« 大阪から帰還♪ | トップページ | 『太田総理と秘書田中。』いじめ問題2 »

2006年11月26日 (日)

映画『トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN』

2027年の近未来が舞台ですが、SF娯楽アクション大作などと思っていると痛い目にあうPhoto_50リアルで政治色濃厚な重い作品でした。

原因不明の急激な出生率低下から人類に子供が誕生しなくなる世界、地球規模で多くの国家は崩壊、舞台となるイギリスではかろうじて軍事力を使った徹底的な抑圧の下に治安を維持している。

体制と反体制、運命と信念という『生きるとはどういうことか』をエネルギー省官僚の主人公セオ(クライヴ・オーウェン)の奮闘や反政府組織のリーダーでありセオの元妻ジュリアン(ジュリアン・ムーア)、さらにセオの平和活動時代の友人ジャスパー(マイケル・ケイン)の行動から見て取れます。

Photo_52 物語の鍵になるのはキー(クレア=ホープ・アシティ)という名の移民の少女で、人類でただひとり妊娠している人物という設定である。キーと同様、物語のキーパーソンになると思っていたジュリアンの早々の死はかなり置いてきぼりをくらった感じです。

セオは体制・反体制の両側から追跡されるが、抑圧された社会から人類の希望・未来であるキーを新社会組織“ヒューマン・プロジェクト”に送り届けるため逃げ回る。終始、暴力・戦闘に加担しない姿勢が象徴的です。Photo_54

冒頭の市街地テロ爆破シーンからクライマックスの6分を超えるワンショット撮影の戦闘まで、手持ちカメラによるドキュメンタリー・タッチの作風が圧巻でした。911同時多発テロ事件以降の社会情勢をまざまざと見せ付けられているようでリアリティが迸っています。

Photo_57 子供を見た兵士達がピターっと戦闘を止めるところとまたロボットのように戦闘を再開するところなども印象的でしたね。

随所にある小ネタで、メスの鹿の登場や、豚のバルーンなんかが妙に印象に残っています。音楽ネタではディープパープルの『ハッシュ』やキング・クリムゾンの『クリムゾン・キングの宮殿』が流れてきてハードロック繋がりだ~と(笑)

社会全体が右傾化していく中でのフェミニズム、少子化、環境問題、貧富の差など他人事ではないメッセージを強く投げかけてくる作品だと思いました。

トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション DVD トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 大阪から帰還♪ | トップページ | 『太田総理と秘書田中。』いじめ問題2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBどうもです。
本当に近未来に起こりそうな、現実味の溢れるメッセージが満載でなんだかツライ作品でした。
ならばそうならないように。。。と思うのですけどね、一人ひとりは非力。なんとかしたいものですねぇ・・としみじみ。

投稿: たいむ | 2006年11月26日 (日) 14時19分

たいむさん、どうもどうも♪
思ってたよりもリアルで恐ろしい描写の作品でした。
メチャ重たい空気に包まれながら劇場を後にした私です・・。
ラストも悲壮感漂ってましたねぇ~。

投稿: たまさん(主) | 2006年11月29日 (水) 01時05分

こんばんは~!
TB&コメント、ありがとうございました!!

私はオーウェン扮するセオが、
やたらと犬猫に好かれてるのが印象的でした。
特に子猫が必死に足元にしがみついて、
這い上がってこようとするシーンが、
後半、セオが未来の希望である子供を守る
“使命”があるということを予期しているかのようでした。
ところで、リンク貼っていただきまして、
どうもありがとうございます!!
こちらも早速リンクを貼らせていただきましたので、
今後もどうぞ宜しくお願いいたします!!

投稿: 伽羅 | 2006年12月 2日 (土) 00時40分

動物がよく出てくる作品でした。
伽羅さん、よく観察されてますね☆☆随所で『命』を観客に投げかけているかのようです。
リンク、ありがとうございます。またよろしくお願い致します!!

投稿: たまさん(主) | 2006年12月 3日 (日) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/4315973

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN』:

» 「トゥモロー・ワールド」みた。 [たいむのひとりごと]
劇場チラシや予告編、原題「CHILDREN OF MEN」から、なんとなく『アイランド』のようなイメージを持っていた。しかしまったく異なり、これは『日本以外全部沈没』でのGAT(外人アタック・チーム)”VS外国人難民”そのままではないか!... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 14時16分

« 大阪から帰還♪ | トップページ | 『太田総理と秘書田中。』いじめ問題2 »