« 飲み友 | トップページ | 映画『ゆれる』 »

2007年2月24日 (土)

映画『地獄の変異 THE CAVE』

ルーマニア・カルパチア山脈の奥深くに永きにわたり封印された巨大洞窟が発見される。Photo_81 探検隊による探索が開始されるが、崩落により閉じ込められた彼らに未知のモンスターが襲い掛かりー。

洞窟モノとしては映画『ディセント』と良く似た設定の作品ですが、コチラはオープニングからかなりのスケール感があり、洞窟の規模もでかいのナンノ。ブルーを貴重にした映像美は地下水脈をうまく利用して壮麗な様子。茶色いイメージの洞窟も本作では青々としています。

ハイテク装備を駆使する男女精鋭ダイバーチームが登場、どなたが主人公なのか良く分からないまま話が進みますが、ひとりまたひとり、、モンスターに襲われて生き残った人物がとりあえず主人公なのだろうと。

作風は壮大なのですが、どうもダラダラな人間関係についていけなかった。洞窟を知り尽くしたプロ集団、皆さん気丈な振る舞いなので感情移入ができない。あんなモンスターが出てきたら、もっとびびってくれなきゃこっちもびびれんのですよ。「空、飛ぶし!!」 エイリアン”がコウモリになった!!『ジーパーズ・クリーパーズ』!?

後半はから一転Photo_82して茶色いイメージ→赤になり、モンスターとの盛大なバトルで終止符を打つ。燃え盛ってました。
狭くて怖い『ディセント』ほどの衝撃はないですが、クリーチャー・デザインも凝っているし、まぁ、それなりに楽しめた作品です。エイリアン』+『クリフハンガー』ってところでしょうか。オープニングからの伏線も中途半端で、後に何か残るかというと、ナンも残りませんけどね。

あ、ラストももうひとひねりあります・・・でした。
さらにエンディング・テーマはNIGHTWISH!HR/HMファンは必聴!!

地獄の変異 DVD 地獄の変異

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/02/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 飲み友 | トップページ | 映画『ゆれる』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
あたしはこの映画の、パニくらないところが、好きなんです。
でも、全体的には、、、
お金はかかっているケド、イマイチだなぁ、、、

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2007年3月23日 (金) 23時29分

>お金はかかっているケド、イマイチ

暗くて狭いのがお好きな 猫姫さんにはちょっと洞窟が広すぎましたかな。やはり『ディセント』のほうが怖かったですね。
悪くはない作品なんだけど私もイマイチな印象が拭えない洞窟映画でした、、、。 

投稿: たまさん(主) | 2007年3月24日 (土) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/5467993

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『地獄の変異 THE CAVE』:

» 地獄の変異 [映画のメモ帳+α]
地獄の変異#8194;(2005 アメリカ・ドイツ ) 原題   THE CAVE     監督   ブルース・ハント  脚本   マイケル・スタインバーグ       ティーガン・ウェスト      撮影   ロス・エメリー        音楽   ラインホルト・ハイル       ジョニー・クリメック    出演   パイパー・ペラーボ コール・ハウザー レナ・ヘディ 原題は「THE CAVE(洞窟)」。個人的に秋吉台とか、鍾乳洞の雰囲気って妙に好きなんです。... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 02時08分

» 地獄の変異 07055 [猫姫じゃ]
地獄の変異 THE CAVE 2005年   ブルース・ハント 監督パイパー・ベラーボ コール・ハウザー レナ・ヘディ エディ・シブリアン モーリス チェスナット ケイヴィングホラー3本目! ディセント ザ・ケイヴ 前の映画が、原題 WIthI...... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 23時08分

« 飲み友 | トップページ | 映画『ゆれる』 »