« TED POLEY/Smile・・・85点 | トップページ | DOKKEN/LIGHTNING STRIKES AGAIN・・・84点 »

2008年5月10日 (土)

5月~ 近日公開[実話を基にした作品]

忙しくてなかなか観に行けない映画もたくさんありますが、今後の注目作を整理してみました。テーマは『実話を基にした作品』。

〈以下、シネマトゥデイより記事引用〉


★5月10日公開

『ハンティング・パーティ』

Photo_4実在のジャーナリストが体験した驚がくの実話を基に、命知らずな報道マンたちのきずなを描く社会派エンターテインメント大作。監督は大人気ドラマ「アグリー・ベティ」の第1話を手掛け、エミー賞監督賞に輝いたリチャード・シェパード。再起を求める戦場リポーターをリチャード・ギア、彼とともに戦火をくぐった元戦場カメラマンを『クラッシュ』のテレンス・ハワードが演じる。実話ならではのリアリティーと、スピード感あふれる展開が楽しめる痛快作。

ストーリー:紛争から5年、未だ危険地帯のある2000年のサラエボ。かつては花形戦場リポーターだったサイモン(リチャード・ギア)、彼とともに戦火をくぐったカメラマンのダック(テレンス・ハワード)、そして新米テレビプロデューサーのベン(ジェシー・アイゼンバーグ)は、国連にもCIAにも捕らえられない戦争犯罪人“フォックス”を追うことに……。

公式サイト:http://www.huntingparty.jp/


★5月17日公開
『痛いほどきみが好きなのに』


Photo_10『ビフォア・サンセット』などの人気俳優イーサン・ホークが自身の体験を基に執筆した同名小説を、自ら監督、脚本を手掛けて映画化。ニューヨークを舞台に、新進俳優の主人公とシンガーソングライターの卵のもどかしい恋模様を描く。主演は『ブロークン・フラワーズ』のマーク・ウェバーと『そして、ひと粒のひかり』のカタリーナ・サンディノ・モレノ。誰もが味わう恋の痛みを繊細(せんさい)に紡ぎ出すイーサン監督の手腕に注目だ。

ストーリー:新進俳優としてまずまずの生活を送っているウィリアム(マーク・ウェバー)は、21歳の誕生日を前に、シンガーソングライターとしての成功を目指す女性サラ(カタリーナ・サンディノ・モレノ)と出会う。ウィリアムは独特の魅力を放つサラにどんどんのめり込み、自分でも信じられないほど彼女を深く思うようになるが……。

公式サイト:http://www.itakimi.jp/


★5月31日公開

『ラスベガスをぶっつぶせ』

Photo_7

マサチューセッツ工科大学の数学の天才学生たちが、ラスベガスのカジノで荒稼ぎしたという実話を基にした大ベストセラーを映画化。オスカー俳優ケヴィン・スペイシーが製作と出演を務め、監督は『キューティ・ブロンド』のロバート・ルケティックがあたる。全米期待の若手注目株ジム・スタージェスが主演を務め、共演には『スーパーマン リターンズ』のケイト・ボスワース、『マトリックス』シリーズのローレンス・フィッシュバーンらが名を連ねる。

ストーリー:
マサチューセッツ工科大学の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、ブラックジャックの必勝法を編み出した天才学生チームに誘われる。チームに参加した彼は仲間たちと日夜トレーニングを重ね、卓越した頭脳とチームワークを駆使してラスベガス攻略に挑む。

公式サイト:
http://www.ore-tensai.jp/


★6月28日公開
『シャークウォーター 神秘なる海の世界』

Photo_11サメが生息する世界各地の神秘的な海の世界を、美しい映像でとらえた海洋ドキュメンタリー。幼いころからサメに魅せられたロブ・スチュワート監督が“血に飢えた凶暴な怪物”というイメージを覆すべく、海洋生物の進化を支えてきたサメの知られざる生態を映し出す。また巨額の富を生み出すフカヒレのためにサメが密漁、乱獲される現場を追う中で数々の妨害にあう様子も収められており、今や絶滅の危機にひんしたサメを取り巻く環境に驚かされる。

ストーリー:
幼いころからサメに夢中だったロブ・スチュワートは、サメが海の生態系を支えてきたことを学ぶ。“血に飢えた凶暴な怪物”というイメージを覆すべく、自ら海底でサメと戯れその知られざる生態を映し出す。一方、ガラパゴスなどの保護海域でサメが密漁されていることを知った彼は、マフィアも絡む巨大フカヒレ産業の実態を目撃する。

公式サイト:
http://www.glassymovie.jp/sharkwater/


★6月28日公開
『告発のとき』


Photo_9
失踪(しっそう)したイラク帰還兵の息子を捜索する父親が、アメリカ軍が封印しようとする真実に迫っていくサスペンス・ドラマ。2003年に実際に起きた事件を基に、『クラッシュ』のポール・ハギスが映画化。あえてアメリカの闇に触れ、正義ために何をすべきかを描いた。主演のトミー・リー・ジョーンズをはじめ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドンの3人のオスカー俳優による、重厚な演技のアンサンブルも見どころ。

ストーリー:退役軍人のハンク・ディアフィールド(トミー・リー・ジョーンズ)は、イラクから帰還してくるはずの息子マイク(ジョナサン・タッカー)が脱走したという知らせを受ける。息子を探すために現地へ向かい、地元警察のサンダース刑事(シャーリーズ・セロン)と捜索を開始。真実が明るみに出るとともに、ハンクは知らなかった息子の素顔を知ることに…。

公式サイト:
http://www.kokuhatsu.jp/

◎気になる作品をピックアップしてみました。参考までに。


|

« TED POLEY/Smile・・・85点 | トップページ | DOKKEN/LIGHTNING STRIKES AGAIN・・・84点 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/20867588

この記事へのトラックバック一覧です: 5月~ 近日公開[実話を基にした作品]:

« TED POLEY/Smile・・・85点 | トップページ | DOKKEN/LIGHTNING STRIKES AGAIN・・・84点 »