« WITHIN TEMPTATION/BLACK SYMPHONY・・・95点 | トップページ | 映画『P2』 »

2008年12月31日 (水)

映画『ワールド・オブ・ライズ BODY OF LIES』

Wol_2見たいのは、CIAの諜報活動が如何にして行われているかということ。本部のエリート局員ホフマン(ラッセル・クロウ)と現地の工作員フェリス(レオナルド・ディカプリオ)のやりとりから見えてくるのは空前絶後の騙し合い。彼らの“思いつき”ひとつで世界が動く。

フィクションとはいえ、原作は中東問題に精通するベテラン・ジャーナリスト、デイヴィッド・イグネイシアスによるもの。

「いま、世界でこんな事が起こってますよ」と陰惨たる現場を提示してくれていますが、次にとる行動はなにか、それはラストのフェリスの決断からも示されるとおり、個人として「大切な人のもとにかえりなさい」といったところなのかもしれない。

しかし、対比して描かれる上司ホフマンは非人道的といえる決断をすんなり下す戦略家でありながら、〈表向きかもしれないが〉家族を愛する良きパパとして描かれている。いったい何人の命を犠牲にして生計を立てているのだろう。

ここが怖いところであり、見て見ぬふりをし、「あなたの周りにもこんな人で溢れてますよ」なんてこと語っているような映画にもみえる。

ショッキングなのが、世界規模の無差別爆破テロ組織の首謀者をあぶり出すべく、彼らを上回る爆破テロ組織をデッチ上げようと思いついたフェリスの一言。それに即座に乗るホフマンにも驚きだ。

遠目から見て、そんな作戦上手く行くわけないじゃんって思うのですが、爆破事件を報道させ、一般市民をテロ首謀者に仕立て上げているから恐れ入る。911陰謀説にも通じて見えるからまた恐ろしい、、デッチ上げられたものにはたまらんだろう。劇中のフェリス、モハメド・アタの事をちょろっとだけ語っていた。

良心的な主人公と思えた彼も裏工作により多大な犠牲者を送り出すことに。もはや個人のできることの範囲を超えたわけがわからなくなる話故に感情移入ができる隙がないです。

Wol2一瞬たりとも隙をみせればテロ組織の思う壺。来年(2009年)のアメリカの動きはまた別の映画でも提示されることになるのでしょう。これは面白いとか、娯楽作とか言うよりも、情報の塊の映画だと認識しています。

|

« WITHIN TEMPTATION/BLACK SYMPHONY・・・95点 | トップページ | 映画『P2』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~♪
★YUKAの気ままな有閑日記★の由香と申します。
この度はコメント頂きありがとうございました。
今後とも宜しくお願いしますhappy01

レオとラッセルが主演だし、予告の雰囲気からもっとエンタメ性の強い作品だと思いましたが、ちょっと違いましたね~面白さを感じるような作品ではありませんでした。
だからと言ってそれほどリアルな感じは個人的には受けなかったので、途中で退屈したりして(汗)
レオとラッセルはいい演技をしていましたが、あまり印象に残る見せ場がなかったように思えて残念でした~

投稿: 由香 | 2009年1月12日 (月) 22時54分

由香さん、こんばんは。
こちらこそご訪問ありがとうございます。

冒頭のテロップで示されるとおり、リアル志向の作品であると認識しましたが、段々観てるほうも騙されているような感覚に陥る映画でした。

オヤジ化したラッセルとレオのやりとりもちょっと地味でしたかね(゚ー゚;

~ということで、本作のみならず今後ともよろしくお願いいたします♪

投稿: たまさん(主) | 2009年1月14日 (水) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/26650531

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ワールド・オブ・ライズ BODY OF LIES』:

» 「ワールド・オブ・ライズ(BODY OF LIES)」映画感想 [Wilderlandwandar]
レオナルド・ディカプリ オとラッセル・クロウが共演と言う事で話題になっていますが、もし違う俳優でも、CIA絡みの話しだし [続きを読む]

受信: 2008年12月31日 (水) 14時22分

» 「ワールド・オブ・ライズ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ワールド・オブ・ライズ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、サイモン・マクバーニー、アロン・アブトゥブール、アリ・..... [続きを読む]

受信: 2009年1月 1日 (木) 13時50分

» 「ワールド・オブ・ライズ」嘘つきは、泥棒のはじまり…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
 レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この豪華な顔合わせ、期待するなって方が無理ですよね。でも事前宣伝何か地味じゃないですか?思ったほど、盛り上がってないっちゅうか~。  ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、CIAの中東現地工作員。日々、対テロ工作の最前線で命を張って戦っていた。その上司であるエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は、CIAの本部や自宅、時には子供の送迎... [続きを読む]

受信: 2009年1月 1日 (木) 22時53分

» ワールド・オブ・ライズ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
2008年最後の劇場鑑賞は12月22日。かつて最愛だったレオ君の映画でした―(アップ遅っ・汗)【story】ヨルダンを拠点に大規模なテロを実行する首謀者の手がかりを得たCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、組織に接触しようと試みる。そのためにCIAのベテラン局員エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)の指示を受け、ヨルダン情報局のトップ、ハニ(マーク・ストロング)の協力を得なければならなかった―     監督 : リドリー・スコット 『アメリカン・ギャングスター』【commen... [続きを読む]

受信: 2009年1月 8日 (木) 18時56分

» ★「ワールド・オブ・ライズ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今年1本目の劇場鑑賞作は、 映画鑑賞中にクルマの洗車まで出来ちゃう「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 もちろん洗車は有料です。 [続きを読む]

受信: 2009年1月11日 (日) 01時58分

» 「ワールド・オブ・ライズ」 アメリカが嫌われる理由 [はらやんの映画徒然草]
最近、全世界的にアメリカの不人気が高まっているように思います。 具体的には本作で [続きを読む]

受信: 2009年1月25日 (日) 20時07分

« WITHIN TEMPTATION/BLACK SYMPHONY・・・95点 | トップページ | 映画『P2』 »