« 絵文字導入 | トップページ | 映画『ジャンパー』に期待 »

2008年2月24日 (日)

映画『ホステル2』

Photo_2現実にあるタイ発のサイトを知ったことから着想したらしい、イーライ・ロス監督による拷問スリラー映画『ホステル』の正統なる続編。前作で逃げ出した男が冒頭から登場して物語が始まります。その男の行く末はさておき、今回の犠牲者は女子学生となった。

この陰惨たる空気は旧共産圏の名残なのか。拷問殺人クラブ『エリートハンティング』の組織における全貌が今回明らかになります。

ただの残酷なホラー映画ではなく「もしかして、本当に存在するんじゃないの?」と思わせるリアル・ゴアなこの作品。

精神分析医が明かす『善人とは悪人の所業を夢見るだけの人間』(プラトン)と取る定義。DVDでは特典映像で拷問の歴史なども事詳しく解説されています。

あのホステルで、今度は女性3人が世界中の“金持ち”にオークションをかけられるという愕然とする内容。普通の隣人(金持ちだけど)が飽くなき満たされない欲求・欲望により殺人クラブに参加し、拷問している。善人が豹変する瞬間が恐ろしや。監督が言う時代の恐怖を反映させたものだといわれる所以がここにある。

拷問野郎どもや組織の行動にはまったく理解不能だがそこが怖い。宗教儀式めいた殺害場面も出てきた。

Photo_6今回はやや良識のある女性が主人公の為ストーリー性があり、前作ほど残虐な場面は少なかったように思います。反撃に出るところもあったし。

セル版DVDには【無修正版】となっていました。どこが修正されていたのか分からんのだが、あの局部切断シーンかな、、

特典の未公開シーンで見られる、
「前作では女性ファンから“女のヌード”が多いと意外な苦情があり、今回は序盤にペ○スを映した」とする監督の意図が可笑しかったけど、そのシーンがそうなんだろうか。

『食人族』の監督がカメオ出演しているエピソードもあり、芸が細かいです。知らない俳優さんが多いのですが、あちらではかなり有名な方も出ておられます。

特典映像がまた興味深い作品でした。メイキングを後で見るとちょっとホッとします。にほんブログ村 映画ブログへ


ホステル2 [無修正版] DVD ホステル2 [無修正版]

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 絵文字導入 | トップページ | 映画『ジャンパー』に期待 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/10718854

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ホステル2』:

« 絵文字導入 | トップページ | 映画『ジャンパー』に期待 »