« TVドラマ『医龍2』第2話 | トップページ | HELLOWEEN/GAMBLING WITH THE DEVIL・・・87点 »

2007年10月22日 (月)

映画『グッド・シェパード』

Cia_3 アメリカ合衆国の諜報機関であるCIA。いまだに謎の多い秘密部隊による草創期が描かれるということで、如何わしいながらも興味津々で劇場に向かいました。CIAといえばジェイソン・ボーンシリーズで大活躍のマット・デイモン。彼が今度はマッチョ・デイモンというよりか、見た目はマトモ・デイモンな感じで内向的な諜報員を演じておられました。

CIAの誕生から冷戦時代の諜報活動がメインの壮大な物語なのですが、エドワード・ウィルソン(マット・デイモン)という青年が二股をかけてはできちゃった婚をし、後に淡々と着実にCIAの仕事をこなす地味な展開。彼はマトモなのか、イカレテルのか!?その活躍は事件の背景を臭わせる程度で、終始分かりづらい。コレ、つまらなかったな~、、

秘密ばかりな夫に耐えられず、疲れ果てる妻クローバーアンジェリーナ・ジョリーが扮する。ジョリーは顔からして迫力があり、いまにも暴れだしそうなオーラを放っているが、とにかくこの映画では我慢しているように見えてしまい滑稽だった。過去の出演作がかなり強力だからね。

結婚してから22年という歳月が流れているにも拘らず、夫婦がまったく老けていないのはなんかおかしい。特にエドワードは。不老長寿の薬でも手に入れたのかしらん。息子はいつの間にかすっかりになっているのに・・。

◎冒頭のシーンが伏線となってラストで収束します。


他人を信じないように施す将軍の言うとおり、誰にも感情移入できないスパイ合戦が繰り広げられる。「あれ?あの人は誰でこの人は誰だったかなぁ・・」と、混乱しまくりになる為に物語のベース自体が信じられなくなってくる始末。前半は特に辛かったです。「これ、2時間以上も見なきゃならんのか。」
劇場には年配の方も結構見受けられましたが、CIAやそれにまつわる事件を少しでも知ろうとする若者達にとって、この映画は逆に興味を無くさせる要因になりかねないのだろうかといらぬ危惧さえしてしまった。

後半になるとなかなか面白味は出てきましたが。

Sssイエール大学にある秘密結社 スカル&ボーンズの存在やCIAとFBIの関係、イギリスやソ連の諜報員の工作など非常に興味深かった。しかしどうも腑に落ちない主人公エドワードの淡白なキャラクターから話が生かせてないような気がする。それがCIAなのか。正直、『ボーン・アルティメイタム』にもう気が行ってしまってる自分がここにおります。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« TVドラマ『医龍2』第2話 | トップページ | HELLOWEEN/GAMBLING WITH THE DEVIL・・・87点 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメトラ有難うございました。

秘密結社とか諜報機関とか大好きなので、全然長く感じませんでした、実際のCIAの活動は地味な物らしいですし、相手に感情を読ませないことが大事なので、無表情なマットはにあってたと思います。
ボーンシリーズはフィクションとして派手なアクションを楽しみにしています。

投稿: くまんちゅう | 2007年10月28日 (日) 19時00分

くまんちゅうさん、こちらこそコメトラ、ありがとうございます。
>相手に感情を読ませないことが大事

確かに、マットは無表情ですね。この手のはなしには合っていると思います。
長かったですけど、後半は引き込まれるものがありました。
無表情なボーンのラストはどうなるのでしょう。楽しみです。


投稿: たまさん(主) | 2007年10月28日 (日) 20時21分

こんにちは♪

ボクは逆に前半は惹き込まれて後半がちょい苦でした。
キューバ危機のエピにもう少し盛り上がりがあれば最
後まで集中できたかなと思えました。
ロシア人スパイ連は完全に顔と名前が一致出来なくなっ
てました…。r(^^;)

投稿: 風情♪ | 2007年10月29日 (月) 10時59分

風情♪さん、こんにちは。
誰が誰だったか?って感じでダレてしまいましたね。後半の盛り上がりにも欠けていました。
ローラのエピを増やすと別の意味で面白かったかもしれません。

投稿: たまさん(主) | 2007年11月 1日 (木) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/8535758

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『グッド・シェパード』:

» 「グッド・シェパード」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「グッド・シェパード」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー、ロバート・デ・ニーロ、エディ・レッドメイン、タミー・ブランチャード、リー・ペイス、ケア・デュリア、ウィリアム・ハート、ジョン..... [続きを読む]

受信: 2007年10月23日 (火) 10時01分

» グッド・シェパード [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
いくつの愛を失くせば、この国を守れるのか。 1961年、キューバのカストロ政権転覆を目論んだピッグス湾侵攻作戦がCIA内部の情報漏れで失敗し、指揮をとったベテラン諜報員エドワード・ウィルソンは窮地に立たされる。第二次世界大戦前夜、イェール大学在学中に秘密結社....... [続きを読む]

受信: 2007年10月25日 (木) 16時18分

» 「グッド・シェパード(The Good Shepherd )」映画感想 [Wilderlandwandar]
F・F・コッポラ製作でロバート・デ・ニーロ監督作の「グッド・シェパード(原題: [続きを読む]

受信: 2007年10月27日 (土) 13時06分

» グッド・シェパード [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 アメリカ  ドラマ&サスペンス  監督:ロバート・デ・ニーロ  出演:マット・デイモン      アンジェリーナ・ジョリー      アレック・ボールドウィン      ロバート・デ・ニーロ 【物語】 第二次大戦間近のアメリカ。イエール大学に通うエドワ...... [続きを読む]

受信: 2007年10月28日 (日) 00時20分

» 【2007-151】グッド・シェパード(THE GOOD SHEPHERD) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? CIA誕生にすべてを捧げ 闇の中へ <家族>と<組織>の間で キューバ危機から冷たい戦争へ いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。 ... [続きを読む]

受信: 2007年10月28日 (日) 23時17分

» 「グッド・シェパード」息詰まる展開ながら静かに進行 [soramove]
「グッド・シェパード」★★★マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー主演 ロバート・デ・ニーロ監督、2006年、アメリカ どうしてこの映画をデニーロは作りたかったんだろう、 玄人っぽい出来を見せたかったのか、 意図するところは分からないが、 地味な...... [続きを読む]

受信: 2007年11月 1日 (木) 23時03分

» 映画「グッド・シェパード」(2006年、米) [富久亭日乗]
   ★★★★☆  名優ロバート・デ・ニーロの監督2作目は、 国家・組織と家族との間で揺れる男の大河物語だ。      原題は、新約聖書に登場するキリストの言葉 「良き羊飼い」の意味の「The Good Shepherd」。  軍、CIAの一員として、 アメリカのために家族を犠牲にして 諜報活動に身を投じた主人公を マット・デイモンが演じる。  物語は、CIA(米中央情報局)が、 キューバのカストロ政権を転覆させようとして失敗した 「ビックス湾事件」の真相解明を軸に進む。 そこに、父親の自殺、大学... [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 21時16分

» グッド・シェパード [シネクリシェ]
 静謐な映像の中にも緊迫感をたたえた、予想以上の佳作でした。  2時間半を超える長尺の作品ですが、まったく冗漫さを感じさせません。  静かなるハードボイルドとでもいうべき作品でしょうか。  『ゴッドフ... [続きを読む]

受信: 2007年11月11日 (日) 09時46分

« TVドラマ『医龍2』第2話 | トップページ | HELLOWEEN/GAMBLING WITH THE DEVIL・・・87点 »