« TEN/THE NAME OF THE ROSE・・・90点 | トップページ | MILLENIUM/HOURGLASS・・・86点 »

2008年12月 6日 (土)

『252 生存者あり episode.ZERO』

消防士を扱った映画はハリウッドでも幾つかあった。『タワーリング・インフェルノ』(74)、『バックドラフト』(91)、『炎のメモリアル』(94)、『ワールド・トレード・センター』(06)・・。

本日公開される映画『252 生存者あり』の前夜祭として放送されたドラマ『252 生存者あり episode.ZERO』ですが、映画版は見に行こうと思っていたのでこりゃ見逃すまいとDVDに録画しておきました。

で、見てみたのですが、さほど映画版との繋がりはないのでしょうか、阪神淡路大震災で両親を亡くした青年がレスキュー技術研修にて仲間と葛藤・苦悩・衝突を繰り返し、成長しようとする(成長するのか?)物語。

別に見なくても良かったかな~と思いましたが、映画の宣伝にはなるでしょう。

命がけの過酷な仕事であるが故の恋人や家族の葛藤・・って、もう、そのまんまで、見飽きたかな。やはりどこかで見たことあるベタな展開で、それはいいとしても、主人公のキャラクターがどうもダメで、全体的にオーバーアクトが目立ちました。

「消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)」は阪神淡路大震災の経験・教訓により大規模災害等に対応する為の特別な技術・能力を有する隊員で編成された救助隊とされる。

かつてのハリウッド映画をお手本にしつつ、どのような活躍が描かれるのか。

『海猿』消防バージョン、予告編を見る限り、なかなかのパニック大作映画であるようです。

|

« TEN/THE NAME OF THE ROSE・・・90点 | トップページ | MILLENIUM/HOURGLASS・・・86点 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/25958588

この記事へのトラックバック一覧です: 『252 生存者あり episode.ZERO』:

« TEN/THE NAME OF THE ROSE・・・90点 | トップページ | MILLENIUM/HOURGLASS・・・86点 »