« RAMOS-HUGO/THE DREAM・・・86点 | トップページ | バナーつくってみた »

2008年12月19日 (金)

映画『地球が静止する日』

Photo_351年に製作されたSF映画の古典をキアヌ・リーブス主演で映画化。オリジナルは見ていないので簡単に比較できませんが、ほぼ同じ物語だとするならば、50年前から人類はあんまり進化していないってことでしょうか。現代でも通用する物語。

徹底的な軍事力で制圧しようとするアメリカの姿が随分強調されていたように見えましたが、やはりというか、この映画でもバカな指導者が裏で動いています。

巨大な球体と供に地球に降り立った異星人クラトゥ(キアヌ・リーブス)と巨大ロボット・ゴート。クラトゥの目的は“地球を救う”こと。人類(国連)と対話し、解決策を提示しようとするが、侵略者への敵意を剥き出しにする米国は危険因子である球体・巨大ロボに攻撃を仕掛ける。

弱いものは強いものに土地を奪われる。そうなる前に、先手を打とうとする米国ですが、宇宙の根源を司る強大な使者の前に成す術が無い。

映画『インデペンデンス・デイ』のような侵略者のエイリアンとは違い、この映画のエイリアンには心がある。しかも、70年前からの先住民もいたね。

対話が大切であるはずなのに、ひたすら軍事力を行使するアメリカ。

環境問題をテーマに持ってきているようですが、「いい加減、そんなバカな戦いは辞めたら?」なんてメッセージが聞こえてくるような作品です。

主演はキアヌですけど、科学者役のジェニファー・コネリーの活躍がメインで彼を良い方向に動かすのは彼女の役目。このふたりが主人公といっていいでしょう。また、相反する活躍を見せるのは国防長官役のキャシー・ベイツ。ゴツイです。

予告編で見たとおりですが、映像はなかなか見応えありました。ゴートが不気味で、怒りの代弁者のように見えました。

「何さらすねん!」「お前ら、ドンパチばかりやっとってもらちが明かんぞぉ!!」こんな感じです。

Photo理想としては、醜い争い事の無い世の中になるのが望ましいが、地球を救うということは、 地球に住む人類を救うことではなく、人類から地球を救うということだった。ジェニファーとその子役がいなければ、いったいどうなっていたことやら・・。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« RAMOS-HUGO/THE DREAM・・・86点 | トップページ | バナーつくってみた »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

人間はなあにやってんだか~って思う映画でしたね。
とはいえ、本当にそれだけでアッサリしてましたが(^^;

投稿: たいむ | 2008年12月19日 (金) 16時39分

たいむさん、
終わってみればあまり印象に残っていない・・
そんな感じです。
アッサリ感を如実に物語っております。

投稿: たまさん(主) | 2008年12月20日 (土) 14時18分

こんばんは♪ TB、コメントありがとうございました☆

キャストがとても良いだけに、勿体ない感がたっぷり残った作品でした(^^;)
この手の作品のリメイクって、ほんと難しいですね。

投稿: non | 2008年12月20日 (土) 21時06分

こんばんは!
人類は滅亡した方がよかった思いました。苦笑。
映像はよかったんだけども、説得力に欠けてましたね。
キアヌ主演じゃなかったら観にいかなかったかも^^;

投稿: アイマック | 2008年12月21日 (日) 19時15分

>nonさん、
あのキャストでなければ
TV映画の枠で収まりそうな作品でしたね、、

投稿: たまさん(主) | 2008年12月22日 (月) 13時21分

アイマックさん、
いつもありがとうございます。

>キアヌ主演じゃなかったら
ごもっともです。端正な顔立ちが宇宙人っぽいイメージで適役だったのかもしれません。
深いテーマの作品のはずが、薄っぺらく終わってしまったのは惜しいです。

投稿: たまさん(主) | 2008年12月22日 (月) 13時37分

突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。

投稿: 日本インターネット映画大賞スタッフ | 2008年12月22日 (月) 15時13分

たまさん、こんばんは!

クラトゥが「わたしたちの星」という国防長官の言葉に反応するところがありました。
なんとなく人間というのは地球を自分の持ち物と見てしまうところがあるのでしょうね。
外の星から見たとき、人間は地球上にいる一生物にしか過ぎないというのは客観的な視点で新鮮でした。

今年もよろしくお願いします。

投稿: はらやん | 2009年1月 6日 (火) 21時09分

はらやんさん、
このまま人類は滅亡への道を着々と進んでいくのでしょうか。
クラトゥはいったい何者なんだ?と思いながら観ていたのですが、彼の視点から明かされる地球上に生きる人間というものは、酷い生き物なんだと改めて痛感、、
あ~情けないと。

彼の心の動きは説得力なかったのですが、キアヌらしい演出で良かったのかもしれません。

投稿: たまさん(主) | 2009年1月 8日 (木) 23時40分

たまたま鑑賞した前日に、キアヌが橋下大阪府知事と面会・・・ってニュースを目にしたので、ラストのシーン(橋の下)は印象に残りましたよ。

投稿: ひらりん | 2009年1月11日 (日) 01時06分

ひらりんさん、
このニュース、ウチも見ましたが映画観た後だったので、まったく気が付きませんでした。
他にもそう思った方々、いらっしゃったのかなーと、
面白い繋がりですね。

投稿: たまさん(主) | 2009年1月12日 (月) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/26297119

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『地球が静止する日』:

» 地球が静止する日 [木霊の宿る町]
十六日(火)六時半。 映画「地球が静止する日」を見た。 @Park Tilford Cineplex 200-333 Brooksbank Ave., North Vancouver tel. (604) 985-3911 映画館の中はがらすき。 感想: コンピュータ・グラフィックを使ったシーンは良い。 第一作と同じ格好のダサイ・ロボットは巨大に改造されていて悪くない。 宇宙からの使者クラトーは第一作では人間の格好で円盤からでてき... [続きを読む]

受信: 2008年12月19日 (金) 04時41分

» 『地球が静止する日』 [Sweet*Days**]
監督:スコット・デリクソン  CAST:キアヌ・リーヴス、ジェニファー・コネリー、キャシー・ベイツ 他 ある日突然、地球に球体の物... [続きを読む]

受信: 2008年12月19日 (金) 15時08分

» 「地球が静止する日」みた。 [たいむのひとりごと]
世界も、国も、政治も、経済も、教育も、とにかく「人間」が変わらなくちゃなんだよね。予備知識は予告編のみだったが、そこでの尋問の場面、「”私たち”の惑星?」と聞き返すキアヌの「?」にひっかっていたが、や... [続きを読む]

受信: 2008年12月19日 (金) 16時36分

» 地球が静止する日 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
年内の鑑賞予定はあと3本。そんな時期になったんですね〜【story】巨大な謎の球体と共に地球に降り立った宇宙からの使者クラトゥ(キアヌ・リーヴス)。友好か、侵略か―。クラトゥの謎を解き明かすべく国防長官(キャシー・ベイツ)はじめ政府や科学者たちがやっきになる中、今訪れんとする危機に気付いたのはヘレン(ジェニファー・コネリー)と息子(ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス)だけだった―     監督 : スコット・デリクソン 『エミリー・ローズ』【comment】 本作は、ロバート・ワイズ監督(『... [続きを読む]

受信: 2008年12月20日 (土) 14時13分

» 地球が静止する日 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★    (★×10=満点) 監  督:スコット・デリクソン キャスト:キアヌ・リーヴス       ジェニファー・コネリー       ジェイデン・スミス       キャシー・ベイツ、他 ■内容■  任務遂行の... [続きを読む]

受信: 2008年12月20日 (土) 16時01分

» 地球が静止する日 [Akira's VOICE]
迷惑行為しまくる宇宙人。   [続きを読む]

受信: 2008年12月20日 (土) 16時59分

» 「地球が静止する日」 We Can Change [はらやんの映画徒然草]
1951年のSF映画「地球の静止する日」のリメイク。 オリジナルは未見ですが、有 [続きを読む]

受信: 2008年12月20日 (土) 18時34分

» 地球が静止する日 [ネタバレ映画館]
Change! Yes、we can! [続きを読む]

受信: 2008年12月20日 (土) 22時22分

» 「地球が静止する日(THE DAY THE EARTH STOOD STILL)」映画感想 [Wilderlandwandar]
主演のキアヌ・リーヴ スが来日して舞台挨拶イベントで盛り上がってるようですが、別の場所でこっそりと「地球が静止する日(T [続きを読む]

受信: 2008年12月20日 (土) 22時26分

» 地球が静止する日 THE DAY THE EARTH STOOD STILL [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
11月19日より公開「地球が静止する日」 初日に早速観てきましたよ~ またまたス [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 01時01分

» 地球が静止する日 [小部屋日記]
The Day the Earth Stood Still(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督: スコット・デリクソン 出演:キアヌ・リーヴス/ジェニファー・コネリー/キャシー・ベイツ/ジョン・クリーズ/ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス/ジョン・ハム 人類は気づいていない。 50年前のSF映画の古典「地球の静止する日」をベースにしたSFパニック大作。 宇宙からやってきた使者とともに人類滅亡のカウントダウンがはじまる! 映像は迫力あるし、きれいでよかったんだけど、予告編どおり説得... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 17時53分

» 地球が静止する日(2008年、米) [富久亭日乗]
 ★★★☆☆  1951年にRobert Wiseが監督した同名SFのリメーク。 原題は「The Day the Earth Stood Still 」。      ◇  ニューヨーク・セントラルパークに 突如現れた謎の球体。 米政府は生物学者Helen Benson (Jennifer Connelly )らに 解明を要請する。 軍隊が包囲する中、 球体の内部からKlaatuと名乗る男(Keanu Reeves )が現れる。 軍の発砲により負傷したKlaatuは、 手術を受け回復に向かい、 逃亡す... [続きを読む]

受信: 2008年12月22日 (月) 07時12分

» 地球が静止する日 [充実した毎日を送るための独り言]
・地球が静止する日(12月19日より公開 キアヌ・リーブス,ジェニファー・ロペス出演) 人類によって地球環境が破壊される中、宇宙人の使者クラトゥが人類を滅ぼし、地球を救うために降り立ち、人類を滅亡させようとする一方で女性科学者とその息子との触れ合いを通して彼らの心境の変化を描いた作品。 民主党の元副大統領アル・ゴアの「不都合な真実」と同じく民主党のオバマ次期大統領の「Yes,We Can」をとつながるものがあり、これからのアメリカ政権への提灯映画のように思わせるが、ストーリーは様々な伏線があるものの... [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 00時10分

» ★「地球が静止する日」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末レイトショウは 金曜日から公開の本作を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」まで観に行きました。 金曜レイトやってくれるのは嬉しいけど、お客は少なかったね。 主演のキアヌ・リーブスが来日中で大阪府知事の橋下さんと対面してるのを、 昼間のワイドショー「みやねや」で観たけど・・・。... [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 03時19分

» 【映画】地球が静止する日 [新!やさぐれ日記]
▼動機 月光蝶である! ▼感想 残念賞である! ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ いまいち ▼あらすじ ある任務を遂行するために地球に降り立った宇宙からの使者・クラトゥ(キアヌ・リーブス)。政府や科学者たちが、謎だらけの彼の存在とその真意を解き明かそうと奔走する中、ヘレン(ジェニファー・コネリー)は、彼のミッションに巻き込まれていく。そして地球史上最大の危機が、いままさに訪れようとしていることに気づく。 ▼コメント カタストロフィに「月光超システム」(ターンAガンダムより)を起用してい... [続きを読む]

受信: 2008年12月30日 (火) 18時57分

» 地球が静止する日 [利用価値のない日々の雑学]
昨日書いた「ワールド・オブ・ライズ」のレビューに続き、これも2008年未鑑賞作品。関連づける訳ではないが、前レビューに一触即発でお先真っ暗な未来を書いたが、そう、クラトゥが現れ何とかしてくれないと行き場が無いのではないかと真面目に思ってしまう。 1951年のオリジナル作品はうっすら覚えているが、それよりも、あのロバート・ワイズがメガホンを取っていたことをこのリメイクの公開で初めて知った。ロバート・ワイズ監督といえば、確かに「スタートレック」なんかも撮っているが、なんと言っても「ウエストサイ... [続きを読む]

受信: 2009年1月 4日 (日) 17時57分

» 映画:2009年初映画は 地球が静止する日  [よしなしごと]
 2009年、劇場での第1作目は地球が静止する日でした。と言っても、2008年公開映画ですけどね~。  ホントは2008年中に観たかったけど、年賀状書きで時間を作れなかったもので。。。... [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火) 07時54分

» 「地球が静止する日」 We Can Change [はらやんの映画徒然草]
1951年のSF映画「地球の静止する日」のリメイク。 オリジナルは未見ですが、有 [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火) 20時49分

» 「地球が静止する日」思いっきり≪ネタバレ≫で行きます! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[地球が静止する日] ブログ村キーワード  1951年製作の「地球の静止する日」(観てないよ!!)のリメイクである(ベースとしている)本作「地球が静止する日」(20世紀FOX)。ホントに久しぶりのキアヌ・リーブス主演作(彼の場合、なぜか“久しぶり”って気があんまりしないんですけど…)。予告編が大変面白かったので、期待して観に行ってきました。  宇宙微生物学の権威である、生物学者ヘレン(ジェニファー・コネリー)は、亡夫の連れ子である息子、ジェイコブ(ジェイデン・スミス)と2人暮らし。血の繋... [続きを読む]

受信: 2009年1月13日 (火) 09時59分

« RAMOS-HUGO/THE DREAM・・・86点 | トップページ | バナーつくってみた »