« 映画『地獄の変異 THE CAVE』 | トップページ | 地元民~同級生編 »

2007年3月 1日 (木)

映画『ゆれる』

劇場公開時から評判が良く、気になっていた本作。Photo_84
西川美和監督が描く“兄弟の物語”をようやくDVDで鑑賞しました。

田舎に留まり、父(伊武雅刀)の経営するガソリンスタンドに勤務する兄・稔香川照之、 東京でカメラマンとして活躍する弟・猛オダギリジョー、さらに兄弟の幼馴染の女性、智恵子真木よう子が共演。

母の一周忌に久々に帰郷したは威厳のある父とは反目している。が店長のスタンドに立ち寄ったはそこで働く智恵子と関係を持つ。しかしどうやら智恵子に好意を抱いている様子。そして次の日、3人で近くの渓谷に向かうが、兄の近くにいた智恵子が吊り橋から川に転落して命を落としてしまうという急展開。

Photo_85 事故として処理された智恵子の死は兄の「自白」で一転し、弟は容疑者となった兄を救う為に尽力するがー。

静かに淡々と話が進む中、妙な三角関係が発覚して呆気に取られる。よく分かりませんが、智恵子元カノのようでして、彼女のことを想っていたらしきに嫉妬&智恵子に悪意(!?)、に嫉妬していた、、、智恵子がちょっとうざったかった(?)とドロドロの心象風景。
と書いていくと訳が分からなくなりました(苦笑)

恋人も無く、友達も無く、家業に追われてストレス増幅中の兄の姿が痛々しく、香川照之怪演に戦慄。見た目はごく普通のいい人なんだが、内面に抱えた葛藤は凄まじいものがあります。こういう人、結構身近にいるんじゃないでしょうか。いたらポン!と背中を押してあげましょうPhoto_86。間違っても渓谷には一緒にいかないように(禁)。

オダジョーはカッコイイし、女にも不自由しないというおいしい役柄ですが、結局は弟も孤独だった。都会暮らしの人間は田舎モンの事を冷たい目線で見る。田舎モンは都会暮らしの人間を冷たく見る。それが家族だとすれば、逃げ道は無い。

私には兄弟がおりませんのでその絆とか、兄弟愛は理解できないところが多々あります。この兄弟はかなり複雑怪奇でさらに理解しがたいところが多々ありますが、個人としての感情の部位においては、所々なんか分かるような気もしました。   プライドです。

兄弟主体のこの作品、置いてきぼりをくらったヒロインのエピソードをもっと大切に描いてくれれば後味も良かったように思います。

ゆれる DVD ゆれる

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 映画『地獄の変異 THE CAVE』 | トップページ | 地元民~同級生編 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~♪

気になっていた映画ですが、元々邦画をあまり観ないので(汗)今頃の鑑賞となりました~
で、、、オダギリ&香川の演技が素晴らしいし、鑑賞後悶々とさせる(笑)脚本も素晴らしかったと思います。
こういう映画を観ると邦画もいいよなぁ~って思うわ~
原作にはヒロインのエピソードも書いてあるみたいなので読んでみようと思っています♪

投稿: 由香 | 2010年1月11日 (月) 12時45分

由香さん、
ウチも邦画はたまに見る程度になっちゃってますが、
なるべく見るようにしようかなと。
この監督さんは悶々系映画が得意なんですかね、
キャラの描き方はうまいな~と思います。
ヒロインが何者なのかももうちょっと知りたいですね。

投稿: たまさん(主) | 2010年1月13日 (水) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/5538525

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ゆれる』:

» 「ゆれる」 [再出発日記]
「ゆれる」監督 西川美和出演 オダギリジョー、香川照之、新井浩文 、真木よう子地元のミニシアター、シネマクレールではこの2週間「ゆれる」のアンコール上映をしている。ちょうどこの映画が上映されている頃、私が韓国旅行の途中だったので、見逃していた。評判だけ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 12時44分

» ゆれる [★YUKAの気ままな有閑日記★]
      〜明けましておめでとうございます              今年も宜しくお願いします〜今年最初の記事は、年とは何の関係もないコチラです―レンタルで鑑賞―【story】東京でカメラマンとして成功している猛(オダギリジョー)は、母の一周忌で帰省する。彼は実家のガソリンスタンドを継いだ兄の稔(香川照之)や、そこで働く幼なじみの智恵子(真木よう子)と再会し、3人で近くの渓谷に行くが、猛が単独行動している間に、稔と渓谷にかかる吊り橋の上にいた智恵子が転落する―     監督・脚本 : 西川美和 『... [続きを読む]

受信: 2010年1月11日 (月) 12時41分

« 映画『地獄の変異 THE CAVE』 | トップページ | 地元民~同級生編 »