« TM NETWORK/Self Control~Children of the New Century(ライブ) | トップページ | ANGRA/AURORA CONSURGENS・・・82点 »

2006年10月23日 (月)

映画『県庁の星』

格言★『目の前の問題から逃げ出す人は人生いかなる問題からも逃避する人だ』
Photo_29

劇場で観れなかった本作をDVDで観ました♪

人事交流研修の一環として三流スーパー満天堂で働くことになったエリート公務員 野村(織田裕二)と、彼の教育係のパート店員 二宮(柴咲コウ)が衝突しながらも店の改革に乗り出し成長していく姿を描いたハートフル・ドラマです。

10年以上前になりますが、高校を出たばかりの私はワケあって食料品売り場でアルバイトをしていたことがあります。デイリー部門で発注や在庫管理をしていました。

デイリーはグロサリーや惣菜部門などとは異なり、冷たく寒いお仕事。冷凍食品の在庫を整理中に冷凍庫に閉じ込められて気持ち死にそうになった経験をした事もあったり。なんとも冷ややかな思い出です(冷汗)
思い出せばいろんな人たちと出会い、衝突し、忙しい中で自分の居場所を探していたと思います。

この映画の二宮は高校を中退して働くワケあり25歳のパートですが、裏店長と呼ばれるくらいの店の流通者でお客様・現場第一主義だ。
店長含め、まわりの店員は事なかれ主義で食品・在庫管理もひどいありさまです。

今はどうか知りませんが、経験上いわせてもらえば地方のスーパーのバックなんぞホントにこんなものです。人間関係も妄想コメディじゃないんですよ。

書類が全ての自己中マニュアルバカの野村はコトあるごとに二宮と対立。
しかし、劇中後半では売上不振と衛生管理問題で休業の危機に瀕する満天堂を再建する為、Kennchilkyou_2慢な態度を改め店員たちと一丸となってスーパー改革に乗り出します。

その場しのぎの民間に計画を実現化する彼の活躍がポイントだ。 
そのきっかけが県の大プロジェクトから外された事、社長令嬢との婚約破棄とはいえ、二宮との交流によって生まれ変わる彼の姿はKee_1 唐突ではあるが、胸に迫るものがありました。

ちょっとした恋模様もうまく生かされ、ラストシーンもいい感じです。こんなことも・・・あったかな?

県庁の星 スタンダード・エディション DVD 県庁の星 スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2006/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« TM NETWORK/Self Control~Children of the New Century(ライブ) | トップページ | ANGRA/AURORA CONSURGENS・・・82点 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!TBありがとうございました!
スーパーの裏、今ではあんなところ、無いでしょ。
あんなだったら、とっくに潰れていそうです、、、
またよろしくお願いしますね。

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006年10月24日 (火) 11時22分

猫姫少佐殿、ごぶさたです。コメントありがとうございます♪

劇中のグロサリーの在庫や登場人物の人間関係を見るといろいろ思い出して笑っちゃうんですよ。
物語の設定上、あの店長キャラは必要だったのでしょうがちとひどい人物像でしたね。覇気も面白みもない。
ー売り場(表)とバックヤード(裏)の世界は表裏一体であり、最近ではお惣菜コーナーなどでも実演販売のようなセミオープン・スタイルが目に付きます。そこらへん、昔と変わったなぁと思いますね。

またそちらにもおじゃましますのでこちらこそよろしくお願い致します。

投稿: たまさん(主) | 2006年10月25日 (水) 02時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143088/3934190

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『県庁の星』:

» 県庁の星 [既卒、フリーター、ニート就職への道〜井の中の蛙ブログ!〜]
日本の映画で最近見たものはハズレが多かったのですが、今日見た「県庁の星」はおもしろかったです。(^_^) 県庁の星 スタンダード・エディションposted with amazlet on 06.10.24東宝 (2006/10/27)Amazon.co.jp で詳細を見る この映画は、いわゆるエリートがスーパーに出向する事になり、その中でひともんちゃくあるというもの。 映画の流れ的には、よくあるパターンなのですが、公務員と民間企業の仕事の違いを問う様な内容であり、仕事について考えさ... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 01時16分

» 県庁の星 06年204本目 [猫姫じゃ]
県庁の星 2006年   西谷弘 監督織田裕二 、柴咲コウ 、石坂浩二 、酒井和歌子 、佐々木蔵之介 、和田聰宏 この監督って、TVドラマ作ってきた人なのね。 で、映画デビュー作。 いぁ、面白かったです。 古典的ストーリーなんだケド、題材が今風。 警察を改革する...... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 11時21分

» DVDのBOX・シリーズ・セットが安い! [DVDのBOX・シリーズ・セットが安い!]
映画・ドラマ・アニメのDVD予約・新作・限定ボックス・全巻BOX・シリーズセット・激安中古・人気作品の購入・予約販売!激安・格安・一番安い! [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 13時22分

» 映画感想文 Vol.52 「県庁の星」 [噺のわかる人。]
人間一人で構造改革はできるか!? [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 19時52分

» 映画感想文 Vol.52 「県庁の星」 [噺のわかる人。]
人間一人で構造改革はできるか!? [続きを読む]

受信: 2006年11月 1日 (水) 15時37分

» 県庁の星−(映画:2006年142本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:西谷弘 出演:織田裕二、柴咲コウ、井川比佐志、益岡徹、酒井和歌子、石坂浩二 評価:70点 公式サイト (ネタバレあります) 県庁の職員にあれだけのエリート意識があるのかと疑問に思ったが、最近の不祥事をいろいろと見ていると、映画の...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 00時18分

» 県庁の星 [映画、言いたい放題!]
全くの余談ですが 私、福祉の大学行ってたんですよ。 予告とかで「民間、民間」というのが何だか耳に懐かしくて。(笑) DVDで鑑賞。 とある県庁のエリート公務員・野村は 200億円をかけたプロジェクトを踏み台にキャリアの躍進を狙っている。 「県と民間の交流」をプロジ... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 01時42分

« TM NETWORK/Self Control~Children of the New Century(ライブ) | トップページ | ANGRA/AURORA CONSURGENS・・・82点 »