« 『252 生存者あり episode.ZERO』 | トップページ | 映画『252 生存者あり』 »

2008年12月12日 (金)

MILLENIUM/HOURGLASS・・・86点

Photo

Iconmusic

アワーグラス

 アーティスト:ミレニアム
 販売元:日本クラウン
 定価(税込):¥2500
 発売日:2000/11/22

 Amazon.co.jpで詳細を確認する 


ANGELFIRE』という傑作を世に送り出したラルフ・サントーラ(G)が”マイクを持った渡り鳥”と称されるノルウェーのヨルン・ランデ(Vo)を迎えて制作した3rdアルバム。さて、名曲は存在するか。

前任者のトッド・プラントよりも、よりソウルフルでディープな歌声を効かせるメチャウマなヨルンのヴォーカルはパワー・ポップ化したエネルギッシュな①を聴くにあたり痛快・爽快、これ一曲でノック・アウト状態。明快に響く⑤⑥もポップでいい。

いや、でもしかし、このバンドで聴きたいのは前作にあったようなマイケル・シェンカー風のラルフの官能的なギターであり、叙情派ハード・ロックです。

全体的にヨルンのスタイルに合わせているかのごとき作風で、③なんぞはデイヴィッド・カヴァデールしてる力強いヴォーカルが堪能できる。上手いな~、なんでも歌いこなせる珍しいヴォーカリストだ。

でもね、このアルバムがややつまらないのは前作にあった泣きのメロディがあまり聴かれないから。故に⑨まで辿り着くと①のインパクトだけで終わってしまい、もう終わりか・・なんて感じでため息つく。

が、でもでも、きた、「キタ!!」

そう、このアルバムには⑩『Chasing Time』という名曲が存在するのです。もう、チョーカッコイイ曲。泣きのギターがバックで鳴り響きソウルフルなヴォーカル・メロディに震える。アルバムに一曲だけでもこういう完璧な曲が存在すればそれはすでに名盤。全ての曲を引っ張り、全体が生きてくる。

『Chasing Time』、いまだ色褪せず

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

|

« 『252 生存者あり episode.ZERO』 | トップページ | 映画『252 生存者あり』 »

「★HARD ROCK/HEAVY METAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/26106322

この記事へのトラックバック一覧です: MILLENIUM/HOURGLASS・・・86点:

« 『252 生存者あり episode.ZERO』 | トップページ | 映画『252 生存者あり』 »