« AXENSTAR/THE FINAL REQUIEM・・・84点 | トップページ | IRON MAIDEN/A MATTER OF LIFE AND DEATH・・・80点 »

2006年10月30日 (月)

映画『父親たちの星条旗』

Photo_30 C・イーストウッド監督による戦争巨編“硫黄島2部作”の第一弾を鑑賞しました。
歴史的に有名な『硫黄島での国旗掲揚』写真に写された帰還兵3人のドラマを主軸に、凄惨な戦闘シーンを挿入した硫黄島の激戦とその内実をアメリカからの視点で描いています。

軍記に詳しい友人の話も手伝い、戦時背景はある程度予習した上での鑑賞でしたが、生還した“英雄”の一人のジョン・ブラッドリーの息子ジェイムズによる原作をS・スピルバーグが映画化権を得て製作したあたり、まるでイーストウッドの描く人間ドラマとスピルバーグが描くアクションが独特のミスマッチ感覚を起こしているようにみえて、不思議。

ジェイムズ含めて語り部が複数いるので時間軸がいくつも交差します。そこらへん、登場人物が誰が誰だったかやや理解しにくい展開になっていてちょっと複雑でした。

324328view004 印象的なのは“国民的英雄”となった3人の帰還兵が戦費調達の為の戦時国債キャンペーン・ツアーに駆り出される過程です。 摺鉢山の頂上に翻った星条旗の写真の真実と戦場の体験による苦悩。戦争に誇れるものなどない」 

艦隊を映す壮大な俯瞰ショットや巨大要塞のような摺鉢山での激戦、戦闘機からの映像などド迫力で圧倒されますが、日本軍のゲリラ戦法に苦戦する米兵の戦いは淡Photo_32々としていて悲壮感漂うもの。米兵の悲しい末路も赤裸々に描かれ、人間同士殺しあうなんてなんて馬鹿げたことなんだろうかと痛感いたします。

権力者によるデッチ上げプロパガンダは現代でも続いているのではないか?過去のお話だけでは済まされません。日本側からの視点で描いた第2弾『硫黄島からの手紙』も観てみたいと思います。

|

« AXENSTAR/THE FINAL REQUIEM・・・84点 | トップページ | IRON MAIDEN/A MATTER OF LIFE AND DEATH・・・80点 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TB&コメント、どうもありがとうございました!

>ジェイムズ含めて語り部が複数いるので
>時間軸がいくつも交差します。
>そこらへん、登場人物が誰が誰だったか
>やや理解しにくい展開になっていてちょっと複雑でした。

私も同感でした。
現在と過去が行ったり来たりするので、
やや入り込めない、感情移入しにくいところがありましたね。

アメリカと日本、それぞれの視点から観た硫黄島、
2部作構成という点がとても気に入りました。
『硫黄島からの手紙』も絶対に観たいと思います!

投稿: 伽羅 | 2006年11月 5日 (日) 04時22分

伽羅さん、いらっしゃいませ。こちらこそどうもです。
『硫黄島からの手紙』、予告編見た限りでは面白そうです。
ごまかしではなく、同じ日本人がどう描かれているのか楽しみです。これをアメリカの製作でするところがまたいいですね。

投稿: たまさん(主) | 2006年11月 6日 (月) 02時59分

たまさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

イラク戦争などでも、英雄が(もしくは敵が)作られていた気もします。
この映画は太平洋戦争での出来事を描いていますが、書いていらっしゃるように現代にも通じることだということを肝に銘じておかなければいけないですね。

投稿: はらやん | 2006年11月24日 (金) 21時47分

はらやんさん、どうもです。
>イラク戦争などでも、英雄が(もしくは敵が)作られていた

マスメディアから流れる情報が全て正しいとは限らないですね。“今”の時代だからこそこういった作品の意義をしかと受け止めたいと思います。

投稿: たまさん | 2006年11月24日 (金) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/4012379

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『父親たちの星条旗』:

» 父親たちの星条旗・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
一枚の有名な写真がある。 太平洋戦争の激戦地、硫黄島の擂鉢山の山頂に、星条旗を突き立てる6人のアメリカ兵を写したものだ。 1945年2月23日にAP通信のジョー・ローゼンタールによって撮影され、ピューリッツァー賞を受賞... [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 12時10分

» 『父親たちの星条旗』 [ねこのひたい〜絵日記室]
今回、旗を立てるのは、硫黄臭漂うハートブレイクリッジか。3度目のオスカーか。 [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 20時32分

» 父親たちの星条旗 [映画とはずがたり]
太平洋戦争の有名な写真、 「硫黄島・摺鉢山に星条旗を立てた6人の兵士」 の軌跡を紡ぎだした、 クリント・イーストウッド監督 渾身の戦争映画!! STORY:砲弾に襲われた山の頂に星条旗を掲げる 6人のアメリカ兵―。 1945年2月23日、太平洋戦争末期の激戦の真っ....... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 01時46分

» 『父親たちの星条旗』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『父親たちの星条旗』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある。 戦争を終わらせた一枚の写真。 その真実。 アメリカ側の視点から描かれた 『父親たちの星条旗』は、 歴史上もっとも象徴的なイメージのひとつ "摺鉢山にアメリカ国旗を揚げる5人の海兵隊員と 1人の海軍兵士の写真"のエピソードを基にしている その写真は硫黄島戦の勝利のシンボルとして 長引く戦争に疲れたアメリカ国民の 士気を高めるために利用され 旗を掲げる6人の兵士はたちまち... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 08時30分

» 父親たちの星条旗 壮絶な戦闘シーンは圧巻、でもどこか「プライベート・ライアン」に似ている [シカゴ発 映画の精神医学]
 クリント・イーストウッド監督の硫黄島の戦いを題材にした新作。 早くも「アカデミー最有力候補」とも言われており、日本でも前評判は高いようだ。 昨年の「ミリオンダラー・ベイビー」で、イーストウッドの監督としての力量にノックアウトされた私は、早速鑑賞...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 10時25分

» 父親たちの星条旗 [Akira's VOICE]
やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 11時18分

» 父親たちの星条旗 [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
父親たちの星条旗 (監督 クリント・イーストウッド) 原題: Flags of Our Fathers (2006) 2006年10月28日 日本初公開 公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン8 E-14ウィンブル・シート 2006年11月1日(水)9時45分の回 ゴウ先生総合ランキング: A   画質(スコープ): A   音質(SR-D): A   英語学習用教... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 14時41分

» 【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 17時23分

» 父親たちの星条旗 [悠雅的生活]
戦争を語るのは、戦争を知らない者たちだ [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 21時24分

» 東京国際映画祭オープニング「父親たちの星条旗」華やかに上映 [soramove]
東京国際映画祭のオープニングを飾る大作。 今年も行ってきました。 出演者の舞台挨拶は地味目でした。 一昨年はここでトム・ハンクス「ターミナル」を見ました。 昨年は高倉健さんが舞台挨拶だったな。 「父親たちの星条旗」★★★★オススメ ライアン・フィリ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 10時15分

» 「父親たちの星条旗」は言っている。 [やまたくの音吐朗々Diary]
2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。クリント・イーストウッドといえば、「許されざる者」「ミスティック・... [続きを読む]

受信: 2006年11月10日 (金) 03時13分

» ■〔映画鑑賞メモVol.14〕『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)& more... [太陽がくれた季節]
1.『サラバンド』(2003/ベルイマン)鑑賞プチ・メモ≪→こちら≫ 2.『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)鑑賞メモ≪→こちら≫ 3.『百年恋歌』(2005/ホウ・シャオシェン)鑑賞前メモ≪→こちら≫ おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです。 11月4日の朝を迎えました。^^ 11月3日の「文化の日」を含むこの3連休、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 さて、この3連休を使って、紅葉見物〔◆全国紅葉名所カタログ2006~Walkerplus〕に出かけら... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 17時52分

» 「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る [はらやんの映画徒然草]
イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 20時36分

» 父親たちの星条旗 (Flags Of Our Fathers) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 クリント・イーストウッド 主演 ライアン・フィリップ 2006年 アメリカ映画 132分 戦争 採点★★★ 「コイツは、白いのも、黒いのも、黄色いのも、茶色いのも大嫌いなんだよ」 『ダーティ・ハリー』でハリーについて語られる言葉だが、イーストウッドその人を顕実に物..... [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 20時16分

» 「父親たちの星条旗」 [共通テーマ]
今なおアメリカ人の愛国心を鼓舞してやまない1枚の戦争写真。その被写体である6人の兵士たちを待っていたのは…。(「MARC」データベースより) 「英雄」という名に翻弄され、苛まれた若者たちの姿を描いたこの映画、あなた... [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 19時10分

« AXENSTAR/THE FINAL REQUIEM・・・84点 | トップページ | IRON MAIDEN/A MATTER OF LIFE AND DEATH・・・80点 »