« うわぉ! | トップページ | EXSECRATUS/TAINTED DREAMS・・・78点 »

2008年2月 2日 (土)

映画『ネバー・サレンダー 肉弾凶器 THE MARINE』

Photo 新世代アクションスターの誕生か!本作でスクリーン・デビューを飾るのは、WWE(World Wrestling Entertainment)で“ワル学の帝王”の異名を持つ、ジョン・シナという男。宣伝の写真のイメージからムキムキ“コマンドー”な映画だろうと思っていたら、ホントにそうでした。

昔のシュワちゃんの映画を観ているようなパワー・アクションが炸裂した作品。

DVDのパッケージはコテコテの軍事アクションみたいにも見えますが、それは冒頭のイラクでの救出作戦におけるシークエンスのみ。いや、ここからすでに強引なアクション映画の王道路線。「イラク戦争の是非など知ったことか!」と言わんばかりの俺様な展開だ。

後は除隊になった主人公がアホアホな強盗団の人質になってしまった妻を助けるべく孤軍奮闘するという単純明快なストーリー。

この強盗団のボスにロバート・パトリックが出てました。『ターミネーター2』で有名になったT1000さんです。

強盗をするにも白昼堂々覆面もせず行動、気に入らない人間は射殺、パトカーに乗っていた警官は爆殺。その割には何故かお荷物にしかならない主人公の妻をわざわざ人質に捕る
意味が分からん強盗団です。

まったくおかしいのだけれど、爆笑したのは部下のひとりが不死身なまでに追いかけてくる主人公のことを「まるでターミネーターだ」っていうシーンで、ロバートがルームミラー越しに横目でじろりと見るところ。
「ああ・・こういう映画なんだ・・」と妙に納得してしまった。コメディか!

ま、銃撃戦・カーチェイス・爆破とアクションは見応えありました。監督がCM出身らしく、なかなかに斬新でスピーディーな映像が盛り込まれています。

Photo_2主人公が銃を使ったのは冒頭だけで、後は自粛したかのように銃を使わず敵に立ち向かったのがいいですね。ジョン・シナのパワー漲る肉弾戦がアクションスターとしての今後を期待させます。

にほんブログ村 映画ブログへ

ネバー・サレンダー 肉弾凶器 DVD ネバー・サレンダー 肉弾凶器

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2008/01/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する



|

« うわぉ! | トップページ | EXSECRATUS/TAINTED DREAMS・・・78点 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/10178331

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ネバー・サレンダー 肉弾凶器 THE MARINE』:

« うわぉ! | トップページ | EXSECRATUS/TAINTED DREAMS・・・78点 »