« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

映画『告発のとき IN THE VALLEY OF ELAH』

Photo_5主演トミー・リー・ジョーンズシャーリーズ・セロン、そしてスーザン・サランドンとオスカー俳優3人が出演、イラク戦争を題材に03年に実際に起こった事件を基に映画化されている・・とあらば、観ておかねばならぬこの映画。

深いテーマと重厚で抑えた演技合戦を観ているだけでも良い映画だと痛感しますが、『犯人探し』という謎解き、サスペンス作としても全編見応えのある映画でした。

イラク帰還兵の一人が軍管轄内の空き地で焼死体で発見され、息子を探していた退役軍人の父ハンク(ジョーンズ)はその焼死体が自分の息子であることを知らされる。心配する妻(サランドン)を家に残し、独自に調査を開始。以後、軍警察と反目することになる地元警察のエミリー(セロン)に協力を仰ぎ、やがて軍部の隠蔽工作にたどり着くー。

戦争における悲惨な実状が映画という枠組みで描かれています。これはでも、政治的な面より家族のドラマであり、人間の隠された内面に迫るなんともいえない性。

バラバラに切り裂けられ、無残な姿の子を目撃する父親。とても妻には見せられない。しかし、母もしかとその姿を受け止める。泣き崩れる母の、計り知れない苦悩にこちらまで耐えられなくなってくる。典型的な軍人一家でありながらも命が失われることへの驚異・・。

何故、こんな目に?ラストで知られざる息子の姿と精神を病んだ兵士の苦痛が浮き彫りになる。イラク帰還兵の話では映画『勇者たちの戦場』を思い出しました。

民主化の為にイラクへ行ったはいいが、そこは想像を絶する悲惨な地帯。そして無事祖国へ帰還してもさらなる『傷』が兵士を悩ませる。

「あんなところでも、また戻りたくなる」っていうような帰還兵のセリフが、まさしく『勇者たちの戦場』でも描かれていたこと。ウソでしょって、疑いたくなるが、平和な日常に溶け込めなくなってしまった部分、わかるような気もします。

Photoジョーンズの演技は流石です。シリアスだけど、ときどきクスッと笑えるキャラクターを好演 しておられた。セロンの演技もまた然り。セクハラを受けながらも頑張るシングルマザー、ハンクと行動を共にするに消極的な捜査官が徐々に変わっていく過程がうまい。サランドンからは凄みすら感じる。

エンディングでは呆然としてしまったというか、なんというか、あまり深く考えると辛くなる。けれども無視はできない。そんな映画だったかと。サスペンスの醍醐味はあります。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2008年6月29日 (日)

映画『奇跡のシンフォニー AUGUST RUSH』

Photo_4絵を描いたり、音楽が好きだという面において“普通の人”とは違う自分だけの特異な部分で、絶対に譲れない信念や情熱みたいなものってあります。時にそれよりももっと大切な何かを失うこともありえるわけで・・。

只、その感動を他者と共有して生活全体に行き渡って幸せを感じられたら、いいなと。そういう出会いを求めているわけです。

この映画はファンタジーだけど、音楽の持つ力というか、感動の面において部分的にですが、こんなことがあってもいいだろう、そんなことを思わせる爽やかな作品でした。

『チャーリーとチョコレート工場』『ネバーランド』のフレディ・ハイモア君が孤児院で育つ天才ミュージシャン、エヴァンを好演していた。生まれたときから両親を知らないとはなんてかわいそうな子・・と思う反面、どんなに孤独でも、いじめられても、気丈に振舞う彼の行動はインサイド・アウトの精神で前向き。

彼のパパ、ママが出会った場面と時間が交差し、ストーリーが展開。まさかそのような展開になるとは思いませんでした。パパ、ママは最後の最後に出るもんだとてっきり思ってたもので~。

なんか、安直な出会いなんですね、ストリートでロックしてる男とチェリストのお嬢さんが結ばれて一瞬で引き裂かれる・・。もうちょっとドラマはないのかと。で、最初は退屈でウトウトしてしまいました。

けれども、ロビン・ウィリアムズが出てきたあたりからだんだんと面白くなっていった。天才エヴァンを拾い上げてストリートで金儲けを企むおかしなおっさんの役。

パパ、ママのチェロとロックの融合や彼らに会えると信じ、魂の即興をこなすエヴァン、教会の女の子がやたらと歌がうまかったりと、音楽の見せ場も多々アリ。

児童福祉局の職員とママが絡むところなども印象に残っています。

Photo_2最後にジュリアード音楽院が出てくるとは~。一気に作品にスケール感が出ました。パパ、ママ、エヴァンが音楽でうまく繫がりました。随分パパ、ママはあっさりした感じで、もうちょっと驚いてよと思ったんだけど、泣きのシンフォニーを持ってこられた時には不覚にもウルッときてしまった。

こういう話もいいでしょう。感性が感性を呼び結ばれるってのも。登場人物も皆只のバカじゃないから、後味がいい。

一緒に『音』を楽しめる、良い作品でした。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2008年6月25日 (水)

気合入れて・・

さぁて、蒸し暑いです。

暑さには滅法弱いのでかなり応えます。

早くも今年前半戦が終了、もう2008年も終わりに近付く・・・


気合入れて~


映画観て~・・


夏を乗り切ろう。



ああ・・何を観ようか~




最近DVDではずしまくってますのであまりネタに出来ず。


何を観に行こうか~



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

JIM JIDHED/FULL CIRCLE・・・86点

Jim
Musicフル・サークル

  アーティスト:ジム・ジッドヘッド
  販売元:キング
  発売日:2003/04/02
  Amazon.co.jpで詳細を確認する

北欧HR/HMシーン
で忘れてはならぬこのお方。スウェーデンの伝説のロック・バンド、『ALIEN』の初代Voであるジム・ジッドヘッドである。

ALIEN脱退後の1stソロ『Jim』(90)で魅せた彼の作品は煌びやかなハード・ポップ・サウンドと美声を生かしたもので良かったが、幾分地味な作風であった為にすっかり忘れていたアルバムでした。ごそごそと棚からひっぱり出しては今聴いてみると・・やっぱり地味ですね。ジミ・ジッドヘッドなんてシャレをよく言っていたもんだ~・・。

昨年には4枚目のソロ『Reflektioner』を発表していて話題だった。これ、未聴なんですけど、気になります。

さて今回ご紹介の『フル・サークル』は03年発表の3rdソロ・アルバム。

最近にして目覚しい活躍をするトミー・デナンダーのプロデュース作であり、安定感抜群の一枚だ。トミーはギターとキーボードも兼任している。

円熟味を増したジムのヴォーカルはマイルドでとても伸びが良く、そのサウンドは時にジャーニーを想起させる。①のイントロを聴いた瞬間、「あ、きた!!」と歓喜するだろう。

ほとんど捨て曲なしのメロディアスなナンバーが14曲ギッシリ詰まっています。

③なんか、最高です。⑨のバラードもエモーショナルで素晴らしい。

このアルバムで見事にシーンに復帰した彼、優れたサポート・ミュージシャンと美声が融合したメロハーの傑作です。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年6月17日 (火)

HEART/BRIGADE・・・93点

Brigade Music Brigade

アーティスト:Heart
販売元:Capitol
発売日:1990/03/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

一般的にHEARTを語るアルバムなら80年代に人気沸騰した作品『HEART』(85)となるのかもしれないが、私が一番好きなアルバムはこの『ブリゲイド』(90)

前2作よりもサウンド・プロダクションが向上、よりハード・ロックのタフさとダイナミックなスケール感が押し出された珠玉の名盤だ。全米3位を記録。今回、リッチー・ズィトーがプロデュースしている。

素晴らしいヴォーカル・メロディはここでも堪能でき、ポップで入りやすい。②は全米2位まで上昇した美しくも軽快なバラード・ナンバーです。

ピアノ&アコギから徐々に盛り上がるドラマティックな③、ダイアン・ウォーレン作の⑤も強力なパワー・バラードだ。

ヘヴィながら哀愁のサビがいい⑥からアルバム中一層輝くアップ・ナンバー⑦へ。壮麗なコーラスとキーボードの導入が完璧な楽曲です。アコギで語る⑧はメロディが冴えるアン&ナンシー姉妹によるペンの爽快な曲。気持ちのいい青空が広がるイメージ・ソング

後半の⑩⑫⑬にも素晴らしいバラードが用意されている。これだけラブ・バラードが充実した作品もそうそうないだろう。ヴォーカル・ワークもとても充実している。

タイトなドラムにハード・エッジなギター、巧いヴォーカル。ずば抜けたサウンドは今になっても輝き続けております。

尚、私がかつて購入した限定BOX仕様には3曲のボーナス・トラック入り8cmCDが付いています。ここにも名曲と呼べるダイナミックなサウンドのバラードが収められています。 “ネヴァー・ストップ・ラヴィング・ユー”、アルバムの中に入っていたらさらに強力な作品になっていたでしょう。点数、3点上乗せします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

HEART/BAD ANIMALS・・・84点

Bad Animals Music Bad Animals

アーティスト:Heart
販売元:Toshiba EMI
発売日:1990/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

87年に発表された“HEART産業ロック3部作”第2弾。続く『ブリゲイド』(90)を語るに、やはりこのアルバムは外せない。

大成功した前作『HEART』の流れをそのまま移したかのような楽曲は、ロン・ネヴィソンの力と外部ライターによる美しき旋律に他ならない。

この作品には全米No.1になった名バラード②が収録されていて、これがまたとても良い曲。マドンナなどにも曲提供をしていたビリー・スタインバーグ&トム・ケリーの才気溢れる名曲である。最近ではセリーヌ・ディオンがカバー曲として歌っていて話題だった。

全体的にソフトになり落ち着いた印象のアルバムですが、軽快なハード・ポップ①やKey主体の壮麗な③、ポップながらも力強いサビがグーな⑦、シティ・ポップな感じのバラード⑧など良い曲が当然の如く揃っている美品。

地味なジャケが惜しいが、洗練されたサウンド、粒の揃った楽曲の数々にハートが和む。

そしてHEARTの魂は『ブリゲイド』で爆発する。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

HEART/HEART・・・86点

Heart Music Heart

アーティスト:Heart
販売元:Capitol Records
発売日:1990/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

地味な存在だったバンドが一気にスターダムへと伸し上がるとき。キャピトル・レコードへと移籍したバンドはプロデューサーであるロン・ネヴィソンと外部ライターの起用により新しい次元へと到達した。全米No.1に輝いた、アン&ナンシー・ウィルソン姉妹率いるハード・ロック・バンドの85年作。

後に発表される『バッド・アニマルズ』(87)『ブリゲイド』(90)と合わせて“産業ロック3部作”と勝手に呼んでおります。

ハード・ロックというにはあまりにポップ、しかしここにあるメロディ・ラインやアレンジは実に煌びやかで良い。

MTVのヘヴィ・ローテーションにより②がTOP10入り、続いて③が4位に上昇、さらに④が1位になりアルバムはロング・セールスを記録。

個人的に最高傑作だと思っている『ブリゲイド』よりかはかなりポップなアルバムですが、この『HEART』の位置付けは大変重要なものであり、ジャケのセンスも大したものであります。いかにも80年代!

強力なバラード群の中、メロディ展開が絶妙な①やノリが良くサビが気持ちいい⑥なども印象的。

潤いと情熱、パワー溢れる名ヴォーカリストが一層輝いた名作です。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

映画『ブラックサイト UNTRACEABLE』

Photo世間を騒然とさせる“劇場型犯罪”。4月に公開されたこの映画『ブラックサイト』、一面ニュースのトップを飾った秋葉原の事件とは何の関係もないかもしれないが、どこにでもいるような人間がある日を境に凶行へと及ぶ様は共通した部分さえ臭わせる。

映画自体はあんまり面白くはなかったです。京都へ行ったときに、ちょうど時間潰し程度にふと劇場に立ち寄り観た作品で、記事にするのもすっかり忘れてました。しかしながら、案外バカに出来ない映画だったかと思い返します。

ここに登場する犯人像が幼稚且つ短絡的で残虐。犯行へ及ぶ動機が想像を絶するものである為なのか、まるで理解できないし、まぁ、そこは映画として面白くみせようとしていたのだろうけれど。。精神に異常をきたすところは現代社会に警笛を鳴らすものであろう

FBIサイバー捜査官ジェニファー(ダイアン・レイン)がネット上にライブ中継される公開殺人の犯人を突き止めるべく活躍するサスペンス・スリラー。

画面には縛り付けられ、薬物を投与されている男が。アクセス数が増えるごとに投与量も増やされ、やがて死に至るという仕掛けが施されていた。興味本位で観ているネット利用者が犯罪へ加担するような作りになっているが、観ている人間が悪いことにはならんだろう。結局はキチガイ化した犯人が悪い。

前半は謎解きから始まるが、後半から犯人の姿が簡単に映し出されてしまうのでサスペンスの面白味はなし。人気映画『ソウ』シリーズに便乗したようなグロなシチュエーション・スリラーで見せようとするので重いテーマが安っぽいものになってしまっていた。人間ドラマが希薄。

Photo_2警官だった夫亡き後、母親と幼い愛娘と暮らすジェニファーの生活は昼夜逆転。娘の為に夜勤シフトで頑張るお母さん、一見幸せな家庭にも魔の手が忍び寄る。

相棒グリフィン(コリン・ハンクス)を捕らえられたジェニファーに犯人が急接近、タフな彼女が逆転に転じるところで恐怖感が倍増した物語に終止符を打ちます。

ダイアン・レインは歳相応の薄メイク、役柄で主人公をうまく演じきっていたと思います。「運命の女」(02)以来の、当たり役かもしれない。

社会派サスペンスというにはB級の臭いをプンプン放つスリラー作ですが、かつて、リストラにおける中高年の自殺や病める若者達のニュースを見るにつけ、現代社会の「みえない狭間」を浮き彫りにするような映画ではなかったかと、怪しくも改めて思いました。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

映画『ラスベガスをぶっつぶせ』

Photo

MIT(マサチューセッツ工科大学)の学生達がベガスに行ってこっそり大金を稼いだという実話がベースになっている作品。実話とはいえ、その物語はエンタメ感溢れるフィクション仕込みの作風で、どこまでホントかは分かりませんが、映画としては大変面白く出来ていたと思います。

ラスベガス!いいですね、一度は行ってみたいところです。二度友達にも誘われたんですけどね、行けなかったんだね、残念。お土産ありがとうございました。行ってみていかに楽しいところかは話でも重々きいております。

美しい街並に華やかなカジノ。ランス・バートンのマジック・ショーはとりわけマジック好きな者としては一度見ておきたい。

そんな憧れなんぞを胸に、ラスベガス映画を観て来た訳です。しかも実話が基になっている。ブラックジャックを数学の理論的な戦術で勝利へと導く“カード・カウンティング”という技法が描かれていました。最初は物理的な手品のトリック、イカサマかと思いましたが、これ数学者のデータ分析ってところがまた凄い。

カウンティング手法は物語を断絶させることなく劇中でも分かりやすく解説してくれます。ブラックジャックのルールを完全に理解していなかった為、ちょいと分かりにくい部分がありましたが、後で気になってネットで調べました。

ん~、それでも、「これで勝てるのか?」と、凡人には理解できない確率。やっぱり賭け事、シャッフルされると終わりだよね。

Photo他人のフリしたチームのひとり(偵察役)がプレーヤーに秘密のサインを送るなどチーム・ プレイの妙技が楽しめて、そこらへんは見せ方がうまい。けど、防犯カメラに映っていてバレバレじゃないですか。どうも ルール違反になるようで、見つかってとっ捕まえられたらボコボコにされ、「二度と来るな」と脅しをかけられる。カジノの裏側はヤクザ社会か。

◎物語が面白く描かれています。〈以下、後半のネタバレにご注意〉

ハーバード大学医学部へ進学する為の学費(30万ドル)が必要で苦悩するMITのエリート学生ベン(ジム・スタージェス)が、彼の天才的な数学力の才能に気付いた教授ミッキー(ケヴィン・スペイシー)の勧誘を受けカード・カウンティング研究チームへ仲間入りし大活躍。そこにはベン憧れ&お気に入りの美女ジル(ケイト・ボスワース)もいた。 

彼女、映画『スーパーマン リターンズ』(06)で出てました。ベッピンさんです。一歩引いてはチームの行動をちゃんと見ている才女といった印象で、髪型や衣装が変わるたびに色気が増す良い役柄を演じておられたと思います。

ジム・スタージェスは“天才”という風格よりむしろ見た目は甘く優しき好青年な感じ。母親思いの主人公を好演。金のためにやるんじゃないとかいいながらも、高級スーツに身を包み、徐々にギャンブルの世界に嵌り理性を失うところ、親友2人を置き去りにしてしまうところなんぞ、作中に警笛を鳴らしております。ギャンブル依存症には気をつけましょう。

チームの仲間割れなんかも描かれています。エリート集団も感情を持った人間ですから、いろいろあるよね。感情に支配されずに、理論的に行動する事が大事だと悟る。“変数変換”も強調されていた。

Photo_2で、ヘマやらかして、教授を怒らせるんですね。「この青二才!」って。ベンの学籍を剥奪する教授、ケヴィン・スペイシーはやっぱり曲者俳優。作品自体をプロデュースしておられます。かの名作『セブン』(95)のキャラのイメージがなかなか消えないのだが。

ボコボコにされてベガスから戻ってきたベンは全てを失うが、再びベガス攻略を胸に教授に接近、リベンジへと向かう。

ヘマやらかした時点で優しいドラマに転じるんじゃないかと思ったんですが天才のやる事は違います。まだ懲りないのかよ!と。教授も只者ではない。
「~教授、そこでうなずくかよ、いろいろ偉そうな事言っといて、結局あんた、金が欲しいだけやんけ。」
なんてこと思ったのは私だけ?

Photo_3ラストの展開はうまかったです。ヒロインとの修復作業も上々、年金が欲しいカジノのおっさん(ローレンス・フィッシュバーン)との裏工作が微笑ましくもあり。教授はその後どうなったのだろう。最後の最後でこのエピソードがハーバード進学に繫がるところ、クスッと笑いがこみ上げる出来で後味は爽快。

どこからどこまでが実話なのかな。記事で見ましたが、94年にMITのブラックジャック・チームに誘われた学生ジェフ・マーが実際劇中でディーラー役として登場していたようです。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2008年6月 6日 (金)

GREAT WHITE/SHOT IN THE DARK・・・88点

ショット・イン・ザ・ダーク Music ショット・イン・ザ・ダーク

アーティスト:グレイト・ホワイト
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『LAメタル』の功績・財産として残しておきたいグレイト・ホワイトの86年傑作2ndアルバム。05年にデジタル・リマスターで再発された。

これ以外の彼らの作品は、正直あまり興味が無いと言うか、印象に残っていないのでなんとも言えないのですが、この2ndだけは素晴らしく記憶に残っております。(3rd『ワンス・ビトゥン』も名作・・といわれるが、個人的にはまぁまぁな作品だった)

さて、何がいいかというと、とてつもなく強力なバラードがラストに入っているから。そう、 ⑧『ウェイティング・フォー・ラヴ』があまりに凄みのある曲で強烈。北欧メタル風の煌くキーボードから悲壮感漂うヴォーカル、徐々に盛り上がりを魅せ、ソロで爆発するギター・ワーク、どれをとっても一級品。ちょっと情けない感じのVoが独特でいい。

楽しげな前半の曲から後半でKeyが目立つ楽曲で進む構成が意外なアルバム。タイトル曲⑤以降、北欧のバンドかと思ってしまうほどのアレンジ、メロディが秀逸でした。

LAメタル・バンドとしては『ドッケン』あたりと同じ匂いがある作品だ。⑦を聴くとBON JOVIさえ思い出す。

"ウェイティング・フォー・ラヴ”、ジャケの美しさとともにそそられる劇的な名曲です。80年代、あの頃のアメリカのバンドは美しかった。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

燃える家『ファイアーハウス』

これね、このあいだB OFFで250円で売ってました。
もう、笑っちゃいましたよ、ひとりで。こんなのあったんだ・・・


Firehouse_2





















はい、FIREHOUSEの1stアルバムUS版です。


最低ですね、これ(苦笑)。おねぇさん、何してんの?(爆)

これでホントに販売していたとは、信じられん。燃えてるよ、家が!!


まさしくFIREHOUSE!現在Amazonでも手に入る。


アルバム・レビューはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

DREAMTALE/PHOENIX・・・86点

Img010

Music フェニックス

アーティスト:ドリームテイル
販売元:マーキー・インコーポレイティド
発売日:2008/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

待ってましたの『DREAMTALE』、4thアルバムです。いや、正直前作がイマイチでしたので期待はあんまりしてませんでした。それでも彼らを応援したい気持ちは変わりません。

で、中身はどっこい、名盤1stの勢いが戻ったかのごとく、再び疾走してくれてます。それもまたクサクサに(笑)①②を聴いて思わず唸った方もおられるのでは!?

今回、バンド・メンバーがゴツイ写真で登場してますが、1st当初のメンバーはラミ・ケラネン(G)唯1人となり、ヴォーカルも替わってます。

ジャケのイメージからはジャーマン臭が漂い、ゴリゴリのパワー・メタルを想起させますが、出てくるメロディは「これぞ!」と呼べる『DREAMTALE節』

ペロペロピロピロキラキラとキーボードはSTRATOVARIUSSONATA ARCTICAの如く輝いております。北欧パワー・メタル、ここにアリ。

キャッチーな王道メトゥ④もグー!踊るようなメロの曲⑥や⑨⑪⑫には女性コーラスが入る。

そして、まるでSONATA ARCTICAな泣きメロ疾走曲⑦。これがいい曲なんだね~。歓喜歓喜。

DREAMTALEは男女デュエットがひとつのウリになっていると思うのだが、ドラマティックな⑩でも大きく取り上げられています。

ためらってるクサメロ・ファンの人は買いましょうね。エエから。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

再び『県庁の星』

いや、さっきね、『県庁の星』がTVでまたやってました(今、0時過ぎ)。


Photo 










全部観る気なかったのに、グイグイと見入ってしまいました。

前観たのが06年10月か・・ほぼ2年ぶりですね、実に観るの。はやいな~。

レンタルしたDVD他にまだ1本残ってるんですけど、見れなくなってしもうた~。

それくらい、やっぱり面白いんですね。
いろいろ思い出します。 

柴咲コウの表情が変わるたびに笑えてくる。 

感動作です。

過去記事はこちらへ。


       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »