日 (土) 19時05分

こんばんは!
おじゃまするのが遅くなりまして、ごめんなさい。。

007というよりもダニエル・クレイグのボーンシリーズでしたね^^;
上映時間が短いというのもあるけど、説明がたらなかったかな。
もう少し長くしてもよかったですね。
私もカジノみなおしたら、カジノのほうがおもしろかったです。

投稿: アイマック | 2009年1月31日 (土) 21時12分

>mezzotintさん、
当日は雨でしたね~。

面白い!っていう方と微妙・・っていう方に分かれているような感じですが、ウチはどうもすっきりしませんでした。

なるほど・・オリジナリティに欠けているのですね。自らスタントに取り組んでいるとはえらい!!次回は3倍増しで・・というのは贅沢でしょうか。

投稿: たまさん(主) | 2009年2月 5日 (木) 03時15分

>アイマックさん、

いえいえ、どういたしまして。。

人物背景いろいろな割にはアクションが目立ち、早く終わってしまいました。もうちょい長くしてドラマが欲しかったです。

ヴェスパーのキャラがかなり強力だったので、蘇って欲しいという無理な思いがありました(^^)

だからカジノは面白かったのに・・

投稿: たまさん(主) | 2009年2月 5日 (木) 03時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/27331899

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『007 慰めの報酬』:

» 007/慰めの報酬 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
今年初の劇場鑑賞だぁ〜い興奮したのか、鑑賞後に高熱が出たぞ〜い(39度も・汗 ふらふら〜)【story】愛するヴェスパーを失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)をM(ジュディ・デンチ)とともに追及し、新たな悪の組織の陰謀を知る。謎の女カミーユ(オルガ・キュリレンコ)を通して、組織のドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)が南米のある政府の転覆と同地の天然資源を手にしようとしているのを知ったボンドは、自らの任務... [続きを読む]

受信: 2009年1月22日 (木) 07時50分

» 『007 慰めの報酬』  [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「007 慰めの報酬」□監督 マーク・フォースター □原作 イアン・フレミング □脚本 ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、ポール・ハギス □キャスト ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、イェスパー・クリステンセン■鑑賞日 1月17日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 今回はシリーズ22作目。 監督は前作のマーチン・キャンベルからマーク・フォースターにバ... [続きを読む]

受信: 2009年1月22日 (木) 08時07分

» 『007/慰めの報酬』 [Sweet*Days**]
監督:マーク・フォスター CAST:ダニエル・クレイグ、マチュー・アマルリック、オルガ・キュリレンコ 他 心から愛したヴェスパーを... [続きを読む]

受信: 2009年1月22日 (木) 08時13分

» 「007/慰めの報酬」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「007/慰めの報酬」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、ジェマ・アータートン、他 *監督:マーク・フォースター 感想・評価・..... [続きを読む]

受信: 2009年1月23日 (金) 02時59分

» 「007/慰めの報酬」メチャクチャもの凄い!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[007/慰めの報酬] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2008年11月12日16:22 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  ダニエル・クレイグ主演、007シリーズ最新第22弾。「007/慰めの報酬」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。前作「カジノ・ロワイヤル」からの、完全な“続編”(前作のラスト・シーンの1時間後から始まるという設定)として作られた本作。ダニエル・クレイグ、渾身の“シリアス・ボンド”第2弾。さあ、如何なる仕上がりになっておりますでし... [続きを読む]

受信: 2009年1月24日 (土) 16時00分

» 007/慰めの報酬 [Akira's VOICE]
復讐の味はビター。   [続きを読む]

受信: 2009年1月24日 (土) 16時32分

» 「007 慰めの報酬」 新「ボンド」スタイルの確立 [はらやんの映画徒然草]
前作「カジノ・ロワイヤル」でリニューアルとなった「007」シリーズ、初めて観たと [続きを読む]

受信: 2009年1月25日 (日) 18時46分

» 007慰めの報酬★QUANTUM OF SOLACE 7 [銅版画制作の日々]
 続編だとは知りませんでした! 1月25日、MOVX京都にて鑑賞。ダイニエル・クレイグがジェームス・ボンド扮しての主演2作目「007慰めの報酬」がやっと公開されました。何と、前作のエンディング直後からの始まる物語で・・・・いきなり凄いカーチェイス場面がしばらく続きます。ちょっと眠気があって、やばい!と思っていましたが。激しく繰り広げられる映像に、いつのまにか眠気は飛んでしまいました。 ところで、前作がどんな内容だったのか?覚えていない記事も書いているので見たのですが、内容の詳細はまったく書いてお... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 01時47分

» 007慰めの報酬 を見たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
「007 カジノ・ロワイヤル」の完全な続編 「007 慰めの報酬」を観てきました 何故?完 [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 14時12分

» 007/慰めの報酬-★★★- [not simple.]
英題: QUANTUM OF SOLACE 製作年: 2008年 製作国: イギリス/アメリカ 日本公開: 2009年1月24日 (丸の内ルーブル ほか) 上映時間: 1時間46分 配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 公式サイト スタッフ: 監督: マーク・フォースター 原作: イア... [続きを読む]

受信: 2009年1月29日 (木) 20時43分

» 007慰めの報酬 [Sweetパラダイス]
ワイルドなボンドの登場でファン層も広がったかなボンドがかっこよすぎですぅもう惚れ惚れしちゃうわああかっこいいぜカーアクションが凄いですやっぱ映画はこうでなくっちゃね〜そうそう今回CGじゃないんですよね?アクション満載のハードボイルに仕上がってましたボン...... [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 21時21分

» 「007 慰めの報酬」 新「ボンド」スタイルの確立 [はらやんの映画徒然草]
前作「カジノ・ロワイヤル」でリニューアルとなった「007」シリーズ、初めて観たと [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 (土) 13時23分

» 007/慰めの報酬 [小部屋日記]
QUANTUM OF SOLACE(2008/イギリス=アメリカ)【先行上映】 監督: マーク・フォースター 出演:ダニエル・クレイグ/オルガ・キュリレンコ/マチュー・アマルリック/ジュディ・デンチ/ジェフリー・ライト/イェスパー・クリステンセン/ジェマ・アータートン/デヴィッド・ハーバー 傷ついた心が、共鳴する。 ジェームズ・ボンド役にダニエル・クレイグが引き継いでからの新たなる007シリーズ第2弾。 前作のラスト1時間後から始まる展開。前作から話がつながる続編はシリーズ初だそう。 任務か... [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 (土) 21時07分

» 映画「007/慰めの報酬」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Quantum of Solace ダブルオーセブンを劇場鑑賞したのは生涯2度目だけど、随分様変わりしたよね、前作カジノ・ロワイヤルの続編、慰めの報酬とは裏切り者を処刑すること!? 最愛の女性ヴェスパーをうしない悲しみにくれて復讐心を秘めるジェームズ・ボンド(ダニ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 11時33分

» 007/慰めの報酬 [Movies 1-800]
Quantum of Solace (2008年) 監督:マーク・フォスター 出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック 通算22作目となる007シリーズの最新作で、復讐心を宿しながらも、任務を全うせんとするジェームズ・ボンドの姿を全編アクション満載で描く。 「カジノ・ロワイヤル」のときにも書いたが、D・クレイグ版ボンド像には何ら不平不満はなく、「ボーン」シリーズの大ヒットを見て、次代のボンドはこれだと思ったに違いない製作陣の期待にきっちりと答えていると思う。 その証拠... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 22時37分

» 007/慰めの報酬 2009-03 [観たよ〜ん〜]
先行上映で、「007/慰めの報酬」を観てきました〜♪ 愛するヴェスパーを失ったボンド(ダニエル・クレイグ)は、ヴェスパーを操っていたMr.ホワイトを追求するうちに、新たな悪の組織の陰謀を知ってしまう。環境保護団体の幹部であるドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)が企てる目論みだった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、復讐できるかも!? ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 19時54分

» 映画:007/慰めの報酬 [よしなしごと]
 平日3本観た、その2本目は007/慰めの報酬を観てきました。前作を復讐してから観に行って良かった。復讐しないで行くと、最初と最後がわからないかも・・・。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 20時45分

« 映画『007 カジノ・ロワイヤル』 | トップページ | オバマ米新政権発足 »