« 映画『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』 | トップページ | 休憩中 »

2008年1月13日 (日)

映画『ザ・グリード DEEP RISING』

Deeeeeeep

『90分で3,000人- 喰って、喰って、喰いまくれ!
魔の東シナ海を処女航海する ハイテク超豪華客船アルゴノーティカ号に 未知の恐怖が浮上する… いま、絶望の悲鳴が--食欲をそそる!』

これ、宣伝文句が凄い。

この映画はこれまで幾度かTVで放送されていたと思いますが、日曜洋画劇場でまたやってました。これで観るの3回目かな。ついついTVつけてると観ちゃうんだわ、面白いから。もう公開されてから10年になるのか・・時が経つのが早い。

◎謎の武装集団を乗せた密輸船がとある豪華客船に遭遇。そこでは得体の知れない怪物との死闘が待っていた!ヘビみたいな触手を持つ巨大なカバ・タコ・ミミズ系モンスターが暴れまくる中、派手なドンパチと気の利いたトークが絶妙なまでに展開される怪物パニック・アクション。

曲者俳優総出演といった感じで、残酷な映画のはずなのに各々のセリフが軽快で笑かしてくれる。テンポのいい話の流れに気分は上々です。

主演のトリート・ウィリアムズはたまに面白いB級なアクション映画でお目にかかりますが、温和な独特の風貌が味があり、いい俳優さんです。

ファムケ・ヤンセンていう女優さんがスリの達人を演じておられますが、これがまたいいキャラクターを好演されていて作品に美と潤いを与えてくれています。気の強い女性だな~(笑)

気の利いたセリフと言えば「お次は何だ!?」。何度聞いても可笑しいね。

ドデカイ怪物に遭遇したとき、「カメラ持ってくれば良かった」とか言ってました。怪物の目がアップになった時は「がんとばしてんじゃねーよ!」だって(爆)トリート・ウィリアムズが言うからこそ面白いんだ。日本語吹替GOOD!

Deepあの“名シーン”はTVではやはりカットされてます。あそこがひとつのハイライトだったと記憶しているのだが。さーて、どこかな~、そこはDVDで完全版をチェック!

続編出るかなと待っていたけど、出ないね。最後の終わり方もシャレた傑作です。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 映画『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』 | トップページ | 休憩中 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/9870803

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ザ・グリード DEEP RISING』:

« 映画『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』 | トップページ | 休憩中 »